(景品表示法に基づく表記) 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

サウナハック

【超簡単】ペットボトルだけでできるオロポの作り方【サウナドリンク】

2022年7月18日

eyecatch-oropo-petbottle

サウナ好きがサウナから出た後、こぞって飲む定番のドリンク「オロポ」。

名前の通り、オロナミンCとポカリスエットの混合ドリンクなんだけど、まだまだ提供していない施設の方が多いのが現状。

お店に置いてないなら、自分で作るしかないわけなんだけど、「家に着いてからグラスに注いで飲む」ではあまりにも時間と手間がかかる。

そこで今回は、コンビニで買ったその場でオロポを作る方法について解説する。

チアキ
チアキです。X(Twitter)TikTokもやっています!【お問い合わせ】【プロフィール】

ペットボトルを使ったオロポの作り方

oropo2

早速だけど、ペットボトルのみでオロポを作る方法について解説していく。

まず用意するものが以下。

  • オロナミンC
  • ポカリスエット500ml

これだけ。超高級小売店のコンビニで買っても300円ぐらい。

店で飲むと500円以上するんだから、自分で作るセルフオロポがどれだけお得かよくわかる。

しかもジョッキやグラスに氷をパンパンに詰め込んだ状態で提供される店のオロポより、セルフオロポの方が内容量は多いんだ。

家計を少しでも楽にしたいなら、500円のサウナ付き銭湯へ行って帰りにセルフオロポを作ればいい。

eyecatch-belongings
【男性・メンズ向け】サウナへ行く時におすすめの持ち物【ミニマリスト】

続きを見る

先にポカリスエットをここまで飲む

次に購入した500mlのポカリスエットを少し飲むことで、オロナミンCの入る空間を作り出さないといけない。

オロナミンCの内容量は120ml。ということはポカリスエットを120ml飲めばいいんだけど、感覚で120mlを正確に測れるびっくり人間は少ない。

そこで、わかりやすい目印がある。ポカリスエットのペットボトルについているよくわからない波線とラベル。

oropo10

この上から2本目の波線とラベルの間までポカリスエットを飲めば、オロナミンC120mlすべてを余すことなく混ぜることができるんだ。

oropo1

波線に近いところまでポカリを残せばオロナミンCの味が薄くなるし、逆にラベルの方までポカリを減らせば濃くなる。その辺は好みに合わせてほしい。

oropo4

ポカリスエット単体では飲みたくねーんだよって人は、友達にあげるか、こっそり排水口に流そう。俺は友達が少ないから自分で飲んでいる。

オロナミンCをすべて注ぐ

ポカリスエットを飲むか捨てるかして、波線とラベルの間まで減らしたら、オロナミンCを注いでいく。

ただ注ぐだけなんだけど、その前に水平の状態の保って2本同時に開封するのが意外と難しくて、路上で一人でやってると、「腕が2本じゃ足りねー」状態になる。

どこかにペットボトルを置ければいいんだけど、そういう時に限っていい場所が見つからない。

ペットボトルを一旦預けられる気の知れた友達もいない、そんな時は親指と人差指の間にポカリスエット、人差し指と中指の間にオロナミンCを挟んで持てばいい。

oropo5

先にオロナミンCのキャップを外してからポカリスエットを開ければうまくいく。

間違っても先にポカリスエットを開けないように。

ポカリスエットが開いた状態でオロナミンCのキャップを開けたら、反動でポカリスエットの中身を路上にぶちまけてしまう。

2本とも開封できたら、オロナミンCをまるまる1本注ぎ込もう。

oropo6

やさしく振る

オロナミンCを無事に注ぎ終えたら、一度ペットボトルのキャップを閉めて、ゆっくり縦に2〜3回転させよう。

oropo7

激しく回転させると炭酸がとんでしまうから、ゆっくりだ。

すると、鮮やかな蛍光色をしたセルフオロポのできあがり。

oropo11

味はすっきり甘くて普通にうまい。

体型が気になるなら水を飲むべき

water-man

ここまでオロポのこと語っておいて何だよって思うかもしれないけど、俺はサウナドリンクとしてオロポを飲むことに対し、かなり否定的なスタンスをとっている。

理由は主にオロポを飲むと太るからだ。

というのも、オロポって要は炭酸ジュースの一種だから、大量の糖分が含まれている。

俺みたいなアラサーのおっさんは糖質を過剰摂取するとすぐに肥満体型になってしまう。

それにサウナへ入った後ってどうせご飯食べるから、ビタミンなんかの栄養素をオロポで摂取する必要はない。

だから体型維持と健康のためにも、俺は基本的にオロポもマッチも飲まない。

じゃあ水分不足にはどう対応するんだってことになるけど、水飲めと俺は言いたい。

甘いジュースはおいしいから飲みたい気持ちはわかるけど、頻繁にサウナへ通うような人が毎回オロポを飲んでいると、太って仕方ない。

サウナドリンクとしてオロポをおすすめしない理由については、以下の記事で詳しく解説しているので、よかったら参考にしてほしい。

「いろはす」がおすすめ

irohasu2

俺が思う最強のサウナドリンクは「いろはす」だ。

俺はもう2年以上、いろはすの500ml×24本をアマゾンの定期便で毎月購入している。

500mlの水を買っておいて外出時に持ち運べば経済的だし、いろはすならペットボトルを小さく潰せるから、飲み干しても邪魔にならない。その上、味もおいしい。

男女問わず、オロポ大好きって人には、自身の健康とお財布のためにも、これを機に水の箱買いをおすすめする。


eyecath-sauna-everyday
【ほどほどにしとけ】毎日サウナに入って感じた7つのデメリット【疲労感】

続きを見る

おすすめ記事

eyecatch-sauna_aufguss-hate

【内輪ノリ】サウナのアウフグースイベントが苦手な理由【熱波師】

俺はサウナのアウフグースイベントが苦手。 普段もできるだけイベントのないサウナを選んで通っている。 サウナ好きを公言する人にアウフグースイベントが苦手な人はあまり聞かないから、週2で通うほどサウナ好きな俺が、アウフグースイベントを敬遠する理由について今回解説する。 アウフグースは熱波師によるパフォーマンス サウナストーブの石に水をかけて蒸気を発生させるのがロウリュと呼ばれるのに対し、アウフグースはその蒸気をタオルや団扇で扇ぎ、撹拌する行為をいう。 発祥はドイツで、アウフグースもドイツ語。 日本ではアウフグ ...

続きを読む

【ホテル予約はヤフートラベルがおすすめな理由】常に10%オフ【即時割引】

ホテル予約サイトはいくらなんでも多すぎ。 サイトの数に加えて、クーポンとかポイントとか会員ランクとかも複雑すぎて、旅行時にどのサイトを使うべきかわからなくなる人は多い。 そんなホテル予約サイトが乱立する現代において、ヤフートラベルが多くの人にとって最適解になると思ったから解説する。 いいホテルを少しでもお得に予約したい人は参考にしてほしい。 ヤフートラベルのポイント即時割引がすごい ヤフートラベルがホテル予約において最適解となる理由は、ポイント即時割引という制度に尽きるといっても過言ではない。 通常はポイ ...

続きを読む

eyecatch-secret-sauna

【東京の穴場サウナ】空いてるサウナは無条件で良いサウナ

東京のサウナはどこも混みすぎ。 サウナへ入るのに待ちが発生するなんて地方じゃ考えられない所業だけど、都内のサウナでは今日も全裸の男たちが列をなしている。 そこで今回は都内のサウナに週2で通う俺が、比較的空いてて優良な東京の穴場サウナを解説する。俺が台東区に住んでいる都合上、東東京が多くなるのはご了承いただきたい。 東京の穴場サウナを探している人は参考にしてほしい。 白水湯 2024年3月にオープンしたばかりの、東京都台東区入谷にある銭湯サウナ。 厳密には1960年創業の老舗銭湯が2022年に休業し、白水湯 ...

続きを読む

eyecatch-travel-abroad-easily

【社会人が気軽に海外旅行に行くコツ】行けない理由はすべて言い訳【往復3万円】

1人海外旅行に初めて挑戦してから、去年は約半年で4回海外に行ったんだけど、海外旅行って実は気軽に行けるんだと気付いた。 それまでの俺は「忙しい社会人に海外旅行は無理」みたいなイメージを勝手に持っていたから、この気付きはかなり大きかった。 そこで今回は俺の実体験から、社会人が気軽に海外旅行に行くコツを、忙しい社会人に向けて解説していきたい。 社会人でも海外旅行に行ってみたいと思っている人は参考にしてほしい。 社会人は海外旅行ができないというイメージ この記事を読んでいる多くの社会人が、海外旅行なんて金のある ...

続きを読む

eyecatch-body-hot-water

全身お湯だけで洗うようになって感じたメリットとデメリット【洗顔と洗体】

湯シャンについてはいろんな所で語られまくっているけど、顔含め全身をお湯だけで洗うことに関してはなぜか情報が少ない。 そこで今回は全身をお湯だけで3ヶ月間洗い続けた俺が、それによって感じたメリットとデメリットを解説する。 顔と体の「お湯だけ洗い」に興味がある人はぜひ参考にしてほしい。 湯シャンの効果が絶大だった そもそも俺が全身のお湯洗いに目覚めたきっかけは、まごうことなく湯シャンにある。 過去の記事でも解説している通り、俺はもう1年半以上湯シャンを続けているベテラン湯シャニストで、その効果を文字通り肌で実 ...

続きを読む

eyecatch-bed-expansion

【シングルベッドをダブルに拡張する方法】フレーム交換の必要なし【DIY】

たまに行く旅行先でホテルの広いベッドに寝ると、翌朝の目覚めが明らかに違うと感じる。 これまで何度もホテル泊を重ねたあげく、30歳にしてやっと睡眠の質はベッドの大きさに直結すると気付くことができた。 そこで今回、自宅のシングルベッドを自作でダブルベッドに拡張したから、その方法を解説する。 広いベッドが欲しいと思っている人は参考にしてほしい。 今のベッド環境 今の俺は東京上野で1K5.5畳という激狭物件に暮らしている。 住めば都とはよく言ったもので、2年も住んでいるともはやこの狭さが心地良いとすら感じる。 と ...

続きを読む

eyecatch-60minutes-3set

【時短術】サウナ60分コースで3セットこなす方法【節約】

銭湯ならまだしもサウナ施設の入浴料は最近高すぎ。 サウナ入るだけで3,000円はいくらなんでも財布がもたない。 そこで今回は通常コースより安い60分コースでサウナ3セットをこなすために、俺が実践している時短サウナ入浴術を解説する。 短時間でお得にととのいたい人は参考にしてほしい。 60分だと通常2セットが限界 60分の入浴プランは、サウナ施設によって「ショートコース」とか「サウナ1時間」とか名称が違う。 60分という短時間勝負に挑んだ経験のある人ならわかると思うけど、着替えやドライヤーなどの支度を含めると ...

続きを読む

eyecatch-invite-sauna-tokyo

東京へ遊びに来た友達と一緒に行きたいサウナ【サウナ王国】

東京に住んでいると地元の友達が遊びに来たり、地方で働く友達の東京出張があったりと、誰かに東京を案内する機会が何気に多い。 中でも俺のことをサウナ好きだと知っている友人は、「お前のイチ推しサウナに連れてけ。」とハードル高めな要求をしてくるんだけど、こういう時に備えて俺にはいつも用意しているサウナがある。 そこで今回は、東京へ遊びに来た友達と一緒に行くべきおすすめサウナを、俺の独断と偏見で解説する。 遠くからはるばる東京へ来る友達に、なるべく良いサウナでおもてなししたい人は参考にしてほしい。 東京はサウナが多 ...

続きを読む

-サウナハック