(景品表示法に基づく表記) 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

サウナハック

サウナのロウリュで火傷を負った感想と取るべき防衛策【事故】

2023年6月24日

eyecatch-loyly-burn

サウナストーンにアロマ水をかけて蒸気を発生させるロウリュサービス。

サウナではよくあるサービスで、熱い・気持ちいい・いい匂いみたいなイメージを抱く人が多いと思う。

つい先日そんなロウリュサービスを受けた時、もののみごとに火傷を負ってしまったから注意喚起も込めて共有しておきたい。

チアキ
チアキです。X(Twitter)TikTokもやっています!【お問い合わせ】【プロフィール】

現場は都内の某有名サウナ

tokyo-buildings

事件が起きたのは都内にあるそこそこ人気のサウナ施設。

サウナ室の座席はL字型で3段あり、熱源はストーンの積まれたストーブ1基。後から知ったけど温度設定は115度とかなり高めだった。

ロウリュサービスは毎日複数回行っていて、俺は日曜日17時スタートの回に参加。

17時まではロウリュを受ける前に2〜3回サウナ・水風呂・休憩をこなし、ロウリュに備えて慣らし運転していた。当然この時はのちに起こる悲劇のことなんて知るよしもなかった。

サウナ室前で待機する全裸の男たち

hot-spring

どこのサウナでも見られる光景だけど、ロウリュが始まる直前はサウナ室の入口前で全裸の男が何人も待機する。

仁王立ちしている者や風呂のフチに腰かけている者、事前に水風呂で体を冷やしている者などさまざま。その光景はまるでハンター試験のために集まったハンター候補生のよう。

知らない人は、全裸で突っ立ってねぇでさっさと入れよって思うだろうけど、そうはいかない。

サウナ室は常に熱いわけだから早めに入ると、ロウリュが終わる前に限界を迎えてしまい最後までサービスを受けられず退室するハメになってしまうんだ。

確かこの時ロウリュ開始5分前時点ですでに15人以上待機していたと思う。さすが休日。

3段目だけガラ空きのサウナ室

開始3分前になったところで、そろそろかと俺も動き出す。

冷水機で水を飲んだ後、タオルを片手にサウナ室の扉を開けると、1段目と2段目がすでにたくさんの人で埋まっていた。もはや肩と肩が触れ合うぐらいの距離で、まさにすし詰め状態。

ここで俺は異変に気づく。3段目に・・誰もいない・・?

surprising-man

2段目では汗だくのおっさん達が肩や膝をぶつけ合っているのに、誰もガラガラの3段目に座ろうとしないのだ。これはかなり異様な光景。

ここにいるおっさん達はみんなホモなのか?いや違う。俺にはわかる。

comic-understand

3段目でロウリュを受けると熱すぎて、最後まで耐えられないんだ。つまりおっさん達はリピーター。このサウナでロウリュするとどのぐらい熱くなるかわかっているんだ。

とはいえ、ここまで来てロウリュを受けず退室するわけにはいかない。仕方なく俺は3段目に上がり、ロウリュが始まるのを待つことにした。

なんだかんだ耐えられるハズ

confidence-smile-man

ヤバそうだなと思ってはいたんだけど、俺には耐えられる自信があった。

というのも、確かにここのサウナでロウリュを受けるのは初めてだけど、他のサウナでは今まで数え切れないほどロウリュを受けてきた経験がある。

それに俺は普段から100度を超えるテントサウナで何度もロウリュしまくっているし、過去には170度のサウナに入ったことだってある。そしてそのすべてに耐えてきた。

だから、今回だって大丈夫なハズ・・・だった。

170度のサウナ、塚原のから風呂に入った感想は以下。

karahuro-eyecatch
【塚原のから風呂に入った感想】170度のサウナで生死をさまよう【香川】

続きを見る

ロウリュで初めて火傷を負った

injured-man

80%の自信と20%の不安を抱えながら、3段目に座ってロウリュが始まるのをじっと待っていると、桶と柄杓を持ったスタッフがサウナ室に入ってきた。

時刻は17時ちょうど。

下段の連中が3段目にいる俺を見てニヤニヤしている、そんな風に見えた。

laugh-man

TVの電源が切られ、スタッフによる説明が始まる。

どうやら今日はストーブの調子が悪くいつもより温度が低い。だからサウナストーンにかける水の量を普段の倍にして調整するとのこと。

ロウリュは蒸気によって体感温度をあげる行為。かける水の量を増やせば発生する蒸気が増えるから、当然熱さも増す。

サウナ室の温度が普段と比べて何度低いのか知らないけど、水の量を倍にするってのは安直すぎないか?

嫌な予感がした。

開始10秒で敗走

スタッフの口上も終わり、そろそろ始まるってところで俺は持っていたタオルを頭に巻いて臨戦態勢に入った。

本当はサウナハットがあればよかったんだけど、この日は持っていなかった。

スタッフがサウナストーンに柄杓3杯の水をかけ、いよいよスタート。勢いよく蒸気の発生する音が鳴る。
異変が起きたのは、スタッフが発生した蒸気を団扇で撹拌し始めた時だった。

あっつ!!え・・?イタタッ!!なにこれ!

tired-man

今まで味わったことのない熱が頭上から降りてきたと思った途端、肩に激痛が走ったんだ。

歴戦の猛者である俺も、さすがにこれは冗談じゃすまないと一瞬で察知して、すぐさま人の間をかき分けて出口に向かった。

肩から出血してた

injured-man2

サウナ室の目の前が水風呂っていう動線のよさが幸いした。

サウナを出てソッコー頭から水をかぶり、水風呂に体を沈めた。さっきまであんなに冷たかった水風呂がぬるく感じる。

それぐらいさっきのロウリュはやばかった。

水風呂から出てイスに座ると、肩の痛みを思い出し手を後ろに回す。

肩に刺激が走り、血でしっかりめに赤く染まった指が俺の視界に戻ってきた。

なんじゃこりゃぁあ!

fire-burn※モザイク処理済です

ロウリュは熱すぎると肩の皮膚が裂けるらしい。

 

その日はこれ以上サウナには入らず体を洗って出た。

高温の蒸気は普通に危ない

kettle-steam

ここまで読んだ人の中には、サウナで火傷するなんてマジであるんだって思った人が多いと思う。俺も実際に火傷するまではそう思っていた。

ただ、よくよく考えてみると高温の蒸気を皮膚に当てて火傷しないわけがない。シュウマイや地獄蒸しといった蒸し料理を見てもそれは明らか。

ロウリュがなければまず火傷しない

sauna-history

今回俺は高温のロウリュを最上段で受けたことにより火傷を負ったんだけど、逆にいうとロウリュがなければ、サウナでの火傷はまず起こらないと考えて大丈夫。

そもそも火傷とは皮膚に高温の液体や固体が一定時間以上接することで発生する傷害。

つまりカラカラのサウナが仮に180度であっても、脱水になることはあるが出血を伴うような火傷を負うことは到底起こりえない。

それぐらい水と空気には熱伝導率に違いがある。

honma-stove-eyecatch
【自作テントサウナ】ホンマ製作所の薪ストーブで無限ロウリュする方法【改造】

続きを見る

ロウリュで火傷しないための対策

tentsauna-loyly

今回の事故を受けて俺が気づいた、ロウリュによる火傷対策が以下。

  • 席の埋まり具合を注視する
  • サウナハットで耳を隠す
  • タオルを肩にかける

席の埋まり具合を注視する

looking-man

初めてロウリュサービスを受けるサウナでは、何段目のどの辺りから席が埋まっていっているのか、しっかり確認してほしい。

そしてできるだけ常連っぽい人の近くに座るのが安全でおすすめ。

下の段から席が埋まり、最上段がガラガラだったらかなり危険な合図。そのサウナのロウリュサービスは殺人的に熱い可能性が高い。

もしかなりヤバそうなサウナで下段に座れなかった場合は、退室する勇気も必要。怪我するよりはマシ。というか怪我するぐらい熱いロウリュは受けても気持ちよくない。

初めてのロウリュを受けるサウナでは「キョロ充」になれ。

サウナハットで耳を隠す

saunahat-man

タオルでも代用はできるけど、やはりサウナハットの存在は偉大。

特にタオルが1枚しか借りられない施設で、貴重なタオルを頭に巻くと肩にかけたり股間を隠すことができなくなる。めんどくさいけどサウナハットは持参するのがおすすめ。

サウナハットをかぶる時は、できるだけ深くかぶり耳を覆うことで火傷を防ぐことができる。

おすすめのサウナハットは以下の記事で解説している。

サウナハットFOCUSレビューのアイキャッチ
【コンテックスのサウナハット、FOCUSレビュー】サウナに没入できる

続きを見る

タオルを肩にかける

towel-man

今回俺がやられたように、肩は耳の次にロウリュで火傷を負いやすい部位。

サウナハットを使うことで行き場を失ったフェイスタオルは、肩を守るために使うのが正解。肩を包むようにかけて、しっかり熱から守ってほしい。

サウナへ行く時におすすめの持ち物は以下の記事で解説している。

eyecatch-belongings
【男性・メンズ向け】サウナへ行く時におすすめの持ち物【ミニマリスト】

続きを見る

サウナのロウリュは時に人を傷つける

injured-man3

今までの俺はといえば、サウナは熱ければ熱いほどいいと、短絡的かつジャンキーな考えを持っていた。

今思うとこの嗜好はヤバい。今回の火傷を受けて、熱いだけのサウナを盲信するのはやめようと心に誓った。

ロウリュが素晴らしいサービスであることに間違いはないけど、一歩間違えれば怪我をする可能性もはらんでいる。

今後はロウリュサービスの安全性を過信せず、自分でできる防衛策を講じていきたい。

eyecath-sauna-everyday
【ほどほどにしとけ】毎日サウナに入って感じた7つのデメリット【疲労感】

続きを見る

おすすめ記事

eyecatch-60minutes-3set

【時短術】サウナ60分コースで3セットこなす方法【節約】

銭湯ならまだしもサウナ施設の入浴料は最近高すぎ。 サウナ入るだけで3,000円はいくらなんでも財布がもたない。 そこで今回は通常コースより安い60分コースでサウナ3セットをこなすために、俺が実践している時短サウナ入浴術を解説する。 短時間でお得にととのいたい人は参考にしてほしい。 60分だと通常2セットが限界 60分の入浴プランは、サウナ施設によって「ショートコース」とか「サウナ1時間」とか名称が違う。 60分という短時間勝負に挑んだ経験のある人ならわかると思うけど、着替えやドライヤーなどの支度を含めると ...

続きを読む

eyecatch-invite-sauna-tokyo

東京へ遊びに来た友達と一緒に行きたいサウナ【サウナ王国】

東京に住んでいると地元の友達が遊びに来たり、地方で働く友達の東京出張があったりと、誰かに東京を案内する機会が何気に多い。 中でも俺のことをサウナ好きだと知っている友人は、「お前のイチ推しサウナに連れてけ。」とハードル高めな要求をしてくるんだけど、こういう時に備えて俺にはいつも用意しているサウナがある。 そこで今回は、東京へ遊びに来た友達と一緒に行くべきおすすめサウナを、俺の独断と偏見で解説する。 遠くからはるばる東京へ来る友達に、なるべく良いサウナでおもてなししたい人は参考にしてほしい。 東京はサウナが多 ...

続きを読む

eyecatch-yarigatake-belongings2

【2泊3日テント泊】槍ヶ岳・大キレット縦走登山に持って行った物【装備】

8月のお盆休み真っ只中に大キレット経由で槍ヶ岳に登ってきた。 2泊3日にも及ぶ大掛かりな山行だったから、装備の選択にはそれなりに苦労したんだけど、ただ記憶にとどめておくのももったいないということで、記事として形に残しておきたい。 今後同じルートで登山する人の参考になればうれしい。 槍ヶ岳・大キレットのコースと行程 まずは今回の登山で実際に俺が辿ったコースを解説する。 上高地発着の周回ルート【総距離42.6km】 自然をありがたがる人達の観光地として有名な、長野県松本市の上高地を起点として反時計回りに槍ヶ岳 ...

続きを読む

eyecatch-rakuten-mobile2

【楽天モバイルを海外で使ってみた感想】遅いけど普通に使える【海外ローミング】

楽天モバイルを使い始めて早3年が経過した。 今年になって海外旅行に行く機会が急に増えたんだけど、俺の通信手段は日本でも海外でも楽天モバイルのみ。 そこで今回は俺が実際に韓国・タイ・フィリピンで楽天モバイルを使ってみた感想について解説する。 【結論】海外でも普通に使える 最初に書いてしまうけど、これが結論。 そりゃ楽天公式が使えるって言ってるんだから当然って話なんだけど、実際に使ってみて感じる問題点なんかもあったから、この記事ではその辺を詳しくまとめる 今の主流は海外ローミング まず海外旅行にこれから行こう ...

続きを読む

eyecatch-hotwatrer

湯シャンのやり方と初期のベタつきを乗り越える方法【最初が肝心】

29歳の夏から湯シャンを開始して1年がたった。 今や完全にお湯だけで頭を洗う湯シャニスト完成体と化した俺だけど、ここまで来るのにそれなりの苦労と挫折を経験してきている。 そこで今回は俺が実践している湯シャンのやり方と継続のコツを解説する。 湯シャンを始めたいと思っている人はぜひ参考にしてほしい。 湯シャンを1年間続けて感じたメリットとデメリットは以下の記事でまとめている。 湯シャンに必要なアイテム まずは湯シャンを始めるにあたって俺が用意した物を解説する。それが以下。 この2つだけ。 湯シャンでせっかくシ ...

続きを読む

eyecatch-water-showerのコピー

20代男性が湯シャンを1年間続けた結果【メリットとデメリット】

ちょうど去年の夏から完全に湯シャンへ移行し丸1年が経過した。当時の年齢が29歳だったからおそらくタイトルに嘘偽りはない。 今回は去年から現在にかけて、お湯だけで頭を洗ってきた俺が、この1年の結果を振り返り湯シャンのメリットとデメリットについて解説しようと思う。 湯シャンに挑戦しようと考えている人や湯シャン自体に興味がある人は参考にしてほしい。 湯シャンを1年間続けて感じたメリットは5つ 俺が湯シャンを継続して感じたメリットは以下の通り。 それぞれ解説していく。 夏でも髪がベタつかなくなった これはここ最近 ...

続きを読む

eyecatch-carnaitionsauna

【カーネーションサウナの感想】価値観が崩壊するサウナ【タイ・バンコク】

先日始めてバンコク旅行に行ってきて、時間が余ったから現地のサウナに入ってみたんだけど、そこには日本では見られない面白い光景が広がっていたから感想をまとめたい。 バンコクに旅行する予定がある人やタイに住んでいる人はぜひ参考にしていほしい。 南国はサウナが少ない サウナがよっぽど好きでもなければ、わざわざ海外旅行で現地のサウナに入ろうとする人はいないと思う。 とはいえ俺みたいに1人で海外に行って時間を持て余すサウナ好きだっていてもいい。 そんなサウナジャンキーにとって海外のサウナ事情はけっこう深刻。フィンラン ...

続きを読む

eyecatch-bomata

【BOMATA 温度計レビュー】地味に役立つテントサウナのお供【川の水風呂】

水風呂の温度はサウナの良さを判断する上で重要な指標。 信じられないほど冷たい水風呂に入って、その水温を確かめるために温度計を覗き込んだ経験は誰しもあると思うんだけど、当然ながら川や湖に水温計は設置されていない。 ということで、今回は俺がテントサウナで川の水温を測るのに使っているBOMATAの温度計をレビューする。 テントサウナでは川の水温が気になる サウナ施設にある水風呂ならいざ知らず、自然が形成する川や湖の水温は季節や天候によって大きく変化する。夏は20度を超えるのに、冬は5度を下回ったりもする。 特に ...

続きを読む

-サウナハック