(景品表示法に基づく表記) 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

バイク

【GB350にデイトナのUSB電源を取り付ける方法】モバイルバッテリーは使うな

2024年1月21日

ツーリング中のナビは完全にグーグルマップに依存しているから、長期ツーリングではスマホの充電が死活問題。

今までは上着のポケットに忍ばせたモバイルバッテリーから、充電ケーブルを伸ばしていたんだけど、モバイルバッテリーをいちいち携帯するのがめんどくさい。

そこで今回はツーリング時の充電事情を改善すべく、俺の愛車GB350にUSB電源を取り付けたから、その方法を解説する。

USB電源取付に用意する物

gb350-usb01

GB350へのUSB電源取付に今回用意した物が以下。

  • デイトナ バイク用USB電源USB Type-A 2ポート
  • 電工ペンチ 端子セット
  • 結束バンド(黒)
  • ビニールテープ(黒)
  • ドライバー
  • 六角レンチ

ビニールテープ・ドライバー・六角レンチは百均でOK。

デイトナ バイク用USB電源 Type-A 2ポート

gb350-usb02

有名メーカーから聞いたことのない中華メーカーまで、いろんな商品が出回っているんだけど、今回俺はデイトナのメジャーな商品を選んだ。

デイトナ社が販売しているこのUSB電源は、本体の幅が約1cmと他の商品と比較してかなりスリムだから、ハンドルに取り付けてもバイクの外観をほぼ損なわない。

オーナーの満足度を満たすのに、バイクの見た目は超重要。

それでいて値段も安く、ホンダ純正品の半額以下。防滴仕様だから雨でも壊れることはないはず。

電工ペンチ 端子セット

gb350-usb03

GB350とデイトナのUSB電源を接続するには、USB電源側の配線を加工する必要がある。

ラジオペンチでもやろうと思えばできるんだけど、端子はどっちみち必要。エーモンの電工ペンチと端子のセットが安かったからアマゾンで購入した。

ペンチを持っている人は、ギボシ端子のメスとスリーブを買えばOK。

以前リトルカブのヘッドライトを交換した時はラジオペンチで対応した。その時の記事は以下。

head-light-eyecatch
【明るすぎ】リトルカブのヘッドライトをLED化する方法【DIY】

続きを見る

結束バンド(黒)

cable-tie

配線をキレイに束ねるのに使う。バイク本体の配線が黒だから目立たないように色は黒がおすすめ。

結束バンドはバイクカスタムに限らずいろんなDIYで使えるから、まとめて買っておくと便利。

USB Type-Aを選んだ理由

usb-A

最近はポートがUSB Type-CになっているUSB電源も広く出回っているんだけど、今回俺はあえて従来通りのType-Aを選択した。

Type-Cは高速充電対応

usb-c-lightning

Type-Cで1番のメリットは高速充電に対応していること。

自宅では俺もType-Cの充電機器でiPhoneを高速充電している。その速さはすさまじく、充電切れのiphone13をものの30分で50%まで回復させるほどの威力。

Type-CのUSB電源にすれば、バイクでも同様の高速充電ができる。

Type-Cはまだ汎用性が低い

usb-c-lightning2

だったらType-Cでいいやんってなるところだけど、Type-CのUSBポートって意外とまだまだ普及していない。

カフェやホテルでも充電スポットはほとんどType-Aになっているし、ガジェットを購入した時に付属してくるのはType-Aの充電ケーブルばかり。

そうなるとツーリング時は、もしもの事態に備えて2種類のケーブルを持ち歩かなきゃいけなくて荷物が増える。

それにType‐Aであれば、もしケーブルが故障しても道中でダイソーに寄れば100円で調達できてリスクが小さい。

高速充電対応ケーブルは盗難が怖い

thief

高速充電するには電源側だけでなく、充電ケーブルもそれに対応した物を用意しなければならない。

だけど高速充電対応のType-C充電ケーブルはType-Aに比べて高価になりがち。

俺は面倒だから、いつもツーリング先でバイクを離れる時、短時間であればケーブルを挿しっぱなしにするんだけど、そんな時高価な充電ケーブルが盗まれたらショックがでかい。

だから俺はツーリング中いつも100円の充電ケーブルを使っている。これなら盗まれても大して気にならない。

ツーリングに高速充電は不要

そもそもツーリングってバイクに乗ってる時間が大半を占めるから、短時間の高速充電が求められるケースがほとんどないんだ。

つまりバイクの高速充電は無用の長物でしかない。

以上の理由から俺はバイクのUSB電源にType-Aを選んだ。

GB350にUSB電源を取り付ける方法

GB350_1

ここからはUSB電源を取り付ける際の具体的な作業内容を解説していく。

難しいことはなくて、バイクに関してほぼ素人の俺でも失敗せず出来たから、バイク知識がない人も安心して読み進めてほしい。

配線の端子を加工する

まず、バイクの元へ行く前に自宅でUSB電源の配線を加工する。

届いたUSB電源を見ると2本の配線の先端が

gb350-usb04

こんな感じになっているんだけど、黒い配線がこのままだとGB350側の配線と接続できないから、この黒い配線のみ端子を変更する。

最初、黒の配線は赤の配線より無駄に長いんだけど、ここまでの長さはいらない。電工ペンチの中間部分にあるハサミを使って赤の配線より10cmほど長い部分でカットする。

 

gb350-usb05

gb350-usb06

10cm長くしたのは端子の取付で失敗してもやり直せるようにしたいから。こういう作業に慣れている人は、初めから赤の配線と同じ長さにカットしてもいい。

次に電工ペンチ根元にある1.25と書かれた溝(ワイヤーストリッパー)を使って、黒い配線の先端から0.5cmぐらいの被覆をはぎ取る。

gb350-usb07

gb350-usb08

 

この時、被覆を剥いだ部分のワイヤーをねじっておくと端子が取り付けやすくなる。

gb350-usb09

そしたらギボシ端子メス用のスリーブを通しておく。

gb350-usb10

スリーブは端子を取り付けた後だと通せないから、必ず端子を取り付ける前に通しておくように注意が必要。

次に配線を端子に通して、

gb350-usb11

小さい方のツメを電工ペンチ先端、1.75-2.0の溝(ダイス)→0.5-0.75の溝の順でかしめる。

gb350-usb12

続いて端子の大きい方のツメを3.0-5.0の溝→1.75-2.0の溝の順でかしめる。

gb350-usb13

これにて配線の加工が完了。

gb350-usb14

若干失敗している気もするけど、引っ張っても取れないから問題ない。

室内でやる作業はこれで終わり。今度はバイクへ向かう。

配線の加工は以下の動画がわかりやすい。

ヘッドライトを外して通電を確認する

今回はヘッドライトの裏側にあるオプション端子から電源を取るから、まずヘッドライトを取り外す。

このオプション端子はUSB電源なんかを取り付けるために元から用意された配線。ありがたく使わせていただく。

ヘッドライトは正面から見て斜め右下と左下の六角ネジを外せば取り外せる。

gb350-usb15

gb350-usb16

ヘッドライトの太い端子は下側のツメを押さえながら引き抜く。

gb350-usb17

配線だらけでキモい感じになっている中からどこにも繋がっていないオプション端子を見つけ出す。

gb350-usb18

これに、さっき加工したUSB電源の端子を差し込む。

gb350-usb19

赤(USB配線)‐赤黒(バイク配線)、黒(USB配線)ー緑(バイク配線)だから間違えないように。

一度キーをONにしてスマホが充電できるか確認。

gb350-usb20

ちゃんと通電しているのが確認できた。一安心。

USB電源の取付位置を決める

通電を確認したら一度引っこ抜いて、USB電源の取付位置を決める。

ハンドルにマウントするんだけど、スマホホルダーをシート側から見て左に設置したいから、USB電源もハンドル左側にマウントした。

gb350-usb21

マウントする時、GB350のハンドルだと細くて締め付けられないから、付属のゴムスペーサーをハンドルとの間に1枚かませる必要がある。

gb350-usb22

USB電源の位置は後から変えられるから、今はそこまで重く考えなくて大丈夫。

配線をヘッドライトに通す

USB電源の位置が決まったら、先ほどのオプション端子があるヘッドライト裏側へ配線を通す。

純正のゴムバンドや結束バンドを使って、クラッチレバーから伸びるワイヤーなんかと一緒に束ねていく。

gb350-usb23

gb350-usb24

USB電源に繋がっているゴツい変圧器はヘッドライトケースに入らなかったから、垂れ下がらないように、仕方なくヘッドライト裏で他の配線と一緒に結束バンドで縛ってみた。

多分落ちないハズ。

配線をつないで固定する

配線をヘッドライト裏から通してきたら、もう一度端子同士を接続して、今度は外れないようにビニールテープでぐるぐる巻きにする。

gb350-usb25

軽く引っ張ってみて外れなければ、ヘッドライトを元に戻して作業は完了。

お疲れ様。

本体の配線は無加工を維持

gb350-usb27

GB350にUSB電源を取り付ける方法を検索すると、いろんな動画やネット記事がヒットする。

その中にはバイク本体側の配線を加工する方法が紹介されていたりするんだけど、できればバイク側の配線は無加工を維持したい。

原状回復のリスクが跳ね上がる

バイク本体の配線を切ったりすると、失敗した時のリスクが大きくなるんだ。

最悪、純正の電飾に支障をきたすかもしれないから元に戻すまで走れなくなる可能性もある。

バイクカスタムに自信のない人は、取り返しがつかなくなる前に今回解説したような、パーツのみ加工する方法を採用してほしい。

バッ直は危ないかも

gb350-usb28

バイクから電源を取り出す方法として、超定番なのがバッ直(バッテリーから直接)という手法。

名前の通りバッテリーから配線を分岐させて直接電源を取ってくる方法なんだけど、バッ直はキーのONOFFと無関係に常に電源が流れ続けるから、バッテリー上がりや火災の原因になって非常に危険。

作業自体は楽で簡単だけど、夜中に電気泥棒されたらバッテリーが上がって走り出せなくなる。

USB電源はキーONで連動するように取り付けるのが基本。

スマホナビには電源が必須

googlemap-navi-smartphone

今やツーリングでスマホのグーグルマップを使わない人はいないぐらいだけど、スマホナビは電源の消耗がとにかく激しい。

だからこそ、中型バイクに限らず原付ですらUSB電源の取付は基本カスタム。

電熱パーツの充電も可能

gb350-usb29

今回取り付けたデイトナのUSB電源は2ポートあるから、1つはスマホの充電に使うとしてもう1つの使い道は検討中。

この記事を書いているのが1月の冬真っ只中だから、電熱のグリップヒーターやグローブの充電に使おうかと考えている。

とりあえず、記事執筆時点では以下の、グリップに巻きつけるだけで取付可能なグリップヒーターを使っているけど、指先は寒いままだからメルカリで売却を検討中。

今後、余ったUSBポートの有意義な使い道が見つかったらシェアする。

おすすめ記事

eyecatch-60minutes-3set

【時短術】サウナ60分コースで3セットこなす方法【節約】

銭湯ならまだしもサウナ施設の入浴料は最近高すぎ。 サウナ入るだけで3,000円はいくらなんでも財布がもたない。 そこで今回は通常コースより安い60分コースでサウナ3セットをこなすために、俺が実践している時短サウナ入浴術を解説する。 短時間でお得にととのいたい人は参考にしてほしい。 60分だと通常2セットが限界 60分の入浴プランは、サウナ施設によって「ショートコース」とか「サウナ1時間」とか名称が違う。 60分という短時間勝負に挑んだ経験のある人ならわかると思うけど、着替えやドライヤーなどの支度を含めると ...

続きを読む

eyecatch-invite-sauna-tokyo

東京へ遊びに来た友達と一緒に行きたいサウナ【サウナ王国】

東京に住んでいると地元の友達が遊びに来たり、地方で働く友達の東京出張があったりと、誰かに東京を案内する機会が何気に多い。 中でも俺のことをサウナ好きだと知っている友人は、「お前のイチ推しサウナに連れてけ。」とハードル高めな要求をしてくるんだけど、こういう時に備えて俺にはいつも用意しているサウナがある。 そこで今回は、東京へ遊びに来た友達と一緒に行くべきおすすめサウナを、俺の独断と偏見で解説する。 遠くからはるばる東京へ来る友達に、なるべく良いサウナでおもてなししたい人は参考にしてほしい。 東京はサウナが多 ...

続きを読む

eyecatch-yarigatake-belongings2

【2泊3日テント泊】槍ヶ岳・大キレット縦走登山に持って行った物【装備】

8月のお盆休み真っ只中に大キレット経由で槍ヶ岳に登ってきた。 2泊3日にも及ぶ大掛かりな山行だったから、装備の選択にはそれなりに苦労したんだけど、ただ記憶にとどめておくのももったいないということで、記事として形に残しておきたい。 今後同じルートで登山する人の参考になればうれしい。 槍ヶ岳・大キレットのコースと行程 まずは今回の登山で実際に俺が辿ったコースを解説する。 上高地発着の周回ルート【総距離42.6km】 自然をありがたがる人達の観光地として有名な、長野県松本市の上高地を起点として反時計回りに槍ヶ岳 ...

続きを読む

eyecatch-rakuten-mobile2

【楽天モバイルを海外で使ってみた感想】遅いけど普通に使える【海外ローミング】

楽天モバイルを使い始めて早3年が経過した。 今年になって海外旅行に行く機会が急に増えたんだけど、俺の通信手段は日本でも海外でも楽天モバイルのみ。 そこで今回は俺が実際に韓国・タイ・フィリピンで楽天モバイルを使ってみた感想について解説する。 【結論】海外でも普通に使える 最初に書いてしまうけど、これが結論。 そりゃ楽天公式が使えるって言ってるんだから当然って話なんだけど、実際に使ってみて感じる問題点なんかもあったから、この記事ではその辺を詳しくまとめる 今の主流は海外ローミング まず海外旅行にこれから行こう ...

続きを読む

eyecatch-hotwatrer

湯シャンのやり方と初期のベタつきを乗り越える方法【最初が肝心】

29歳の夏から湯シャンを開始して1年がたった。 今や完全にお湯だけで頭を洗う湯シャニスト完成体と化した俺だけど、ここまで来るのにそれなりの苦労と挫折を経験してきている。 そこで今回は俺が実践している湯シャンのやり方と継続のコツを解説する。 湯シャンを始めたいと思っている人はぜひ参考にしてほしい。 湯シャンを1年間続けて感じたメリットとデメリットは以下の記事でまとめている。 湯シャンに必要なアイテム まずは湯シャンを始めるにあたって俺が用意した物を解説する。それが以下。 この2つだけ。 湯シャンでせっかくシ ...

続きを読む

eyecatch-water-showerのコピー

20代男性が湯シャンを1年間続けた結果【メリットとデメリット】

ちょうど去年の夏から完全に湯シャンへ移行し丸1年が経過した。当時の年齢が29歳だったからおそらくタイトルに嘘偽りはない。 今回は去年から現在にかけて、お湯だけで頭を洗ってきた俺が、この1年の結果を振り返り湯シャンのメリットとデメリットについて解説しようと思う。 湯シャンに挑戦しようと考えている人や湯シャン自体に興味がある人は参考にしてほしい。 湯シャンを1年間続けて感じたメリットは5つ 俺が湯シャンを継続して感じたメリットは以下の通り。 それぞれ解説していく。 夏でも髪がベタつかなくなった これはここ最近 ...

続きを読む

eyecatch-carnaitionsauna

【カーネーションサウナの感想】価値観が崩壊するサウナ【タイ・バンコク】

先日始めてバンコク旅行に行ってきて、時間が余ったから現地のサウナに入ってみたんだけど、そこには日本では見られない面白い光景が広がっていたから感想をまとめたい。 バンコクに旅行する予定がある人やタイに住んでいる人はぜひ参考にしていほしい。 南国はサウナが少ない サウナがよっぽど好きでもなければ、わざわざ海外旅行で現地のサウナに入ろうとする人はいないと思う。 とはいえ俺みたいに1人で海外に行って時間を持て余すサウナ好きだっていてもいい。 そんなサウナジャンキーにとって海外のサウナ事情はけっこう深刻。フィンラン ...

続きを読む

eyecatch-bomata

【BOMATA 温度計レビュー】地味に役立つテントサウナのお供【川の水風呂】

水風呂の温度はサウナの良さを判断する上で重要な指標。 信じられないほど冷たい水風呂に入って、その水温を確かめるために温度計を覗き込んだ経験は誰しもあると思うんだけど、当然ながら川や湖に水温計は設置されていない。 ということで、今回は俺がテントサウナで川の水温を測るのに使っているBOMATAの温度計をレビューする。 テントサウナでは川の水温が気になる サウナ施設にある水風呂ならいざ知らず、自然が形成する川や湖の水温は季節や天候によって大きく変化する。夏は20度を超えるのに、冬は5度を下回ったりもする。 特に ...

続きを読む

-バイク