(景品表示法に基づく表記) 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

サウナハック

【内輪ノリ】サウナのアウフグースイベントが苦手な理由【熱波師】

2024年6月9日

eyecatch-sauna_aufguss-hate

俺はサウナのアウフグースイベントが苦手。

普段もできるだけイベントのないサウナを選んで通っている。

サウナ好きを公言する人にアウフグースイベントが苦手な人はあまり聞かないから、週2で通うほどサウナ好きな俺が、アウフグースイベントを敬遠する理由について今回解説する。

チアキ
チアキです。X(Twitter)YouTubeもやっています!
【お問い合わせ】【プロフィール】

アウフグースは熱波師によるパフォーマンス

sauna_aufguss1

サウナストーブの石に水をかけて蒸気を発生させるのがロウリュと呼ばれるのに対し、アウフグースはその蒸気をタオルや団扇で扇ぎ、撹拌する行為をいう。

発祥はドイツで、アウフグースもドイツ語。

日本ではアウフグースを行う人のことを熱波師とも言うんだけど、なんで熱波師だけゴリゴリの日本語なのかは不明。

熱波師のことをアウフギーサーと大層な名前で呼ぶ人がいるけど、あまり浸透していない印象。

eyecatch-carnaitionsauna
【カーネーションサウナの感想】価値観が崩壊するサウナ【タイ・バンコク】

続きを見る

熱波師検定なるものが存在する

sauna_aufguss2

熱波師の界隈には熱波師検定っていう民間資格が存在している。

取得するのに試験はなく、受講料を払って講座を受講すれば誰でも取得できる。

ただ受講料は25,300円(税込)と割高で、検定を受けていようがいまいが店に雇われたらアウフグースはできるし、熱波師を名乗れるから検定自体に特に意味はない。

検定を受けると一部サウナ施設の入浴料が割引になるけど、明らかに受講料と釣り合ってないから情弱ビジネスとの噂もある。

アウフグースイベントは3種類ある

sauna-history

完全に俺の独断と偏見による定義だけど、アウフグースイベントには3つのタイプが存在すると思っている。それが以下。

  • 客参加型アウフグース
  • 鑑賞型アウフグース
  • 黙浴型アウフグース

多くの場合、熱波師のスタイル次第で上の3つの内どのタイプになるかが変わってくる。

客参加型アウフグース

audience

俺が1番苦手なアウフグース。

芸人が漫才のつかみでやるみたいに、熱波師が客をイジったり、自分のアウフグースに合わせて客に手拍子や合いの手を求めたりするタイプ。

サウナ内にポータブルスピーカーが設置されて、パフォーマンス中に熱波師が好きなBGMを流すことが多い。

熱波師と常連客の内輪ノリが発生しやすく、新規客が居づらい空気になることもある。

鑑賞型アウフグース

audience2

熱波師がしゃべったり、BGMを流したりすることはあるけど、基本的に客はそれを見ながら、熱波を受けるだけ。

客は何もアクションを起こす必要がないタイプ。

ただ客の中に熱波師と顔見知りの常連客が混じっていると、そいつが変に空気を盛り上げようとして他の客に合いの手を促すなどして、不要なノリがサウナ内に蔓延することがある。

曜日を定めて定期的にアウフグースイベントを開催しているサウナ施設で多いタイプ。

黙浴型アウフグース

audience3

熱波師が最初に定型的な挨拶を済ませたら、あとは熱波師も客も一切しゃべることなく、黙々と熱波を受けるタイプのアウフグース。

熱波師がさむいボケを突っ込んでくることもないから、俺たち客は目を閉じてただ座っているだけでいい。

黙浴型のアウフグースが最もオーソドックスで、俺もこのタイプのアウフグースなら積極的に受けたい。

事前に把握するのはほぼ不可能

初めて参加するイベントだと、上で紹介した3つのタイプのどれに当たるかは事前にわからない。

知名度のある熱波師だとサウナ口コミサイトやYouTubeで検索をかければ、どんな雰囲気のイベントか探ることができるけど、熱波師の多くは無名。

積極的にアウフグースを実施するサウナだと、脱衣所の掲示物に熱波師の紹介がされていたりするから、そこから雰囲気を探るしかない。マジで運ゲー。

eyecatch-invite-sauna-tokyo
東京へ遊びに来た友達と一緒に行きたいサウナ【サウナ王国】

続きを見る

アウフグースイベントが苦手な理由

swing-park-man

週2回以上サウナに通う俺が、アウフグースイベントを嫌う理由が以下。

  • 内輪ノリが気持ち悪い
  • 変な掛け声と手拍子を要求される
  • 熱くすればいいと思っている
  • サウナが混む

アウフグース大好きなサウナヘッズからすれば物申したい人がいるかもしれないけど、あくまで俺の持論だから異論は認める。

内輪ノリが気持ち悪い

friends-man-woman

居酒屋と同じく、サウナは店と常連客の癒着が激しい業態。

熱波師とよく顔を合わせる常連客が、内輪でしかわからないような過去のイベントや他の熱波師を話題に出して、内輪ノリを発動することが多々ある。

他にもその熱波師お決まりのキャッチフレーズみたいなワードに、常連客が異常に盛り上がって、アウフグース中に新規客が付いていけないイベントに遭遇することもあった。

密室で他人と肩を並べるサウナで、自分以外の人達が謎の内輪ネタで盛り上がっていたら居づらくて仕方ない。

電車のボックスシートで陽キャ大学生3人組と同席してしまったようなバツの悪さを感じるのは俺だけじゃないはず。

変な掛け声と手拍子を要求される

crap-man

場を盛り上げようとする熱波師の心がけは素晴らしいと思うんだけど、客に掛け声とか手拍子を要求するのは音楽のライブだけでいい。

特に口に出して恥ずかしくなるような掛け声はマジでキツい。

具体的に俺が体験した中では、タオルで客を3回仰ぐ時に「1・2・サウナー!」と言わされたり、BGMの歌詞に合わせて熱波師の名前を呼ばされたりした。思い出しても恥ずかしい。

もちろん陰キャの俺は恥ずかしくてそんな掛け声を口にしないんだけど、熱波師さん「なんで声出してないの?」みたいな顔で俺に熱波を浴びせないでくれ。

熱くすればいいと思っている

sweat-man

とにかく盛り上げようとして空回りしがちな熱波師だとたまにあるんだけど、ロウリュしすぎてとんでもなくサウナが熱くなるイベントがある。

通常時でも十分熱いサウナで、熱けりゃ熱いほど客が喜ぶと勘違いした熱波師がストーブに何杯も水をかけるもんだから、早々にサウナからの退室を余儀なくされる。

確かに熱いサウナを求めてアウフグースイベントに参加しているんだけど、初めからロウリュしまくると、まったく楽しめない。

俺は過去に熱波師の行き過ぎたロウリュで肩から出血するほど火傷を負ったことがある。

fire-burn※モザイク処理済

その時のことは以下の記事で詳しくまとめている。

eyecatch-loyly-burn
サウナのロウリュで火傷を負った感想と取るべき防衛策【事故】

続きを見る

サウナが混む

アウフグースイベントの時間になると、熱波を受けたい人がサウナへ集結するから激混みになることが多い。

普段空いているサウナでも、イベントの時間だけ隣の客と肩が触れるぐらい満席になってしまう。

全裸の汗だくなおっさんと近距離で何分間も過ごすのは、いくらサウナといえど気持ちのいいものではない。

新規より常連をとる戦略

ramen-shop-man

サウナ施設のスタッフや熱波師が常連客と内輪ノリを形成するのは、サウナを経営する上で有効な戦略の1つともいえる。

常連客にとって居心地のいい空間にすれば、もともとリピートの多い客のさらに強固な定着を図れて、他店への流出を防げる。

特にサウナの客層はメインが40代以降の中年男性で、新規開拓より慣れ親しんだ店を好む年代だから、この層の人達が毎日のように通ってくれたらサウナ施設は安定した経営ができるんだ。

新規が居づらい雰囲気

とはいえ内輪ノリで常連客を抱き込むのに躍起になると、俺みたいな新規客はリピート意欲が削がれる。

実際、上で書いたような内輪ノリのアウフグースイベントをやっていたサウナにはもう二度と行かないだろうし、知り合いにもオススメしようと思わない。

居酒屋の常連客ノリに似ている

izakaya

路地裏の小さな居酒屋で飲んでいると大将が、入ってきた客に向かって「久しぶりじゃん!いつものでいい?」と言っている場面に出くわしたことがある人は多いと思う。

そこからはお決まりで、カウンター越しにくだらない内輪ネタが盛り上がっているせいで、自分が店員に声を掛けづらいってところまでがセット。すでに出来上がっているあの雰囲気と、アウフグースの内輪ノリには共通するものがある。

とはいえサウナ施設は個人経営の居酒屋じゃないんだから、常連客を大事にしすぎるあまり新規客を排除するのは、経営していく上ではか細い綱渡りだと感じる。

アウフグースイベントは人を選ぶ

sauna_aufguss3

もちろんすべてのアウフグースイベントが、初見の人にとって地獄のような内輪ノリ溢れる空気感で行われるわけではない。

ただ熱波師によるパフォーマンスや口上を楽しむのが目的の、客参加型アウフグースは合う人と合わない人がはっきり分かれる。

その熱波師を推しているとか、熱波師の知り合いだったら俺も楽しめるんだろうけど、残念ながら今の俺に推しの熱波師はいないし、今後できる予定もない。

eyecatch-60minutes-3set
【時短術】サウナ60分コースで3セットこなす方法【節約】

続きを見る

サウナでは何もしたくない

cat-sleep

そもそも俺はサウナに入っている時、座ってTVを見たりボーっと考えごとをしたりする以外、何もしたくない。

だからアウフグースに合わせて手拍子や変な掛け声も、恥ずかしい以前に面倒だからできればしたくない。なんならセルフロウリュも誰かやってくれと思っている。

ただただ座って熱さに耐えるのが好きなサウナ好きにとって、騒がしいアウフグースイベントは居心地が悪いだけ。

大事なのは自分がサウナに何を求めるか。ただ己と向き合いたいサウナ好きはアウフグースイベントを避けつつサウナを楽しむのがおすすめ。

eyecatch-sauna-bored
【サウナで暇をつぶす5つの方法】人生で最も暇な10分間【暇つぶし】

続きを見る

おすすめ記事

eyecatch-sauna_aufguss-hate

【内輪ノリ】サウナのアウフグースイベントが苦手な理由【熱波師】

俺はサウナのアウフグースイベントが苦手。 普段もできるだけイベントのないサウナを選んで通っている。 サウナ好きを公言する人にアウフグースイベントが苦手な人はあまり聞かないから、週2で通うほどサウナ好きな俺が、アウフグースイベントを敬遠する理由について今回解説する。 アウフグースは熱波師によるパフォーマンス サウナストーブの石に水をかけて蒸気を発生させるのがロウリュと呼ばれるのに対し、アウフグースはその蒸気をタオルや団扇で扇ぎ、撹拌する行為をいう。 発祥はドイツで、アウフグースもドイツ語。 日本ではアウフグ ...

続きを読む

【ホテル予約はヤフートラベルがおすすめな理由】常に10%オフ【即時割引】

ホテル予約サイトはいくらなんでも多すぎ。 サイトの数に加えて、クーポンとかポイントとか会員ランクとかも複雑すぎて、旅行時にどのサイトを使うべきかわからなくなる人は多い。 そんなホテル予約サイトが乱立する現代において、ヤフートラベルが多くの人にとって最適解になると思ったから解説する。 いいホテルを少しでもお得に予約したい人は参考にしてほしい。 ヤフートラベルのポイント即時割引がすごい ヤフートラベルがホテル予約において最適解となる理由は、ポイント即時割引という制度に尽きるといっても過言ではない。 通常はポイ ...

続きを読む

eyecatch-secret-sauna

【東京の穴場サウナ】空いてるサウナは無条件で良いサウナ

東京のサウナはどこも混みすぎ。 サウナへ入るのに待ちが発生するなんて地方じゃ考えられない所業だけど、都内のサウナでは今日も全裸の男たちが列をなしている。 そこで今回は都内のサウナに週2で通う俺が、比較的空いてて優良な東京の穴場サウナを解説する。俺が台東区に住んでいる都合上、東東京が多くなるのはご了承いただきたい。 東京の穴場サウナを探している人は参考にしてほしい。 白水湯 2024年3月にオープンしたばかりの、東京都台東区入谷にある銭湯サウナ。 厳密には1960年創業の老舗銭湯が2022年に休業し、白水湯 ...

続きを読む

eyecatch-travel-abroad-easily

【社会人が気軽に海外旅行に行くコツ】行けない理由はすべて言い訳【往復3万円】

1人海外旅行に初めて挑戦してから、去年は約半年で4回海外に行ったんだけど、海外旅行って実は気軽に行けるんだと気付いた。 それまでの俺は「忙しい社会人に海外旅行は無理」みたいなイメージを勝手に持っていたから、この気付きはかなり大きかった。 そこで今回は俺の実体験から、社会人が気軽に海外旅行に行くコツを、忙しい社会人に向けて解説していきたい。 社会人でも海外旅行に行ってみたいと思っている人は参考にしてほしい。 社会人は海外旅行ができないというイメージ この記事を読んでいる多くの社会人が、海外旅行なんて金のある ...

続きを読む

eyecatch-body-hot-water

全身お湯だけで洗うようになって感じたメリットとデメリット【洗顔と洗体】

湯シャンについてはいろんな所で語られまくっているけど、顔含め全身をお湯だけで洗うことに関してはなぜか情報が少ない。 そこで今回は全身をお湯だけで3ヶ月間洗い続けた俺が、それによって感じたメリットとデメリットを解説する。 顔と体の「お湯だけ洗い」に興味がある人はぜひ参考にしてほしい。 湯シャンの効果が絶大だった そもそも俺が全身のお湯洗いに目覚めたきっかけは、まごうことなく湯シャンにある。 過去の記事でも解説している通り、俺はもう1年半以上湯シャンを続けているベテラン湯シャニストで、その効果を文字通り肌で実 ...

続きを読む

eyecatch-bed-expansion

【シングルベッドをダブルに拡張する方法】フレーム交換の必要なし【DIY】

たまに行く旅行先でホテルの広いベッドに寝ると、翌朝の目覚めが明らかに違うと感じる。 これまで何度もホテル泊を重ねたあげく、30歳にしてやっと睡眠の質はベッドの大きさに直結すると気付くことができた。 そこで今回、自宅のシングルベッドを自作でダブルベッドに拡張したから、その方法を解説する。 広いベッドが欲しいと思っている人は参考にしてほしい。 今のベッド環境 今の俺は東京上野で1K5.5畳という激狭物件に暮らしている。 住めば都とはよく言ったもので、2年も住んでいるともはやこの狭さが心地良いとすら感じる。 と ...

続きを読む

eyecatch-60minutes-3set

【時短術】サウナ60分コースで3セットこなす方法【節約】

銭湯ならまだしもサウナ施設の入浴料は最近高すぎ。 サウナ入るだけで3,000円はいくらなんでも財布がもたない。 そこで今回は通常コースより安い60分コースでサウナ3セットをこなすために、俺が実践している時短サウナ入浴術を解説する。 短時間でお得にととのいたい人は参考にしてほしい。 60分だと通常2セットが限界 60分の入浴プランは、サウナ施設によって「ショートコース」とか「サウナ1時間」とか名称が違う。 60分という短時間勝負に挑んだ経験のある人ならわかると思うけど、着替えやドライヤーなどの支度を含めると ...

続きを読む

eyecatch-invite-sauna-tokyo

東京へ遊びに来た友達と一緒に行きたいサウナ【サウナ王国】

東京に住んでいると地元の友達が遊びに来たり、地方で働く友達の東京出張があったりと、誰かに東京を案内する機会が何気に多い。 中でも俺のことをサウナ好きだと知っている友人は、「お前のイチ推しサウナに連れてけ。」とハードル高めな要求をしてくるんだけど、こういう時に備えて俺にはいつも用意しているサウナがある。 そこで今回は、東京へ遊びに来た友達と一緒に行くべきおすすめサウナを、俺の独断と偏見で解説する。 遠くからはるばる東京へ来る友達に、なるべく良いサウナでおもてなししたい人は参考にしてほしい。 東京はサウナが多 ...

続きを読む

-サウナハック