(景品表示法に基づく表記) 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

サウナハック

【超簡単】ペットボトルだけでできるオロポの作り方【サウナドリンク】

2022年7月18日

eyecatch-oropo-petbottle

サウナ好きがサウナから出た後、こぞって飲む定番のドリンク「オロポ」。

名前の通り、オロナミンCとポカリスエットの混合ドリンクなんだけど、まだまだ提供していない施設の方が多いのが現状。

お店に置いてないなら、自分で作るしかないわけなんだけど、「家に着いてからグラスに注いで飲む」ではあまりにも時間と手間がかかる。

そこで今回は、コンビニで買ったその場でオロポを作る方法について解説する。

チアキ
チアキです。X(Twitter)TikTokもやっています!【お問い合わせ】【プロフィール】

ペットボトルを使ったオロポの作り方

oropo2

早速だけど、ペットボトルのみでオロポを作る方法について解説していく。

まず用意するものが以下。

  • オロナミンC
  • ポカリスエット500ml

これだけ。超高級小売店のコンビニで買っても300円ぐらい。

店で飲むと500円以上するんだから、自分で作るセルフオロポがどれだけお得かよくわかる。

しかもジョッキやグラスに氷をパンパンに詰め込んだ状態で提供される店のオロポより、セルフオロポの方が内容量は多いんだ。

家計を少しでも楽にしたいなら、500円のサウナ付き銭湯へ行って帰りにセルフオロポを作ればいい。

eyecatch-belongings
【男性・メンズ向け】サウナへ行く時におすすめの持ち物【ミニマリスト】

続きを見る

先にポカリスエットをここまで飲む

次に購入した500mlのポカリスエットを少し飲むことで、オロナミンCの入る空間を作り出さないといけない。

オロナミンCの内容量は120ml。ということはポカリスエットを120ml飲めばいいんだけど、感覚で120mlを正確に測れるびっくり人間は少ない。

そこで、わかりやすい目印がある。ポカリスエットのペットボトルについているよくわからない波線とラベル。

oropo10

この上から2本目の波線とラベルの間までポカリスエットを飲めば、オロナミンC120mlすべてを余すことなく混ぜることができるんだ。

oropo1

波線に近いところまでポカリを残せばオロナミンCの味が薄くなるし、逆にラベルの方までポカリを減らせば濃くなる。その辺は好みに合わせてほしい。

oropo4

ポカリスエット単体では飲みたくねーんだよって人は、友達にあげるか、こっそり排水口に流そう。俺は友達が少ないから自分で飲んでいる。

オロナミンCをすべて注ぐ

ポカリスエットを飲むか捨てるかして、波線とラベルの間まで減らしたら、オロナミンCを注いでいく。

ただ注ぐだけなんだけど、その前に水平の状態の保って2本同時に開封するのが意外と難しくて、路上で一人でやってると、「腕が2本じゃ足りねー」状態になる。

どこかにペットボトルを置ければいいんだけど、そういう時に限っていい場所が見つからない。

ペットボトルを一旦預けられる気の知れた友達もいない、そんな時は親指と人差指の間にポカリスエット、人差し指と中指の間にオロナミンCを挟んで持てばいい。

oropo5

先にオロナミンCのキャップを外してからポカリスエットを開ければうまくいく。

間違っても先にポカリスエットを開けないように。

ポカリスエットが開いた状態でオロナミンCのキャップを開けたら、反動でポカリスエットの中身を路上にぶちまけてしまう。

2本とも開封できたら、オロナミンCをまるまる1本注ぎ込もう。

oropo6

やさしく振る

オロナミンCを無事に注ぎ終えたら、一度ペットボトルのキャップを閉めて、ゆっくり縦に2〜3回転させよう。

oropo7

激しく回転させると炭酸がとんでしまうから、ゆっくりだ。

すると、鮮やかな蛍光色をしたセルフオロポのできあがり。

oropo11

味はすっきり甘くて普通にうまい。

体型が気になるなら水を飲むべき

water-man

ここまでオロポのこと語っておいて何だよって思うかもしれないけど、俺はサウナドリンクとしてオロポを飲むことに対し、かなり否定的なスタンスをとっている。

理由は主にオロポを飲むと太るからだ。

というのも、オロポって要は炭酸ジュースの一種だから、大量の糖分が含まれている。

俺みたいなアラサーのおっさんは糖質を過剰摂取するとすぐに肥満体型になってしまう。

それにサウナへ入った後ってどうせご飯食べるから、ビタミンなんかの栄養素をオロポで摂取する必要はない。

だから体型維持と健康のためにも、俺は基本的にオロポもマッチも飲まない。

じゃあ水分不足にはどう対応するんだってことになるけど、水飲めと俺は言いたい。

甘いジュースはおいしいから飲みたい気持ちはわかるけど、頻繁にサウナへ通うような人が毎回オロポを飲んでいると、太って仕方ない。

サウナドリンクとしてオロポをおすすめしない理由については、以下の記事で詳しく解説しているので、よかったら参考にしてほしい。

「いろはす」がおすすめ

irohasu2

俺が思う最強のサウナドリンクは「いろはす」だ。

俺はもう2年以上、いろはすの500ml×24本をアマゾンの定期便で毎月購入している。

500mlの水を買っておいて外出時に持ち運べば経済的だし、いろはすならペットボトルを小さく潰せるから、飲み干しても邪魔にならない。その上、味もおいしい。

男女問わず、オロポ大好きって人には、自身の健康とお財布のためにも、これを機に水の箱買いをおすすめする。


eyecath-sauna-everyday
【ほどほどにしとけ】毎日サウナに入って感じた7つのデメリット【疲労感】

続きを見る

おすすめ記事

eyecatch-60minutes-3set

【時短術】サウナ60分コースで3セットこなす方法【節約】

銭湯ならまだしもサウナ施設の入浴料は最近高すぎ。 サウナ入るだけで3,000円はいくらなんでも財布がもたない。 そこで今回は通常コースより安い60分コースでサウナ3セットをこなすために、俺が実践している時短サウナ入浴術を解説する。 短時間でお得にととのいたい人は参考にしてほしい。 60分だと通常2セットが限界 60分の入浴プランは、サウナ施設によって「ショートコース」とか「サウナ1時間」とか名称が違う。 60分という短時間勝負に挑んだ経験のある人ならわかると思うけど、着替えやドライヤーなどの支度を含めると ...

続きを読む

eyecatch-invite-sauna-tokyo

東京へ遊びに来た友達と一緒に行きたいサウナ【サウナ王国】

東京に住んでいると地元の友達が遊びに来たり、地方で働く友達の東京出張があったりと、誰かに東京を案内する機会が何気に多い。 中でも俺のことをサウナ好きだと知っている友人は、「お前のイチ推しサウナに連れてけ。」とハードル高めな要求をしてくるんだけど、こういう時に備えて俺にはいつも用意しているサウナがある。 そこで今回は、東京へ遊びに来た友達と一緒に行くべきおすすめサウナを、俺の独断と偏見で解説する。 遠くからはるばる東京へ来る友達に、なるべく良いサウナでおもてなししたい人は参考にしてほしい。 東京はサウナが多 ...

続きを読む

eyecatch-yarigatake-belongings2

【2泊3日テント泊】槍ヶ岳・大キレット縦走登山に持って行った物【装備】

8月のお盆休み真っ只中に大キレット経由で槍ヶ岳に登ってきた。 2泊3日にも及ぶ大掛かりな山行だったから、装備の選択にはそれなりに苦労したんだけど、ただ記憶にとどめておくのももったいないということで、記事として形に残しておきたい。 今後同じルートで登山する人の参考になればうれしい。 槍ヶ岳・大キレットのコースと行程 まずは今回の登山で実際に俺が辿ったコースを解説する。 上高地発着の周回ルート【総距離42.6km】 自然をありがたがる人達の観光地として有名な、長野県松本市の上高地を起点として反時計回りに槍ヶ岳 ...

続きを読む

eyecatch-rakuten-mobile2

【楽天モバイルを海外で使ってみた感想】遅いけど普通に使える【海外ローミング】

楽天モバイルを使い始めて早3年が経過した。 今年になって海外旅行に行く機会が急に増えたんだけど、俺の通信手段は日本でも海外でも楽天モバイルのみ。 そこで今回は俺が実際に韓国・タイ・フィリピンで楽天モバイルを使ってみた感想について解説する。 【結論】海外でも普通に使える 最初に書いてしまうけど、これが結論。 そりゃ楽天公式が使えるって言ってるんだから当然って話なんだけど、実際に使ってみて感じる問題点なんかもあったから、この記事ではその辺を詳しくまとめる 今の主流は海外ローミング まず海外旅行にこれから行こう ...

続きを読む

eyecatch-hotwatrer

湯シャンのやり方と初期のベタつきを乗り越える方法【最初が肝心】

29歳の夏から湯シャンを開始して1年がたった。 今や完全にお湯だけで頭を洗う湯シャニスト完成体と化した俺だけど、ここまで来るのにそれなりの苦労と挫折を経験してきている。 そこで今回は俺が実践している湯シャンのやり方と継続のコツを解説する。 湯シャンを始めたいと思っている人はぜひ参考にしてほしい。 湯シャンを1年間続けて感じたメリットとデメリットは以下の記事でまとめている。 湯シャンに必要なアイテム まずは湯シャンを始めるにあたって俺が用意した物を解説する。それが以下。 この2つだけ。 湯シャンでせっかくシ ...

続きを読む

eyecatch-water-showerのコピー

20代男性が湯シャンを1年間続けた結果【メリットとデメリット】

ちょうど去年の夏から完全に湯シャンへ移行し丸1年が経過した。当時の年齢が29歳だったからおそらくタイトルに嘘偽りはない。 今回は去年から現在にかけて、お湯だけで頭を洗ってきた俺が、この1年の結果を振り返り湯シャンのメリットとデメリットについて解説しようと思う。 湯シャンに挑戦しようと考えている人や湯シャン自体に興味がある人は参考にしてほしい。 湯シャンを1年間続けて感じたメリットは5つ 俺が湯シャンを継続して感じたメリットは以下の通り。 それぞれ解説していく。 夏でも髪がベタつかなくなった これはここ最近 ...

続きを読む

eyecatch-carnaitionsauna

【カーネーションサウナの感想】価値観が崩壊するサウナ【タイ・バンコク】

先日始めてバンコク旅行に行ってきて、時間が余ったから現地のサウナに入ってみたんだけど、そこには日本では見られない面白い光景が広がっていたから感想をまとめたい。 バンコクに旅行する予定がある人やタイに住んでいる人はぜひ参考にしていほしい。 南国はサウナが少ない サウナがよっぽど好きでもなければ、わざわざ海外旅行で現地のサウナに入ろうとする人はいないと思う。 とはいえ俺みたいに1人で海外に行って時間を持て余すサウナ好きだっていてもいい。 そんなサウナジャンキーにとって海外のサウナ事情はけっこう深刻。フィンラン ...

続きを読む

eyecatch-bomata

【BOMATA 温度計レビュー】地味に役立つテントサウナのお供【川の水風呂】

水風呂の温度はサウナの良さを判断する上で重要な指標。 信じられないほど冷たい水風呂に入って、その水温を確かめるために温度計を覗き込んだ経験は誰しもあると思うんだけど、当然ながら川や湖に水温計は設置されていない。 ということで、今回は俺がテントサウナで川の水温を測るのに使っているBOMATAの温度計をレビューする。 テントサウナでは川の水温が気になる サウナ施設にある水風呂ならいざ知らず、自然が形成する川や湖の水温は季節や天候によって大きく変化する。夏は20度を超えるのに、冬は5度を下回ったりもする。 特に ...

続きを読む

-サウナハック