(景品表示法に基づく表記) 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

サウナハック

【時短術】サウナ60分コースで3セットこなす方法【節約】

eyecatch-60minutes-3set

銭湯ならまだしもサウナ施設の入浴料は最近高すぎ。

サウナ入るだけで3,000円はいくらなんでも財布がもたない。

そこで今回は通常コースより安い60分コースでサウナ3セットをこなすために、俺が実践している時短サウナ入浴術を解説する。

短時間でお得にととのいたい人は参考にしてほしい。

チアキ
チアキです。X(Twitter)TikTokもやっています!【お問い合わせ】【プロフィール】

60分だと通常2セットが限界

peace-finger-man

60分の入浴プランは、サウナ施設によって「ショートコース」とか「サウナ1時間」とか名称が違う。

60分という短時間勝負に挑んだ経験のある人ならわかると思うけど、着替えやドライヤーなどの支度を含めると、サウナ・水風呂・休憩はどうしても2セットが限界なんだ。

2セットだと少し時間が余る

concerning-man

とはいえ、あくまで俺のケースではあるけど2セットで切り上げると、ほとんどの場合10分ほど時間を残して退店することになるのも事実

この10分がかなり絶妙で、変な冒険心から3セット目に突入すると、あっけなく60分をオーバーして追加料金を支払うハメになる。

受付で追加料金を告げられた時、どうせ延長になるならもっと長く入っていればよかった、と何度後悔したことか。

同じ過ちを何度も繰り返さないためにも俺は立ち上がった。

無趣味は毒になります
サウナを趣味にするメリット6つ【余暇の楽しみ】

続きを見る

サウナ60分コースで3セットこなすための時間配分

clock

60分でサウナ3セットをこなす具体的な時間配分が以下。

  • 着替え&軽い洗体【3分】
  • サウナ・水風呂・休憩【15分/1セット】×3回
  • 洗体、ドライヤー、スキンケア【10分】

上記を合計すると58分となり、だいたい2分残してフィニッシュするのが俺の時短サウナルーティン。

脱衣&軽い洗体【3分】

suits-man

受付を済ませたら服を脱ぐところから戦いは始まっている。

サウナに入るまでの時間は全部無駄だから、できるだけ削っておきたい。

着替えやすい服装で行く

room-wear-sweat-man

サウナへ行くためにわざわざスーツを着ていく人はいないだろうけど、できるだけ着脱しやすい服装で行くのがおすすめ。

俺の場合、上半身はユニクロのスウェットで、下はユニクロのジーンズもしくは下記のベルトが一体化したイージーパンツ。

warm-easy-pants

これらは脱いだらハンガーにかけたり、畳んだりせずに丸めてロッカーに突っ込む。もともとシワがつきにくい素材だし、シワがついたところで気になるような服でもない。

特に黒のスウェットはどんな服でも合わせやすいからおすすめ。

eyecatch-neclace-reason
サウナでいちいちネックレスを外さなくていい理由と火傷対策【やけど】

続きを見る

最初の洗体はシャンプー類を使わない

sento-amenity

浴場に入って最初に身体を洗うのは必要なマナーだけど、がっつり洗うのは最後だけでいい。

どうせ最後にもう1回洗うんだから、何日も風呂に入ってないとかじゃない限り最初はシャンプー類を使わず、シャワーで全身の汗を流す程度にとどめておけばOK。

人の身体はお湯だけでも十分キレイになる。

普段から湯シャンがおすすめ

shower-man2

過去の記事でも解説しているんだけど、俺は普段からシャンプーを使わない湯シャン生活を送っている。

おかげで夏でも髪が一切ベタつかないし、時短かつ節約にもなるからマジでおすすめ。今や俺はボディソープも使わず、お湯だけで身体を洗うようになっている。

湯シャンの体験談を解説した記事は以下。

eyecatch-water-showerのコピー
20代男性が湯シャンを1年間続けた結果【メリットとデメリット】

続きを見る

風呂は諦める

chick-bath

お湯につかって湯通ししてからサウナに入る人もいると思うけど、60分という制約がある中でその余裕はない。

どうせサウナで存分に身体を蒸すんだから、この際風呂は水風呂だけにしておくのがおすすめ。

都心部のサウナではお湯のお風呂がそもそも存在しない施設も最近は多い。お風呂はサウナ施設じゃなく家で楽しむのが1番。

eyecatch-yunomoto2
【湯の素レビュー】自宅で硫黄泉を完全再現できる入浴剤【まるで草津】

続きを見る

サウナ・水風呂・休憩【15分】

sauna-no-tv

3分でサウナに入るまでこぎつけたら、ここからは基本的に普段どおり過ごす。

ただ時間的制約をクリアするために注意したポイントがいくつかあるから、ここではそのポイントを解説する。

サウナは最上段で6〜8分

sauna-history

熱いは正義、ってことでサウナ内では常に最上段をキープしたい。

そのサウナ室で最も熱い最上段に座れば、早く身体が温まって時短になる。

もちろん十分に身体が温まっていない状態で水風呂に入る必要はないけど、1番熱い最上段でできるだけ早く身体が仕上がるように工夫する必要はある。

混雑しているサウナでは常にハイエナのごとく周りに目を光らせ、上の人が立ち上がったらすぐさま上段を取りに行かなければならない。サウナは時に椅子取りゲームと化す。

90度を超える比較的熱いサウナで、最上段なら8分ほどで仕上がるハズ。

eyecatch-sauna-bored
【サウナで暇をつぶす5つの方法】人生で最も暇な10分間【暇つぶし】

続きを見る

水風呂は1分

水風呂に何分も入る人は少ないだろうけど、1分入ればたいてい全身が冷えると思う。

バイブラ付きの水風呂なら早く冷えるから最高。

休憩は5分あれば十分ととのう

totonoi-chair

休憩5分は短いって思うかもしれないけど、ととのうなら最初の5分でととのうから個人的に5分以降は惰性だと思っている。

無駄に休憩を長引かせてもあまり意味はないから、さっさと次のセットに移動する。

足りない場合、続きはサウナの中で休憩すればいい。

eyecatch-chair3
【寝落ち注意】サウナにあったら嬉しいととのい椅子5選【自宅に置きたい】

続きを見る

休憩カットなら4セット目も見えてくる

come-up-man

1セット目と2セット目に関しては休憩を省いて、水風呂からサウナへ直行するのも1つの手。

俺もたまに休憩用の椅子が埋まっていると、途中の休憩をカットして最後のセットで長めに休憩を入れることがある。

これはこれで超ととのう。途中の休憩をカットすると夢の4セット目が見えてくるけど、4セット目に入るかは3セット終了時点の残り時間を見て適切な判断が必要。

洗体・ドライヤー・スキンケア・着替え【10分】

dryer-man

3セット目を終えて存分にととのった後は、そそくさと退店の準備に入る。

最後の洗体はシャンプーでがっつり泡立てて洗うけど、目安として3分以内に終わるよう意識する。

ドライヤー前にしっかりタオルドライする

towel-dog

髪を早く乾かすのにドライヤーの風速を気にする人が多いけど、タオルドライが実は超重要なんだ。

サウナ施設ではバスタオルを無料で貸し出してくれるケースが多いから、ドライヤー前に乾いたバスタオルでとにかく髪の水気を取り去る。

間違っても髪から水滴がしたたる状態でドライヤーに移行してはいけない。タオルドライが髪を早く乾かす1番の近道ということを覚えておいてほしい。

髪の長さにもよるけど、タオルドライをしっかりすれば男性なら2〜3分でドライヤーが完了すると思う。

スキンケアはホホバオイルで1本化

jojobaoil3

スキンケアをしないメンズは多いけど、サウナ後は必ず肌の保湿をするべき。

サウナ後の肌は砂漠なみに乾き切っていて、せっかくサウナに入ったのに保湿しないばかりに肌荒れが発生しかねない。

俺の場合、時間がない時はいつもホホバオイルを髪・顔・身体に塗布して一瞬でスキンケアを済ませている。スキンケアをホホバオイルに一本化すると、持ち物も減るからおすすめ。

俺は1リットルまとめ買いして小さいボトルに詰め替えている。

俺がサウナ後にしているスキンケアは以下の記事で解説している。

eyecatch-skincare-men
【肌乾燥対策】メンズがサウナ後にやるべきスキンケア【無印良品】

続きを見る

60分コースなら1,000円前後

poor-woman-yen-bill

以上の方法により、俺は60分以内でサウナ3セットをこなし、追加料金の支払いを免れている。

通常入浴料3,000円とかのサウナ施設でも、60分コースなら1,000円前後で済むからお財布に優しい。

しかも1時間でしっかり3セットこなせれば、その後ご飯を食べる時間や睡眠時間を確保できて生活改善につながる。

女性と髪の長い人は厳しいかも

long-hair-woman

ここまでいくつも時短術を解説してきたけど、女性や髪の長い人には使えないかもしれない。

というのも女性だと服の着脱に時間がかかることが多い上に、化粧を落としたりしているとあっという間に時間が過ぎてしまう。

あと髪の長い人は男女ともに、洗うのと乾かすのに時間がかかり過ぎてしまう。その場合は大人しく2セットで諦める他ない。

普通に3セットしたいなら90分コースがベスト

oriental1

とはいえ、時間に追われながらサウナに入るのもサウナ本来の目的から逸れている気がする。

忙しい日々で疲れた身体をリフレッシュするのが目的なら、せかせかとサウナに入るより、湯船にもつかりながらのんびりすべき。

90分あれば、たいていの人は時間を気にせずサウナ3セットをこなせるだろうから、時間とお金に欲張る気がないなら、90分コースのあるサウナへ行くのが賢い選択。

eyecatch-invite-sauna-tokyo
東京へ遊びに来た友達と一緒に行きたいサウナ【サウナ王国】

続きを見る

サウナに何を求めるかは人による

この記事読んだ人の中には、そこまでするなら普通に通常コースで入るわって人がいると思うけど、それもアリ。

サウナをどう使うかは結局その人次第。短い時間で安く済ませて、なおかつ3セットがっつりこなしたいって人はここで解説した方法をぜひ試してみてほしい。健闘を祈る。

eyecath-sauna-everyday
【ほどほどにしとけ】毎日サウナに入って感じた7つのデメリット【疲労感】

続きを見る

おすすめ記事

eyecatch-sauna_aufguss-hate

【内輪ノリ】サウナのアウフグースイベントが苦手な理由【熱波師】

俺はサウナのアウフグースイベントが苦手。 普段もできるだけイベントのないサウナを選んで通っている。 サウナ好きを公言する人にアウフグースイベントが苦手な人はあまり聞かないから、週2で通うほどサウナ好きな俺が、アウフグースイベントを敬遠する理由について今回解説する。 アウフグースは熱波師によるパフォーマンス サウナストーブの石に水をかけて蒸気を発生させるのがロウリュと呼ばれるのに対し、アウフグースはその蒸気をタオルや団扇で扇ぎ、撹拌する行為をいう。 発祥はドイツで、アウフグースもドイツ語。 日本ではアウフグ ...

続きを読む

【ホテル予約はヤフートラベルがおすすめな理由】常に10%オフ【即時割引】

ホテル予約サイトはいくらなんでも多すぎ。 サイトの数に加えて、クーポンとかポイントとか会員ランクとかも複雑すぎて、旅行時にどのサイトを使うべきかわからなくなる人は多い。 そんなホテル予約サイトが乱立する現代において、ヤフートラベルが多くの人にとって最適解になると思ったから解説する。 いいホテルを少しでもお得に予約したい人は参考にしてほしい。 ヤフートラベルのポイント即時割引がすごい ヤフートラベルがホテル予約において最適解となる理由は、ポイント即時割引という制度に尽きるといっても過言ではない。 通常はポイ ...

続きを読む

eyecatch-secret-sauna

【東京の穴場サウナ】空いてるサウナは無条件で良いサウナ

東京のサウナはどこも混みすぎ。 サウナへ入るのに待ちが発生するなんて地方じゃ考えられない所業だけど、都内のサウナでは今日も全裸の男たちが列をなしている。 そこで今回は都内のサウナに週2で通う俺が、比較的空いてて優良な東京の穴場サウナを解説する。俺が台東区に住んでいる都合上、東東京が多くなるのはご了承いただきたい。 東京の穴場サウナを探している人は参考にしてほしい。 白水湯 2024年3月にオープンしたばかりの、東京都台東区入谷にある銭湯サウナ。 厳密には1960年創業の老舗銭湯が2022年に休業し、白水湯 ...

続きを読む

eyecatch-travel-abroad-easily

【社会人が気軽に海外旅行に行くコツ】行けない理由はすべて言い訳【往復3万円】

1人海外旅行に初めて挑戦してから、去年は約半年で4回海外に行ったんだけど、海外旅行って実は気軽に行けるんだと気付いた。 それまでの俺は「忙しい社会人に海外旅行は無理」みたいなイメージを勝手に持っていたから、この気付きはかなり大きかった。 そこで今回は俺の実体験から、社会人が気軽に海外旅行に行くコツを、忙しい社会人に向けて解説していきたい。 社会人でも海外旅行に行ってみたいと思っている人は参考にしてほしい。 社会人は海外旅行ができないというイメージ この記事を読んでいる多くの社会人が、海外旅行なんて金のある ...

続きを読む

eyecatch-body-hot-water

全身お湯だけで洗うようになって感じたメリットとデメリット【洗顔と洗体】

湯シャンについてはいろんな所で語られまくっているけど、顔含め全身をお湯だけで洗うことに関してはなぜか情報が少ない。 そこで今回は全身をお湯だけで3ヶ月間洗い続けた俺が、それによって感じたメリットとデメリットを解説する。 顔と体の「お湯だけ洗い」に興味がある人はぜひ参考にしてほしい。 湯シャンの効果が絶大だった そもそも俺が全身のお湯洗いに目覚めたきっかけは、まごうことなく湯シャンにある。 過去の記事でも解説している通り、俺はもう1年半以上湯シャンを続けているベテラン湯シャニストで、その効果を文字通り肌で実 ...

続きを読む

eyecatch-bed-expansion

【シングルベッドをダブルに拡張する方法】フレーム交換の必要なし【DIY】

たまに行く旅行先でホテルの広いベッドに寝ると、翌朝の目覚めが明らかに違うと感じる。 これまで何度もホテル泊を重ねたあげく、30歳にしてやっと睡眠の質はベッドの大きさに直結すると気付くことができた。 そこで今回、自宅のシングルベッドを自作でダブルベッドに拡張したから、その方法を解説する。 広いベッドが欲しいと思っている人は参考にしてほしい。 今のベッド環境 今の俺は東京上野で1K5.5畳という激狭物件に暮らしている。 住めば都とはよく言ったもので、2年も住んでいるともはやこの狭さが心地良いとすら感じる。 と ...

続きを読む

eyecatch-60minutes-3set

【時短術】サウナ60分コースで3セットこなす方法【節約】

銭湯ならまだしもサウナ施設の入浴料は最近高すぎ。 サウナ入るだけで3,000円はいくらなんでも財布がもたない。 そこで今回は通常コースより安い60分コースでサウナ3セットをこなすために、俺が実践している時短サウナ入浴術を解説する。 短時間でお得にととのいたい人は参考にしてほしい。 60分だと通常2セットが限界 60分の入浴プランは、サウナ施設によって「ショートコース」とか「サウナ1時間」とか名称が違う。 60分という短時間勝負に挑んだ経験のある人ならわかると思うけど、着替えやドライヤーなどの支度を含めると ...

続きを読む

eyecatch-invite-sauna-tokyo

東京へ遊びに来た友達と一緒に行きたいサウナ【サウナ王国】

東京に住んでいると地元の友達が遊びに来たり、地方で働く友達の東京出張があったりと、誰かに東京を案内する機会が何気に多い。 中でも俺のことをサウナ好きだと知っている友人は、「お前のイチ推しサウナに連れてけ。」とハードル高めな要求をしてくるんだけど、こういう時に備えて俺にはいつも用意しているサウナがある。 そこで今回は、東京へ遊びに来た友達と一緒に行くべきおすすめサウナを、俺の独断と偏見で解説する。 遠くからはるばる東京へ来る友達に、なるべく良いサウナでおもてなししたい人は参考にしてほしい。 東京はサウナが多 ...

続きを読む

-サウナハック