(景品表示法に基づく表記) 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

テントサウナ テントサウナDIY

【自作】テントサウナのストーブを改造して激アツロウリュをする方法

2021年8月30日

tentsauna-hot-eyecatch

自作テントサウナは進化を続ける。
先日、テントサウナのストーブを改造したらありえないほど熱くなってしまった。

そこで、今回はストーブを改造して信じられないほどの激アツテントサウナを作る方法を解説する。
改良といっても予算1000円程度でできるような作業なので、倹約家テントサウナーの方々も安心して読んでほしい。

テントサウナを自作する手順を書いた記事はこちら


チアキ
チアキです。X(Twitter)TikTokもやっています!【お問い合わせ】【プロフィール】

熱いほうがととのえるはず

サウナは熱いほうがいい。これは以前から言っていることだが、サウナは熱ければ熱いほど、水風呂は冷たければ冷たいほど気持ちいい。たまにサウナは60度ぐらいでも居心地がよくていいと言う人がいるが、岩盤浴に行ったほうがいいのでは?と思ってしまう。

湿度が高ければ60度でも熱いと感じるかもしれないけど、サウナに入る以上熱いほうがいいに決まってる。

そもそも60度のサウナだと、冬の川に入ったら秒で風邪を引く。

水風呂との温度差100度を目指す

俺はサウナと水風呂の激しい温度差を味わいたい。それはテントサウナでも同じ。この記事を書いているのが7月なんだけど、川の水温は18度ぐらいになっている。

サウナ室が120度になれば川の水温との落差100度を体験できると考えた。といっても温度計持ってないから実際には測れなかった。

冬になったらちゃんと測ろうと思う。

サウナストーンを増量する

あまりお金をかけたくない。失敗したらめんどくさいから、できれば既存のストーブの形を変えたくない。

どうすれば今の設備を大きく変えずにサウナの温度を上げられるか考えた結果、サウナストーンを増やそうと考えた。

ということはサウナストーンを積むスペースの増築をしないといけない。それだけなら少ない材料で簡単にできるはずだ。石は現地で拾えばいいから無料。

対流熱が増す

サウナストーンを増量することで得られるメリットの1つが対流熱の上昇だ。対流熱というのは温められた空気が室内をぐるぐると対流することで部屋全体を暖める熱のことだ。

サウナストーンには対流熱を発生させる役割があるので、その量が増えればテントサウナ内の温度がより熱くなるはず。

ただこの知識は、よく参考にさせていただく「Saunology」先生の受け売りなので詳しく知りたい人はそちらのブログを読んでみてほしい。

ロウリュの効果が増す

正直これが1番期待できるところだ。ロウリュの水を蒸発させるのはサウナストーンなんだからその量が増えれば、たくさん水を掛けることができる。

必然的に発生する蒸気が増えて激アツになるというわけだ。これは勝ったな。

湿度が高いサウナは低いサウナと比べて、同じ室温でも体感温度が高くなる。すでに俺が使っているテントサウナは90度を超えるので、ロウリュによって身の危険を感じるほどの熱さになるのは間違いないはず。

改造前のテントサウナ

雪の中でやったテントサウナ

以前の記事でも紹介したけど俺のテントサウナは、外装がモルジュのサウナテントで、ストーブにホンマ製作所の薪ストーブを使っている。

モルジュ製品はテントサウナ用に開発されているので、言わずもがな物凄いパフォーマンスを発揮してくれている。10万円でも安いと思える代物だ。

そしてこちらが今回改造するストーブ。

ホンマ製作所の薪ストーブもかなりの高コスパ商品であることは間違いないんだけど、サウナ用ではなく、あくまでキャンプなどで暖をとる為に作られたものなんだ。

サウナという超高温空間を作り上げるには、どうしてもスペックが足りない。

ストーブ改造の手順

本当に作業自体は単純だから、これからテントサウナを熱くしたいと思っている人は安心してほしい。
材料も安価だ。まず用意するものは以下。

  • メッシュシート
  • 番線
  • 番線カッター

次に具体的な工程に移る。

ストーブをメッシュシートで囲う

工程としては以下の4つ

  • メッシュシートをストーブの大きさに合わせてカット
  • メッシュシートに煙突を出すために穴を開ける
  • 番線を使ってストーブ本体をメッシュシートで囲う
  • サウナストーンを詰めまくる

最初、ストーブの大きさにカットする時はストーブを組み立てた状態で高さを合わせた方がいい。
煙突の穴を開ける時も、煙突をメッシュシートに当てて、マーキングしないと穴が大きくなってしまって、サウナストーンが漏れ出てしまうから、ここは少し慎重にやってみてほしい。

工程の写真がほとんどなくて申し訳ないんだけど、後で完成した写真を見て察してほしい。

石を詰め終えた姿がこれ。

わかりにくいかもしれないけど、煙突部分のメッシュシートは丸くくり抜いている。

単純だけど、実践した時にこの改造がめちゃめちゃ効果を発揮した。めんどうな工程は必要ない。DIYは手間をかければいいってもんじゃないらしい。メッシュシートと番線とカッターを買うだけだからめっちゃ安いし工程も超簡単。



改造後のストーブ

自作テントサウナ①

素晴らしいフォルム。以前と比べてかなり迫力が増した、というかイカつくなった。初見でこれがストーブだと判別できる人はすごい。

他のテントサウナでこんなストーブ見たことない。

自分ではかなり期待できる見た目になったと思う。ロウリュが楽しみだ。

実際の使用感はikiストーブを超えた

この作業をした後、すぐに実践してみたんだけど、
火を入れて1時間ぐらいで体感100度ぐらいになった。ロウリュ前でこの熱さは脅威的。

ロウリュすると、勢いよく音を立てた。案の定死ぬほど熱い。というか熱すぎてロウリュしたらすぐ出てしまった。やばい。。。

静岡にある「サウナしきじ」の薬草サウナで起こるフィーバータイムより熱いかもしれない。
マニアックな例えで申し訳ない。分かる人には分かると思う。

サウナ施設では定番のikiストーブでロウリュするよりは明らかに熱い

しかも敷き詰められたサウナストーン全てが超高温になるのでどこに水をかけてもロウリュができるんだ。

今までは上の方に積まれたサウナストーンは瞬時に蒸気を発するほど熱くならなかったんだけど、これはストーブ横の輻射熱を余すことなく捉えられているから驚くほど熱効率がいい。

連続でロウリュしても全くぬるくならない。
そして今までロウリュできるほど熱くならなかった部分も、サウナ全体の温度が上がることで超高温になった。

相乗効果がすごい。
とんでもないモンスターを生み出してしまった。

当然、川水風呂との温度差は凄まじく、1セット目でととのってしまった。サウナには5分しか入ってなかったにも関わらずだ。

設営の労力は増えた

ストーブに積み上げるサウナストーンの量がほぼ3倍になったので、かなり労力が増えた。以前のサウナストーンの量でも1人だと30分はかかるぐらい多大な労力を費やしていたのに、今回の改良によって2人で設営しても30分以上時間がかかった。

多分、1人だとストーブに火を入れるまでに1時間以上かかると思う。というか1人だと確実に腰が死ぬ。

eyecatch-tentsauna-goods3
【失敗から学んだ】テントサウナで絶対用意すべき便利グッズ

続きを見る

テントサウナの可能性は無限大

テントサウナを自作している人,既製品のテントサウナを使っている人、両者ともに今後カスタムしていくことは可能だ。場所を問わず、ある程度自分の好きなようにサウナを楽しめるのがテントサウナの魅力。

熱いサウナが好きなら今回の様なカスタムをしてみるのもいいし、マイルドなサウナが好みなら温度を下げるために薪を減らしたりなんかしてみてもいいと思う。

テントサウナを楽しんでいる人、これから使ってみようと思っている人は、安全な範囲でどんどん自分の好きなようにカスタムしていってみてはいかがだろう

さらに熱くした

せっかくここまで読んでもらって申し訳ないんだけど、このあとさらに改良することに成功したんだ。

改良の様子を以下の記事でまとめているから、さらに熱くしたいって人は読んでみてほしい。

honma-stove-eyecatch
【自作テントサウナ】ホンマ製作所の薪ストーブで無限ロウリュする方法【改造】

続きを見る

おすすめ記事

eyecatch-travel-abroad-easily

【社会人が気軽に海外旅行に行くコツ】行けない理由はすべて言い訳【往復3万円】

1人海外旅行に初めて挑戦してから、去年は約半年で4回海外に行ったんだけど、海外旅行って実は気軽に行けるんだと気付いた。 それまでの俺は「忙しい社会人に海外旅行は無理」みたいなイメージを勝手に持っていたから、この気付きはかなり大きかった。 そこで今回は俺の実体験から、社会人が気軽に海外旅行に行くコツを、忙しい社会人に向けて解説していきたい。 社会人でも海外旅行に行ってみたいと思っている人は参考にしてほしい。 社会人は海外旅行ができないというイメージ この記事を読んでいる多くの社会人が、海外旅行なんて金のある ...

続きを読む

eyecatch-body-hot-water

全身お湯だけで洗うようになって感じたメリットとデメリット【洗顔と洗体】

湯シャンについてはいろんな所で語られまくっているけど、顔含め全身をお湯だけで洗うことに関してはなぜか情報が少ない。 そこで今回は全身をお湯だけで3ヶ月間洗い続けた俺が、それによって感じたメリットとデメリットを解説する。 顔と体の「お湯だけ洗い」に興味がある人はぜひ参考にしてほしい。 湯シャンの効果が絶大だった そもそも俺が全身のお湯洗いに目覚めたきっかけは、まごうことなく湯シャンにある。 過去の記事でも解説している通り、俺はもう1年半以上湯シャンを続けているベテラン湯シャニストで、その効果を文字通り肌で実 ...

続きを読む

eyecatch-bed-expansion

【シングルベッドをダブルに拡張する方法】フレーム交換の必要なし【DIY】

たまに行く旅行先でホテルの広いベッドに寝ると、翌朝の目覚めが明らかに違うと感じる。 これまで何度もホテル泊を重ねたあげく、30歳にしてやっと睡眠の質はベッドの大きさに直結すると気付くことができた。 そこで今回、自宅のシングルベッドを自作でダブルベッドに拡張したから、その方法を解説する。 広いベッドが欲しいと思っている人は参考にしてほしい。 今のベッド環境 今の俺は東京上野で1K5.5畳という激狭物件に暮らしている。 住めば都とはよく言ったもので、2年も住んでいるともはやこの狭さが心地良いとすら感じる。 と ...

続きを読む

eyecatch-60minutes-3set

【時短術】サウナ60分コースで3セットこなす方法【節約】

銭湯ならまだしもサウナ施設の入浴料は最近高すぎ。 サウナ入るだけで3,000円はいくらなんでも財布がもたない。 そこで今回は通常コースより安い60分コースでサウナ3セットをこなすために、俺が実践している時短サウナ入浴術を解説する。 短時間でお得にととのいたい人は参考にしてほしい。 60分だと通常2セットが限界 60分の入浴プランは、サウナ施設によって「ショートコース」とか「サウナ1時間」とか名称が違う。 60分という短時間勝負に挑んだ経験のある人ならわかると思うけど、着替えやドライヤーなどの支度を含めると ...

続きを読む

eyecatch-invite-sauna-tokyo

東京へ遊びに来た友達と一緒に行きたいサウナ【サウナ王国】

東京に住んでいると地元の友達が遊びに来たり、地方で働く友達の東京出張があったりと、誰かに東京を案内する機会が何気に多い。 中でも俺のことをサウナ好きだと知っている友人は、「お前のイチ推しサウナに連れてけ。」とハードル高めな要求をしてくるんだけど、こういう時に備えて俺にはいつも用意しているサウナがある。 そこで今回は、東京へ遊びに来た友達と一緒に行くべきおすすめサウナを、俺の独断と偏見で解説する。 遠くからはるばる東京へ来る友達に、なるべく良いサウナでおもてなししたい人は参考にしてほしい。 東京はサウナが多 ...

続きを読む

eyecatch-yarigatake-belongings2

【2泊3日テント泊】槍ヶ岳・大キレット縦走登山に持って行った物【装備】

8月のお盆休み真っ只中に大キレット経由で槍ヶ岳に登ってきた。 2泊3日にも及ぶ大掛かりな山行だったから、装備の選択にはそれなりに苦労したんだけど、ただ記憶にとどめておくのももったいないということで、記事として形に残しておきたい。 今後同じルートで登山する人の参考になればうれしい。 槍ヶ岳・大キレットのコースと行程 まずは今回の登山で実際に俺が辿ったコースを解説する。 上高地発着の周回ルート【総距離42.6km】 自然をありがたがる人達の観光地として有名な、長野県松本市の上高地を起点として反時計回りに槍ヶ岳 ...

続きを読む

eyecatch-rakuten-mobile2

【楽天モバイルを海外で使ってみた感想】遅いけど普通に使える【海外ローミング】

楽天モバイルを使い始めて早3年が経過した。 今年になって海外旅行に行く機会が急に増えたんだけど、俺の通信手段は日本でも海外でも楽天モバイルのみ。 そこで今回は俺が実際に韓国・タイ・フィリピンで楽天モバイルを使ってみた感想について解説する。 【結論】海外でも普通に使える 最初に書いてしまうけど、これが結論。 そりゃ楽天公式が使えるって言ってるんだから当然って話なんだけど、実際に使ってみて感じる問題点なんかもあったから、この記事ではその辺を詳しくまとめる 今の主流は海外ローミング まず海外旅行にこれから行こう ...

続きを読む

eyecatch-hotwatrer

湯シャンのやり方と初期のベタつきを乗り越える方法【最初が肝心】

29歳の夏から湯シャンを開始して1年がたった。 今や完全にお湯だけで頭を洗う湯シャニスト完成体と化した俺だけど、ここまで来るのにそれなりの苦労と挫折を経験してきている。 そこで今回は俺が実践している湯シャンのやり方と継続のコツを解説する。 湯シャンを始めたいと思っている人はぜひ参考にしてほしい。 湯シャンを1年間続けて感じたメリットとデメリットは以下の記事でまとめている。 湯シャンに必要なアイテム まずは湯シャンを始めるにあたって俺が用意した物を解説する。それが以下。 この2つだけ。 湯シャンでせっかくシ ...

続きを読む

-テントサウナ, テントサウナDIY