(景品表示法に基づく表記) 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

サウナグッズ サウナハック サウナハット

【サウナハットがうざいと感じる理由】意識高い系のマストアイテム

2022年4月29日

eyecath-saunahat-annoying.001

俺も含め自称サウナーの多くが、サウナ室内でかぶっている変わった見た目の帽子、「サウナハット」について、「うざい」と感じる人が存在する。

ブログを運営する関係で、日常的にサウナ関連の情報収集をしているんだけど、どうやらサウナハット否定派は少なくないらしい。

サウナハットを所有している側の俺でも、否定派の主張を見ていると共感する点が多数ある。

そこで今回はブーム以前からサウナヘビーユーザーの俺が、サウナハットをうざいと感じる理由と対策について解説する。

サウナハット否定派の人だけでなく肯定派の人も、今後のサウナライフの参考にしてくれたら嬉しい。

チアキ
チアキです。X(Twitter)TikTokもやっています!【お問い合わせ】【プロフィール】

サウナハットがうざいと感じる理由

angry-man

俺の実体験と調査の下、サウナハットがうざいと感じる理由は以下のとおり。

  • サウナハット姿がマヌケにみえる
  • サウナハットが視界に入って邪魔
  • サウナハットは意識高い系に見える
  • サウナハットをかぶっている人の言動がうざい
  • サウナハットをゴリ押ししてくる

サウナハット姿がマヌケにみえる

smile-man

全裸に帽子っていう組み合わせがそもそもおかしいっていう見方。

この記事を書くまでは俺もあまり考えてなかったけど、確かに変だ。

股間は隠さないくせに、わざわざ帽子を用意してまで必死に頭を隠す。

まさに「頭隠して尻隠さず」ってことわざを体現している。サウナハットを知らない人から見ると、間抜けな姿にうつるのも無理はない。

人は見慣れないものを避ける

間抜けな姿を見て、うざいっていう感情まで飛躍するかは微妙なところだが、服のダサい人がバカにされるように、サウナハットも嘲笑される対象になりうるのは間違いないだろう。

それに、そもそも人は見慣れないものに対して嫌悪感を抱く生き物だ。

普段はサウナーなんていないはずのマイナーなサウナで、突然サウナ室の最上段に帽子を深くかぶった人が鎮座していたら、気味が悪いと思うのは当然だ。

サウナハットのデザインがダサい

helmet-man

サウナブームもあり、世の中にはたくさんのサウナハットが出回るようになった。と同時にいろんなデザインのサウナハットが誕生している。

中には、かなり攻めたデザインも存在していて、俺みたいな陰キャではとうてい手が出せなかったりする。

奇抜なサウナハット

いわゆる定番のサウナハットは下のような

my-saunahat

いわゆるとんがりコーンみたいな形。サウナで見かけたことがある人も多いと思う。

他にはアウトドアっぽいバケットハットのような形の、

saunahat-backet

こんなデザインも存在する。

一方で俺が、攻めたデザインだなと感じるのは

saunahat-neko

こういう耳や角が生えてるタイプ。このタイプのデザインが好きな人を否定するつもりはまったくないけど、サウナ室の中に耳の生えてる人がいたら目立つわな。

そもそも耳が生えたタイプに限らず、一般的なサウナハットのデザインや形状ですらダサいと思う人もいるだろう。

正直サウナハットを使ってる俺自身も、サウナハットがおしゃれだとはまったく思わない。機能面だけを考えてかぶっている。

サウナハットが視界に入って邪魔

surprised-man

サウナハットをかぶると当然ながら、頭部のシルエットが大きくなる。

ということは狭いサウナ室なんかで、目の前に座る人がサウナハットをかぶっているとイヤでも視界に入ってくる。

サウナハットが邪魔でTVが見えない

視界に入ってくるだけならまだいいが、他人のサウナハットのおかげでTVが見えないなんて事態も起こりうる。

俺は過去そんな被害を受けたことがある。その時は前に座っている奴が、つば付きのサウナハットを被っていてTVがちゃんと見えなかったんだ。

当時は、そいつのサウナハットをつまんでぶん投げてやろうかと思った。

この時かぶっていたのが下の写真のような、奇抜なデザインのサウナハットだったりしたら、目ざわりでしょうがなかったと思う。

saunahat-usagi

自分が狭いサウナ室に行く時は気をつけたい。

サウナハットは意識高い系に見える

ishiki_takai

サウナブームによってサウナの効果に注目が集まるようになった。例えば

  • 集中力が上がる
  • アイデアがひらめきやすくなる
  • 睡眠の質があがる

上の効果の真偽は定かじゃないけど、おかげでビジネス意識の高い人たちがサウナへ押し寄せるようになった。

普通の人と違い、意識が高い人たちは流行に敏感。ゆえにサウナハット着用率が高いんだ。

それがサウナハット=意識高い系というイメージにつながっている。

意識高い連中は近寄りがたい

telephone-man

意識が高いのはけっこうなことだけど、意識高い(系の)人たちって、俺みたいに普通の人からすると、かなり近寄りがたい存在。

そういう連中って、「サウナが自分のクリエイティビティにシナジー効果をもたらす」っていう謎なスキームを持ってそう。

サウナハットかをぶってるお前が言うなって感じだけど、意識高い人に対しては俺も苦手意識があって、あまり関わりたくない。

彼らは「自分の選択がこの世の最適解」みたいに考えているフシがあって、こっちがなにか話すと「そのビジョンは甘い」とか言って詰められそうな恐怖感がある。

サウナーはサウナに夢見すぎ

smile-man2

サウナに入ればなんでも上手くいくだの、サウナで人生が変わるだの、声高に叫んでいる自称サウナーがいるが、サウナに夢見すぎだろと俺は思う。

サウナは確かに気持ちいいし、趣味として人生にプラスに働くことはあるかもしれないけど、それだけで人生変わるようなもんじゃない。

本当に人生が好転した人はサウナへ行く前後に、ちゃんと自分で考えて行動を起こしてるだろうし、サウナに行くだけ行ってあとは適当に過ごしているだけではないはずだ。

それを都合よく解釈してサウナ通ぶる人は、周りからしたらイタい人にしか見えない

サウナハットをかぶっている人の言動がうざい

angry-woman

サウナハットをかぶっている人はサウナ愛の強い人が多い。時に、サウナへの強すぎる愛がゆえに周りからうざいと思われる言動をとってしまうことがある。

具体的には、自分なりのサウナマナーを他人に強要したり、聞いてもないのに自分の行ったサウナを自慢したりといった言動があげられる。

以前「自粛警察」って言葉が流行ったけど、サウナに限らず自分の中にある正義を振りかざして他人を批判する人は一定数存在する。

SNSでも「脱衣所でスマホをいじる人に注意した」、「サウナで喋っている人を叱った」といった発信がある。

客が客を注意するのはおかしい

確かにマナー違反かもしれないが、注意するのは従業員の仕事であって一般客のあなたがすることではないと俺は思う。

従業員から注意されれば、された側も納得するだろうけど、客から言われると腹立たしい気持ちになる人もいるだろう。

とはいえ、批判する人を批判する俺も、少なからずうざい人の1人なのかもしれない。

有名サウナで遭遇したうざい客

private-sauna

東京の某有名サウナ施設に行った時、いわゆるうざい客に遭遇したことがある。

セルフロウリュができる定員6名ほどの小さなサウナ室だったんだけど、そこにいたサウナハットの青年がまさにイタいサウナ客だった。

勝手にサウナ室のキャバを増員

彼は従業員でもないのに、すでにキツキツで座っている客に対して、さらに詰めて座るよう呼びかけ、サウナ室のキャパを増員し始めたんだ。

青年の呼びかけによって通常の定員6名が8名に拡張されたんだけど、座っている客同士の肩が常に触れ合っているほど不快感満載な状態におちいった。

みんなが無理して詰めたおかげで新たに座れた人は感謝しているかもしれないが、すでに座っていた人は俺も含めていい迷惑だ。

そんな気持ちを知ってか知らずか、サウナハットの青年はとても満足気な表情をしていたのを覚えている。

fat-man-smile

自己満も過ぎると他人が迷惑するいい例。

自分のタオルで他人に熱波を送る

neppashi-man

さらにその青年は、セルフロウリュをする際に自らのタオルを使って、他の客に対して熱波を送り始めたんだ。

彼にとっては善意なのかもしれないが、他人の汗がついたタオルから発せられる熱波は気持ち悪い以外の何物でもなかった。

もちろんサウナハットをかぶっている人が、みんなこの青年のようにクセが強いわけではない。

ただ俺は、その時青年がかぶっていたサウナハットが忘れられない。今後同じサウナハットをかぶっている人は警戒した目で見てしまうだろう。

サウナハットをやたらすすめてくる

seles-man

サウナハットを使っている人は仲間を増やしたいのか、やたらサウナハットの着用をすすめてくる。

自分だけかぶっていると目立って恥ずかしいから一緒にかぶってほしいんだろうけど、その気のない人からすればいい迷惑だ。

基本的にサウナは1人で蒸される場所。恥ずかしいのが嫌ならサウナハットをかぶるべきではない。

周りにサウナハットをゴリ押ししてくる人がいたら、きっぱり断ろう。サウナの楽しみ方は人の数だけ存在するのだ。

連中はなぜサウナハットをかぶるのか

サウナハット着用画像

サウナハットがうざいと感じる理由はわかった。ではなぜサウナハットをかぶる人たちが一定数存在しているのか、彼らはサウナハットに以下の効果を期待している。

  • おしゃれできる
  • のぼせ対策
  • ハゲ防止

サウナハットの詳しい効果やデメリットについては以下の記事でまとめているから、よかったら参考にしてほしい。
saunahat-unnecessary
【なくても困らない】サウナハットがいらない人の特徴

続きを見る

おしゃれできる

wear-dog

アンチユーザーとしては理解不能かもしれないが、おしゃれしたくてサウナハットをかぶっている人もいるんだ。

基本裸でなにも身につけられないサウナでは、サウナハットが唯一自分の個性を表現できるアイテムとなる。

派手な色をしていたり、耳が生えたりしたサウナハットをかぶっている人も、それがその人の色であり個性なんだ。

のぼせ対策

サウナ室は上にいくほど温度が高くなっているから、座っていると頭が1番熱くなる。

頭が長時間熱にさらされるとのぼせやすくなって危険。そこでサウナハットが効果を発揮する。

頭部を熱から守ることでのぼせるのを防止してくれる。

ハゲ防止

bald-man

俺がサウナハットをかぶる理由はこれに尽きる。

サウナでは頭が1番熱くなるというのは上で書いたとおりなんだけど、当然ながら髪の毛も高温にさらされる。

すると高温による乾燥によって髪が傷み、結果ハゲが進行する要因になってしまうんだ。

そろそろ毛量が気になりだす年齢になった俺はなんとかハゲに抵抗するため、今日もサウナハットをかぶっている。

サウナでの乾燥対策については以下の記事で詳しく解説しているので、よかったら参考にしてほしい。

サウナハットがうざい場合の対策

angry-man2

サウナハットをかぶっている連中の言い分はわかったけど、どうしてもサウナハットがうざすぎて我慢できないという人には、以下の対策をおすすめしたい。

  • 有名サウナを避ける
  • サウナハット禁止のサウナへ行く
  • 視界を遮る

有名サウナを避ける

niwanoyu

池袋かるまる、草加健康センターなど有名サウナ施設はサウナガチ勢がたくさん押し寄せるので、サウナハットユーザーの数も多い。

そんな有名サウナ施設で「サウナハットがうざい!かぶるな!」と声高に叫んだところで、誰も相手にしない。

サウナハットがうざいなら、ローカルサウナもしくはスーパー銭湯を攻めるべきだ。

地元民しか来ないような小さなサウナであれば、サウナハットをかぶる文化が存在しないので、サウナハットをかぶった人に遭遇する可能性は低い。

同様にスーパー銭湯も子供や親子連れが多く、サウナガチ勢が少ない上に、サウナ室が広いから仮にサウナハットユーザーがいても距離をとればいいだけだ。

サウナ検索サイト「サウナイキタイ」でイキタイ数上位に表示される施設は避けよう。

サウナハット禁止のサウナへ行く

shikiji

そもそもサウナハットの着用が禁止されているサウナへ行けば、サウナハットユーザーに会うことなく快適にサウナへ入ってられるのではないか。

ただ、俺のリサーチ不足かもしれないが、現状サウナハットが禁止されている施設は、聖地として日本で最も有名な「サウナしきじ」以外に見つからなかった。

残念だが、サウナハットがうざくてどうにも我慢ができないという人は、静岡県まで足を運んでいただくしかなさそう。

他にサウナハット禁止の施設が見つかったら共有していきます。

視界を遮る

don't-look-woman

かなり力技だけど、自分でサウナハットを見えないようにするっていう対策。

視界ゼロになれば瞑想もできて一石二鳥だ。

長めのタオルを目のあたりに巻いてもいいし、目立つけどアイマスクをつけるのもいいかもしれない。アイマスクをつけるなら濡れても大丈夫なようにタオル生地のものにしよう。

サウナブームを煽るのは身内ノリと同じ

youth-people

サウナハットに限らず、サウナのコンディションや内装、サービスにこだわるのは勝手だし、そのことをSNSで共有するのも自由。

しかし、サウナにいるのはサウナ愛の強い人ばかりではない。なんとなくサウナが好きで近所のサウナに定期的に通うライトユーザーだってたくさんいるんだ。

そんなライトユーザーの目から見ると、サウナブームで盛り上がっている今の状況は、身内ノリで騒いでいるうざい学生サークルのように映っているのかもしれない。

お互いに理解し合う姿勢が大事

ただ彼らサウナーも、ライトユーザーを排除しようとしているわけではなく、むしろサウナをよくしようと思っている人がほとんどなんだ。

サウナハットがうざいと思っている人たちは、彼らを一方的に攻撃するのではなく、サウナハットのことを理解した上でお互い共存を目指してほしいと思う。

ストレス解消をかねたサウナで逆にストレスを感じていては本末転倒だ。

おすすめサウナハット

おすすめのサウナハットは以下の記事で紹介しているので、よかった参考にしてみてください。

おすすめ記事

eyecatch-sauna_aufguss-hate

【内輪ノリ】サウナのアウフグースイベントが苦手な理由【熱波師】

俺はサウナのアウフグースイベントが苦手。 普段もできるだけイベントのないサウナを選んで通っている。 サウナ好きを公言する人にアウフグースイベントが苦手な人はあまり聞かないから、週2で通うほどサウナ好きな俺が、アウフグースイベントを敬遠する理由について今回解説する。 アウフグースは熱波師によるパフォーマンス サウナストーブの石に水をかけて蒸気を発生させるのがロウリュと呼ばれるのに対し、アウフグースはその蒸気をタオルや団扇で扇ぎ、撹拌する行為をいう。 発祥はドイツで、アウフグースもドイツ語。 日本ではアウフグ ...

続きを読む

【ホテル予約はヤフートラベルがおすすめな理由】常に10%オフ【即時割引】

ホテル予約サイトはいくらなんでも多すぎ。 サイトの数に加えて、クーポンとかポイントとか会員ランクとかも複雑すぎて、旅行時にどのサイトを使うべきかわからなくなる人は多い。 そんなホテル予約サイトが乱立する現代において、ヤフートラベルが多くの人にとって最適解になると思ったから解説する。 いいホテルを少しでもお得に予約したい人は参考にしてほしい。 ヤフートラベルのポイント即時割引がすごい ヤフートラベルがホテル予約において最適解となる理由は、ポイント即時割引という制度に尽きるといっても過言ではない。 通常はポイ ...

続きを読む

eyecatch-secret-sauna

【東京の穴場サウナ】空いてるサウナは無条件で良いサウナ

東京のサウナはどこも混みすぎ。 サウナへ入るのに待ちが発生するなんて地方じゃ考えられない所業だけど、都内のサウナでは今日も全裸の男たちが列をなしている。 そこで今回は都内のサウナに週2で通う俺が、比較的空いてて優良な東京の穴場サウナを解説する。俺が台東区に住んでいる都合上、東東京が多くなるのはご了承いただきたい。 東京の穴場サウナを探している人は参考にしてほしい。 白水湯 2024年3月にオープンしたばかりの、東京都台東区入谷にある銭湯サウナ。 厳密には1960年創業の老舗銭湯が2022年に休業し、白水湯 ...

続きを読む

eyecatch-travel-abroad-easily

【社会人が気軽に海外旅行に行くコツ】行けない理由はすべて言い訳【往復3万円】

1人海外旅行に初めて挑戦してから、去年は約半年で4回海外に行ったんだけど、海外旅行って実は気軽に行けるんだと気付いた。 それまでの俺は「忙しい社会人に海外旅行は無理」みたいなイメージを勝手に持っていたから、この気付きはかなり大きかった。 そこで今回は俺の実体験から、社会人が気軽に海外旅行に行くコツを、忙しい社会人に向けて解説していきたい。 社会人でも海外旅行に行ってみたいと思っている人は参考にしてほしい。 社会人は海外旅行ができないというイメージ この記事を読んでいる多くの社会人が、海外旅行なんて金のある ...

続きを読む

eyecatch-body-hot-water

全身お湯だけで洗うようになって感じたメリットとデメリット【洗顔と洗体】

湯シャンについてはいろんな所で語られまくっているけど、顔含め全身をお湯だけで洗うことに関してはなぜか情報が少ない。 そこで今回は全身をお湯だけで3ヶ月間洗い続けた俺が、それによって感じたメリットとデメリットを解説する。 顔と体の「お湯だけ洗い」に興味がある人はぜひ参考にしてほしい。 湯シャンの効果が絶大だった そもそも俺が全身のお湯洗いに目覚めたきっかけは、まごうことなく湯シャンにある。 過去の記事でも解説している通り、俺はもう1年半以上湯シャンを続けているベテラン湯シャニストで、その効果を文字通り肌で実 ...

続きを読む

eyecatch-bed-expansion

【シングルベッドをダブルに拡張する方法】フレーム交換の必要なし【DIY】

たまに行く旅行先でホテルの広いベッドに寝ると、翌朝の目覚めが明らかに違うと感じる。 これまで何度もホテル泊を重ねたあげく、30歳にしてやっと睡眠の質はベッドの大きさに直結すると気付くことができた。 そこで今回、自宅のシングルベッドを自作でダブルベッドに拡張したから、その方法を解説する。 広いベッドが欲しいと思っている人は参考にしてほしい。 今のベッド環境 今の俺は東京上野で1K5.5畳という激狭物件に暮らしている。 住めば都とはよく言ったもので、2年も住んでいるともはやこの狭さが心地良いとすら感じる。 と ...

続きを読む

eyecatch-60minutes-3set

【時短術】サウナ60分コースで3セットこなす方法【節約】

銭湯ならまだしもサウナ施設の入浴料は最近高すぎ。 サウナ入るだけで3,000円はいくらなんでも財布がもたない。 そこで今回は通常コースより安い60分コースでサウナ3セットをこなすために、俺が実践している時短サウナ入浴術を解説する。 短時間でお得にととのいたい人は参考にしてほしい。 60分だと通常2セットが限界 60分の入浴プランは、サウナ施設によって「ショートコース」とか「サウナ1時間」とか名称が違う。 60分という短時間勝負に挑んだ経験のある人ならわかると思うけど、着替えやドライヤーなどの支度を含めると ...

続きを読む

eyecatch-invite-sauna-tokyo

東京へ遊びに来た友達と一緒に行きたいサウナ【サウナ王国】

東京に住んでいると地元の友達が遊びに来たり、地方で働く友達の東京出張があったりと、誰かに東京を案内する機会が何気に多い。 中でも俺のことをサウナ好きだと知っている友人は、「お前のイチ推しサウナに連れてけ。」とハードル高めな要求をしてくるんだけど、こういう時に備えて俺にはいつも用意しているサウナがある。 そこで今回は、東京へ遊びに来た友達と一緒に行くべきおすすめサウナを、俺の独断と偏見で解説する。 遠くからはるばる東京へ来る友達に、なるべく良いサウナでおもてなししたい人は参考にしてほしい。 東京はサウナが多 ...

続きを読む

-サウナグッズ, サウナハック, サウナハット