(景品表示法に基づく表記) 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

サウナハック ブログ月次報告

【ムサレタイマガジン7月号】一人旅はおっさんになるための準備

2022年7月4日

2207-eyecatch

完全に私事だけど、これまで働いていた会社を6月に辞めた。

おかげで次の会社に入社するまで、学生以来の1ヶ月休みという大変貴重な時間を手に入れることができた。

休みの間は西日本へ1人サウナ旅に出たり、引っ越しの準備をしていたりでブログの更新を怠ってしまったから1ヶ月を振り返るのが少し怖くもある。

とはいえ、ほっといても時間は待ってはくれない。今月もこの場を借りて自己反省していく。

チアキ
チアキです。X(Twitter)TikTokもやっています!【お問い合わせ】【プロフィール】

6月に行ったサウナと回数

sauna-time-2206

サウナ旅に出ていたんだから、16回という数字も当然といえば当然。

東京近郊のサウナが上がっているけど、これは月末に東京へ引っ越した後に訪れたから、時系列的に上に表示されてしまっているだけ。

16回16施設ということは同じサウナへ2度は行っていない。せっかくの長期休みなんだからと、とにかくいろんなサウナを体験して経験値をあげることに注力していた。

いろんなサウナへ行った経験が今後に活きるかは不明だが、どこかで話のネタにでもなったらいいな。

今回のサウナ旅で行ったサウナ

今回のサウナ旅で訪れたサウナ施設が以下(行った順)。

  • ニューニシノサウナ(鹿児島)
  • 大山サウナ(沖縄)
  • 琉球温泉 龍神の湯(沖縄)
  • すきむらんど温泉 かじかの湯(宮崎)
  • ホテルブリスベンズ光明の湯(宮崎)
  • SAUNAグリンピア(高知)
  • 塚原から風呂(香川)
  • 神戸クアハウス(兵庫)
  • サウナの梅湯(京都)
  • 白山湯(京都)
  • 余熱館ささおか(福井)

主に関西・四国・九州・沖縄を巡っていたんだけど、どのサウナもかなり強烈な個性と土地柄を持っていたように思う。

それぞれの感想はサウナイキタイに投稿しているから、よかったらチェックしてみてほしい。

6月に行ったおすすめサウナ「大山サウナ」

oyamasauna

たくさんのサウナから1つをピックアップするのは難しいが、中でも特に強烈な印象だった沖縄県は宜野湾市にある「大山サウナ」を解説したい。

大山サウナの特長は以下の通り。

  • 外観がまるで廃墟
  • 自由すぎるサウナ
  • 水風呂は本物
  • 昭和から時間が止まっている休憩所

外観がまるで廃墟

大山サウナがある沖縄県宜野湾市は那覇から北東へ約10km行った場所にある。

在日米軍の普天間飛行場があるせいか、ところどころにアメリカンを感じる街だ。

そんな宜野湾市の主要道路である国道58号線、通称「ごっぱち」沿いに大山サウナはある。

俺は一応グーグルマップでナビをしていたんだけど、大きな国道沿いにあるから、さもわかりやすい外観をしているんだろうと何も考えず愛車のリトルカブを走らせていた。

ところが一向に見当たらない。グーグルマップがナビの終了を告げるアナウンスをしているんだけど、マジでどこにあるかわからなくて束の間パニックになった。

路肩にバイクを止めて、グーグルマップの示す場所へ改めて行ってみると、そこにはボロボロの廃墟がそびえ立っていた。

 

この投稿をInstagramで見る

 

大山サウナ(@oyama_sauna)がシェアした投稿

まさかコレか?

半グレのアジトじゃなくて?

とはいえ外に大山サウナとちゃんと書いてある。疑心暗鬼でその廃墟の入口らしき扉を開けて、床が抜けそうな階段を上がる。すると受付があり、もろストリート系ファッションを身にまとった店員が見た目に反して優しく接客してくれた。

本物のアメリカ人が身近にいるというのに、そこまでオラオラしたストリート系ファッションを着ることができるこの店員の度胸は素晴らしい。

自由すぎるサウナ

大山サウナはタトゥーOKだから、もれなく客の大半は身体に絵が書いてある。

苦手な人はかなり居づらいだろうけど、こういう人たちは蜂と同じで、こちらからなにもしなければまったく害はない。当然すれ違いざまに殴れるみたいなことは絶対にない。

サウナの解説に戻るが、ここのサウナはストーン式で、温度は100度前後、ロウリュなしのカラカラサウナ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

大山サウナ(@oyama_sauna)がシェアした投稿

湿度を感じるとしたら、客の汗が染み込んだサウナマットが発する水蒸気だろう。

受付でもらう3枚のタオルのうち、1枚をサウナマット代わりに使うスタイル。

俺がサウナ室に入ったときは、中で歯を磨いている人が1人、髭を剃っている人が1人、今晩どこへ飲みに行くかと大声で談笑している人が2人って構成。

本州都市部のサウナでは絶対にありえない空間がそこには広がっていた。田舎でもこんなサウナないか。

沖縄っぽいなと思いながら、人間観察しつつじっくり蒸された。

水風呂は本物

大山サウナのすごいところは水風呂の水質にある。

廃墟のごとくボロボロな外観をしておいて、水風呂には水質バツグンの井戸水を使っているんだ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

大山サウナ(@oyama_sauna)がシェアした投稿

なんでも宜野湾市は地下から大量の水が湧くらしく、もともと水のキレイな地域なんだとか。

水風呂の温度は11度ほど。ただ水温計はぶっ壊れてて正確な温度を指していないらしい。体感は15度くらい。

広さも十分でキャパ10人ほど。隣に湯船があるけど湯船より水風呂の方が大きい。湯船と水風呂の大きさが逆転するのはサウナ施設によくある作りだ。

昭和から時間が止まっている休憩所

大山サウナの浴場にはととのいイスがない。どこで休憩するかというと、脱衣所前のリクライニングなどが並んでいる休憩所。

 

この投稿をInstagramで見る

 

大山サウナ(@oyama_sauna)がシェアした投稿

水風呂を出たら一旦身体を拭いて、この休憩所へ向かう。

休憩所は全面喫煙可で、タトゥーの兄ちゃんやおっさんらがリクライニングで寝ながらタバコを吹かしている。

分煙とかいう文化はない。ここは昭和から時間が進んでいないんだ。

ととのいながらタバコが吸えるんだから、喫煙者からしたら天国のような空間。

非喫煙者は臭いが気になるかもしれないけど、窓から風が入ってくるのと大量に扇風機が動いているので換気はしっかりできていると思う。

裸&タバコOKな休憩所は、今まで三重県にある「玉の湯」で唯一体験したことがあるんだけど、アングラ感は大山サウナの方が圧倒的に強い。

ここまで昭和チックでアングラなサウナはめったに体験できない。沖縄に来たらぜひ立ち寄ってみてほしい。

大山サウナ概要

施設名大山サウナ
住所〒901-2223 沖縄県宜野湾市大山3-3-6
電話番号098-898-2401
駐車場有り
公式SNShttps://www.instagram.com/oyama_sauna/
営業時間9:00〜21:00
定休日毎月第4月曜日
料金1,000円
アクセス琉球バス交通「伊佐」バス停から徒歩1分
那覇空港から車で25分

ムサレタイ6月のアクセス/PV/記事数

先月に引き続き、更新を怠りがちだったブログの運営状況を報告する。

2206PV

PV数/月投稿数/月累計記事数
22年6月14,728341
22年5月12,860438
22年4月8,547434
22年3月7,234430
22年2月6,362626
22年1月7,260520
21年12月3,499315
21年11月2,801212

アクセス数は意外にも伸びた

予想に反してアクセス数は過去最高を記録した。

これは別に6月に書いた2記事が素晴らしかったとかではなく、サウナの役立つ情報を解説したサウナハック関連の記事と、時期的にテントサウナ関連の記事が伸びた結果。

俺の発信するサウナ情報が多くの人に読んでもらえるのは純粋に嬉しい。読者の方々には本当に感謝している。

6月に反響のあった記事

happy-oldman

ここから6月に反響のあった記事を振り返っていく。

【ほどほどにしとけ】毎日サウナに入って感じた7つのデメリット【疲労感】

eyecath-sauna-everyday

サウナに毎日入って感じた身体の変化や金銭的な負担について、実体験をもとに解説した記事。

この記事が伸びるということは、世の中にサウナジャンキーが増えているということを表している。

6月のサウナ旅ではバイクを運転していたってのもあるんだけど、ほぼ2日に一回のペースでサウナに入っていたから、疲労感がやばかった。

サウナはやっぱり週1〜2回がいいと思う。頻繁に通うよりここぞという時のために、サウナというごほうびを取っておいた方が、その効果は大きい。

eyecath-sauna-everyday
【ほどほどにしとけ】毎日サウナに入って感じた7つのデメリット【疲労感】

続きを見る

【フェルトのサウナハットをおすすめしない理由】めんどくさいと使わない

felt-title

フェルト生地のサウナハットがいかに扱いにくいかを解説した記事。

友達からフェルト生地のサウナハットをもらったんだけど、メンテナンスとかがめんどくさくて結局使わなくなってしまったから、その理由を考えた。

フェルト生地のサウナハットを買おうとしている人は、この記事を読んで改めて購入を検討してほしい。

TikTokの運用状況

2206tiktok

TikTokのフォロワー数はほぼ変わらず。むしろ減った。

投稿頻度が落ちているから当たり前。TikTokでサウナアカウントを育てるのは本当に難しい。

かわいい女の子がテントサウナをしている様子なんかを配信できたら爆発的に伸びるんだろうけど、現実的に不可能。

というか、かわいい女の子に興味を持って増えたフォロワーは、女の子の投稿がなくなった瞬間に離脱してしまう。

テントサウナっていうカテゴリでバリエーションを増やすにはどうしたらいいものか。

今度撮影する時は場所を変えて見ようと思う。

【旅の感想】日本はどこまで行っても日本

冒頭で述べた通り、6月の20日間ほど1人で原付にまたがり、金沢を出発してさすらいの西日本サウナ旅をしていた。

簡単に旅の行程を紹介する。

全体行程は
金沢(自宅)〜大阪〜鹿児島〜沖縄本島〜与那国島〜沖縄本島〜鹿児島〜宮崎〜大分〜愛媛〜高知〜香川〜兵庫〜京都〜滋賀〜福井〜金沢(自宅)
と、かなり移動距離を要する行程。

最初に金沢〜大阪を陸路で移動し、大阪からフェリーで鹿児島入り。

ferry-osaka大阪から乗ったフェリー
sakurajima桜島は溶岩だらけ

鹿児島からまたフェリーに乗って那覇に行き、

naha平日の国際通りは人いなすぎ
naha2沖縄ではこの料理をちゃんぽんと呼ぶ

那覇から飛行機で与那国島へ上陸した。

yonagunijima端っこ定番のやつ
yonagunijima2与那国島は馬が普通に車道を歩いてる
yonagunijima3海は液体洗剤アタック色
yonagunijima4砂浜には例の軽石が散らばっていた

与那国島を一通り見たら那覇に戻り、沖縄本島を少し観光した。

yanbaru-kuinaヤンバルクイナは石を食べるらしい
hedo-misaki端っこ定番のやつ

その後はフェリーで鹿児島へ戻るついでに与論島に立ち寄ったりして、

yoronjima2百合ヶ浜は死ぬまでに行っといた方がいい
yoronjima与論の居酒屋で見たチラシ。俺もシタイ

鹿児島に着いたら原付で大分へ移動。

tonakatsu鹿児島の黒豚はマジで美味かった
karamen延岡市はこんにゃく麺の辛麺が名物らしい

大分〜愛媛の豊予海峡をフェリーで渡り、四国の南側である高知を回りながら香川まで走った。

niyodo-rivrer有名な仁淀ブルー。この時はどう見てもグリーン
kochiカツオ。この旅で1番うまかった

香川から兵庫は小豆島経由のフェリーで移動し、ついでに小豆島で1泊。

shodosima展望台から見た小豆島。瀬戸内海は島だらけ
shodosima2エンジェルロードっていう道。干潮時だけ出現する

本州に着いてからは兵庫〜京都〜滋賀〜福井を経由し、ひたすら下道を北上しながら金沢の自宅まで走破したという流れ。

フェリーには合計9回も乗船した。船酔いにはかなり強くなった気がする。

都心部以外の街並みはどこも大きく変わらない

country-road

沖縄本島には合計で3泊したんだけど、その間ずっと那覇にいたわけではなくて、せっかく原付があるのだからと、やんばると言われる北部へ行ったりもした。

沖縄といえば国際通りのイメージが強いと思うけど、沖縄本島はかなり広い。国際通り付近はかなり都会だけど20分も原付を走らせれば田舎に突入する。

沖縄の田舎でみた風景は、地元の三重や金沢の田舎と同じような郊外が広がっていた。

これは沖縄に限った話ではなく、国内ならだいたい一緒。

ディスっているわけではない。日本の田舎がどこに行っても変わらないのは、安心につながるし、どこに移住しても特に問題なく暮らせるんだっていう再確認ができた。

県内最大都市はどこも立派

一般的に田舎と言われる県でも、その県で最大の繁華街はどこも立派な街並みだし、夜は飲みに行く人で賑わっていた。

個人的に一番意外だったのは宮崎県。宮崎の人には申し訳ないけど、地鶏とマンゴーのイメージしかない宮崎は、俺の中で勝手にど田舎認定していた。

ところが、宮崎市最大の繁華街「ニシタチ」こと西橘通りは、あくまで俺の印象だけど名古屋の栄に引けをとらないぐらい賑わっていたように思う。

miyazaki

飲み歩くサラリーマンや若者が道にハミ出すほどたむろしている光景は、当たり前だけどまさに歓楽街そのものだった。

宮崎市や他の県の繁華街を見て回っていたら、田舎が嫌いっていう人も、県内で一番でかい都市の中心地に住めばなに不自由なく暮らせるんじゃないかな。

おっさんになる前に一人旅はしとくべき

yoronnjima

俺は友達が多い方ではないんだけど、1人で旅行するという経験は初めてだった。特に憧れがあったというわけでもない。

じゃあなぜ一人旅なんてしたのかというと、一人旅は行動力のあるおっさんになるための練習になるからだ。

意味ワカンネーって思っただろうけど、要は今から一人旅に慣れておかないと、もっとおっさんになって一緒に旅行をしてくれる友達がいなくなった時、一人で旅行に行けないおっさんになってしまうと思ったんだ。

20代後半は友達激減期

lonly

厳密には友達が減るというより、頻繁には遊ばなくなる。

学生や20代前半の人にはわからないかもしれないけど、30歳近くになると一緒に遊んでくれる友達が急激に減るんだ。

いつも一緒にいるあいつらとは、ジジイになってもつるんでるんだろうな」と思っていても、20代後半遅くとも30代前半にはめっきり会わなくなる。

残酷だけど、今の日本では「30までに結婚して子供を作ってマイホームを持つ」っていうライフプランが良くも悪くも慣習化している。古い考えだと思うかもしれないが、現実にまだこの考えが根付いている。

だから30歳前後でみんな仕事に育児で忙しくなり、友達と遊んでいる時間がとれなくなってくる。

現に俺も2〜3年前から友達と遊ぶ機会が激減していて、20代前半に週3以上で会っていた友達も、今では月に1回会ったらいい方だ。

次第に友達と遊べなくなっていく現実を身にしみて感じていた俺は、そろそろ旅行ぐらい1人で楽しめるようにならないと、単独行動ができないイタイおっさんになってしまうと思い、修行もかねて今回の旅を決行したというわけだ。

一人旅は孤独を感じてからが本番

kochi2

サウナ旅と銘打って始めた一人旅だったんだけど、原付で旅していると都市と都市の間の田舎はサウナがなかったりして、サウナ旅なのにサウナに入ってない日がわりとあった。

最初は原付で見知らぬ土地を走っているだけで非日常感があって楽しいんだけど、そのうちそれも慣れてくる。

サウナにも入らず、ただただ原付を走らせている時間は苦痛そのもの。大雨にふられたりするとさらに追い打ちがかかる。

結果、旅の3日目あたりですでに「あれ、俺一人でなんでこんなことしてるんだろ?」ってふと我に返るタイミングが何度もあった。

だけど、孤独を感じてからが一人旅の始まり。孤独を味わえば味わうほど孤独への耐性がつく。

一人旅は孤独こそが最大の醍醐味なんだ。

一人旅の経験は将来活きる

kanazawa

友達や恋人と旅をしている時は、時間を共有していることが楽しいから移動しているだけでもエンタメ性を感じられるんだけど、一人だと移動時間はただただ孤独。

ただ、この孤独を味わうことが、おっさんになって遊ぶ友達が本格的にいなくなった時に真価を発揮するはず。

孤独に耐性のないままおっさんになってしまうと、一人が不安でどこにも行けないし、なにもできなくなってしまう。

一人でもアクティブに生きていけるおっさん・おばさんになるためにも、男女問わず20代ないしは30代前半までに一人旅を経験しておくべきなんだ。

おすすめ記事

eyecatch-60minutes-3set

【時短術】サウナ60分コースで3セットこなす方法【節約】

銭湯ならまだしもサウナ施設の入浴料は最近高すぎ。 サウナ入るだけで3,000円はいくらなんでも財布がもたない。 そこで今回は通常コースより安い60分コースでサウナ3セットをこなすために、俺が実践している時短サウナ入浴術を解説する。 短時間でお得にととのいたい人は参考にしてほしい。 60分だと通常2セットが限界 60分の入浴プランは、サウナ施設によって「ショートコース」とか「サウナ1時間」とか名称が違う。 60分という短時間勝負に挑んだ経験のある人ならわかると思うけど、着替えやドライヤーなどの支度を含めると ...

続きを読む

eyecatch-invite-sauna-tokyo

東京へ遊びに来た友達と一緒に行きたいサウナ【サウナ王国】

東京に住んでいると地元の友達が遊びに来たり、地方で働く友達の東京出張があったりと、誰かに東京を案内する機会が何気に多い。 中でも俺のことをサウナ好きだと知っている友人は、「お前のイチ推しサウナに連れてけ。」とハードル高めな要求をしてくるんだけど、こういう時に備えて俺にはいつも用意しているサウナがある。 そこで今回は、東京へ遊びに来た友達と一緒に行くべきおすすめサウナを、俺の独断と偏見で解説する。 遠くからはるばる東京へ来る友達に、なるべく良いサウナでおもてなししたい人は参考にしてほしい。 東京はサウナが多 ...

続きを読む

eyecatch-yarigatake-belongings2

【2泊3日テント泊】槍ヶ岳・大キレット縦走登山に持って行った物【装備】

8月のお盆休み真っ只中に大キレット経由で槍ヶ岳に登ってきた。 2泊3日にも及ぶ大掛かりな山行だったから、装備の選択にはそれなりに苦労したんだけど、ただ記憶にとどめておくのももったいないということで、記事として形に残しておきたい。 今後同じルートで登山する人の参考になればうれしい。 槍ヶ岳・大キレットのコースと行程 まずは今回の登山で実際に俺が辿ったコースを解説する。 上高地発着の周回ルート【総距離42.6km】 自然をありがたがる人達の観光地として有名な、長野県松本市の上高地を起点として反時計回りに槍ヶ岳 ...

続きを読む

eyecatch-rakuten-mobile2

【楽天モバイルを海外で使ってみた感想】遅いけど普通に使える【海外ローミング】

楽天モバイルを使い始めて早3年が経過した。 今年になって海外旅行に行く機会が急に増えたんだけど、俺の通信手段は日本でも海外でも楽天モバイルのみ。 そこで今回は俺が実際に韓国・タイ・フィリピンで楽天モバイルを使ってみた感想について解説する。 【結論】海外でも普通に使える 最初に書いてしまうけど、これが結論。 そりゃ楽天公式が使えるって言ってるんだから当然って話なんだけど、実際に使ってみて感じる問題点なんかもあったから、この記事ではその辺を詳しくまとめる 今の主流は海外ローミング まず海外旅行にこれから行こう ...

続きを読む

eyecatch-hotwatrer

湯シャンのやり方と初期のベタつきを乗り越える方法【最初が肝心】

29歳の夏から湯シャンを開始して1年がたった。 今や完全にお湯だけで頭を洗う湯シャニスト完成体と化した俺だけど、ここまで来るのにそれなりの苦労と挫折を経験してきている。 そこで今回は俺が実践している湯シャンのやり方と継続のコツを解説する。 湯シャンを始めたいと思っている人はぜひ参考にしてほしい。 湯シャンを1年間続けて感じたメリットとデメリットは以下の記事でまとめている。 湯シャンに必要なアイテム まずは湯シャンを始めるにあたって俺が用意した物を解説する。それが以下。 この2つだけ。 湯シャンでせっかくシ ...

続きを読む

eyecatch-water-showerのコピー

20代男性が湯シャンを1年間続けた結果【メリットとデメリット】

ちょうど去年の夏から完全に湯シャンへ移行し丸1年が経過した。当時の年齢が29歳だったからおそらくタイトルに嘘偽りはない。 今回は去年から現在にかけて、お湯だけで頭を洗ってきた俺が、この1年の結果を振り返り湯シャンのメリットとデメリットについて解説しようと思う。 湯シャンに挑戦しようと考えている人や湯シャン自体に興味がある人は参考にしてほしい。 湯シャンを1年間続けて感じたメリットは5つ 俺が湯シャンを継続して感じたメリットは以下の通り。 それぞれ解説していく。 夏でも髪がベタつかなくなった これはここ最近 ...

続きを読む

eyecatch-carnaitionsauna

【カーネーションサウナの感想】価値観が崩壊するサウナ【タイ・バンコク】

先日始めてバンコク旅行に行ってきて、時間が余ったから現地のサウナに入ってみたんだけど、そこには日本では見られない面白い光景が広がっていたから感想をまとめたい。 バンコクに旅行する予定がある人やタイに住んでいる人はぜひ参考にしていほしい。 南国はサウナが少ない サウナがよっぽど好きでもなければ、わざわざ海外旅行で現地のサウナに入ろうとする人はいないと思う。 とはいえ俺みたいに1人で海外に行って時間を持て余すサウナ好きだっていてもいい。 そんなサウナジャンキーにとって海外のサウナ事情はけっこう深刻。フィンラン ...

続きを読む

eyecatch-bomata

【BOMATA 温度計レビュー】地味に役立つテントサウナのお供【川の水風呂】

水風呂の温度はサウナの良さを判断する上で重要な指標。 信じられないほど冷たい水風呂に入って、その水温を確かめるために温度計を覗き込んだ経験は誰しもあると思うんだけど、当然ながら川や湖に水温計は設置されていない。 ということで、今回は俺がテントサウナで川の水温を測るのに使っているBOMATAの温度計をレビューする。 テントサウナでは川の水温が気になる サウナ施設にある水風呂ならいざ知らず、自然が形成する川や湖の水温は季節や天候によって大きく変化する。夏は20度を超えるのに、冬は5度を下回ったりもする。 特に ...

続きを読む

-サウナハック, ブログ月次報告