(景品表示法に基づく表記) 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

テントサウナ テントサウナDIY テントサウナのコツ

【やめとけ】テントサウナの自作をおすすめしない理由5つ

2021年4月26日

eyecatch-tentsauna-diy-nogood

大自然の中でととのう姿をSNSで見て、テントサウナに憧れるサウナ好きは多い。

俺もそんなサウナ好きの1人で、憧れのあまり、つい最近テントサウナの自作に挑戦したんだ。

ただ、実際にやってみて自作テントサウナは全くおすすめしないと心底思った。

そこで今回はその理由について解説したい。

テントサウナを自作する方法については以下の記事で解説している。


チアキ
チアキです。X(Twitter)TikTokもやっています!【お問い合わせ】【プロフィール】

テントサウナは値段が高すぎ

bill-money-man

テントサウナのブランドといえば、上の写真にあるモルジュなんかが有名なんだけど、そのお値段なんと20万円。

確かにテントサウナは素晴らしい非日常体験だけど、20万円でそれを買おうと思える人はまずいない。販売対象から完全に庶民を除外している。

もちろん俺にもそんな金があるはずがない。そもそもテントサウナに20万円も出せるなら、せこせこブログなんてやらずに、海外のリゾートで毎晩パーリーしている。

自作のきっかけはレンタル

mobiba-tentsauna

そこで、金のない俺が目をつけたのが、テントサウナのレンタルサービスだったんだ。

当時住んでいた愛知県で「テントサウナ レンタル」でググったら見事ヒット。

個人でレンタルしている所だったんだけど、すぐメールしてモビバという以下のテントサウナを借りることに成功した。

さっそく岐阜県の清流である長良川上流で使ってみたんだけど、それはもう今までにない感動だったんだ。

eyecatch-gifu-tentsauna-spot2
【持ち込み】岐阜県でテントサウナができる場所おすすめ2選【無料】

続きを見る

至福のテントサウナ初体験

gaikiyoku

独り占めしたサウナで好きなだけロウリュし、青く透き通った川に飛び込んで、誰もいない大自然の中、鳥の鳴き声や川のせせらぎを聞きながら外気浴。そしてととのう。

まさに至福の時間。

使ってみてわかったんだけど、テントサウナはその辺の銭湯サウナより全然熱い。俺がやった時期は外気温10度だったけど、テント内の体感温度は90度ぐらい。テントサウナすごすぎ。

他に、サウナ好きで有名な芸人の藤森慎吾氏が愛用する「モルジュ」というテントサウナにいたっては、100度を余裕で超えるスペックをしている。

自分で作れるかも

mobiba-tentsauna2

ただ、このテントサウナ、漠然と見ていると素人目には比較的単純な作りをしているように見えた。

構造的には、布で隔てた空間に薪ストーブを置いているだけ。

それで本格的なサウナ施設と同等・・いやそれ以上のサウナが完成してしまっている。

もしかしたらコレ、自分で作れるんじゃね?

と俺は考えた。

テントサウナを買うとなると、諸々合わせて20万円以上かかるけど、自作なら簡単に見積もって3〜4万円。

お値段5分の1以下やん。そこで決めた、金のない俺がテントサウナをし続けるには自分で作るしか道はないと。

しかし、実際に作ってみると大きな間違いだったことに後から気づいたんだ。

自作テントサウナをおすすめしない理由

tentsauna-diy

俺が実際に挑戦してみて気づいた、自作テントサウナをおすすめしない理由が以下。

  • 断熱性が足りない
  • なんだかんだ既製品より高くなる
  • 荷物がかさばる
  • 設営に時間がかかる
  • 安全性が低い

それぞれ解説していく。

断熱性が圧倒的に足りない

cold-man

自作テントサウナの宿命。自作の欠点は断熱性能の低さに尽きるといっても過言ではない。

断熱性とは簡単にいうと、熱を空間内に閉じ込める性能のこと。テントサウナ制作では断熱性をいかに高めるかが至上命題になると考えてほしい。

断熱性が低いことで生じるデメリットは以下の通り。

  • すぐに温度が下がる
  • ロウリュができない

すぐに温度が下がる

thermometer

サウナのようにガンガンに汗をかけるような温度にするには、たくさん薪が入る大きいストーブを設置して、かなり頻繁に薪をくべ続けなければならない。

要するに15分ぐらいの外気浴が終わって2セット目に入ろうとしたら、もうテント内はほんのり暖かいぐらいの室温にリセットされてしまっているんだ。

そしてまた初めから温め直すから1セットにかなり時間がかかる。普通に30分以上かかっていたと思う。

eycatch-firewood-amout
テントサウナで必要な薪の量とおすすめの薪を解説【燃料切れ回避】

続きを見る

eyecatch-temperature-low
テントサウナの温度が上がらない5つの原因と対策法【熱くなれよ】

続きを見る

ロウリュができない

sauna-storn

さらに厄介なことに、断熱性が低いとストーブに積んだサウナストーンも十分に温まらないからロウリュが機能しない。

1度水をかけてからストーンが復活するまで何10分もかかってしまうんだ。

これサウナ好きにとってかなりキツくないだろうか?

目の前に大量のサウナストーンが積まれているのにロウリュできないなんて、眼の前の餌を我慢させられている飼い犬と同じ。

可愛そうな飼い犬の気分を味わいたい崇高な人はこの記事の読者にはいないだろう。

さらに、断熱性が低いと頑張っても50〜60度ぐらいまでしか温度が上がらないから、俺が自作したテントサウナを初めて試した時は全く満足できなかった。

ロウリュして何とか「サウナかな?」ってレベル。

honma-stove-eyecatch
【自作テントサウナ】ホンマ製作所の薪ストーブで無限ロウリュする方法【改造】

続きを見る

自作の定番はタープテント

タープテントは下の画像のような、4本の支柱に天幕を張ったテント。

tarptent

「テントサウナ 自作」で検索すると、多くのネット記事でタープテントを加工する方法について解説されている。

俺も一度タープテントで作ったけど、足元の隙間風がすごいんだアレ

それにやっぱり断熱性が足りないから全然暖まらない。結果、すぐ断念することになってしまったんだ。

こういうキャンプ用品って、そもそもサウナ用に作られているわけじゃないから、テントの素材に断熱性能がまったくと言っていいほど無い。

ストーブでテント内を暖めても、温かい空気がドンドン外に逃げてしまうんだ。

寒い冬に暖をとるにはちょうどいい温度になるけど、ストーブでのんびりぬくぬく暖まるためにテントサウナを作ったわけじゃない

俺達が求めているのはサウナだ。

これでは汗をかけない。

なんだかんだ既製品より高くなる

tentsauna-hisui-beach

やはりサウナ好きたるもの使っていく内により熱く、そしてより快適にしたいと考えるようになる。

そうなると設備投資によって、どんどん費用がかさむ。

俺の場合、もともと持っていたキャンプ用品を使ったりもしたら多少安上がりだったけど、それでも最初にかかった費用は全部で4万円強だった。

そこからというもの、俺は熱さを求めてテントを買い替えたり、ストーブに細かい改良を加えたりして結局、最初の費用と合わせて15万円ほどかけるハメになってしまった

そこまでやっても既製品のクオリティには敵わなかった

今のところ現状で落ち着いてはいるけど、まだまだ改良したいと思う点はたくさんある。そういうところに手を加えるとどう考えてもあと2〜3万円はかかると思う。

徐々にふくらんでいく費用を見ていて、俺は思った。
最初からテントサウナ買った方が安かったやん。と。

これがメーカーの既製品だったら完成されたクオリティだから、最初から手を加えようとは思わなかったはず。

荷物がかさばる

mobiba-tentsauna3

引用元:THE FIRESIDE COMPANY

上の画像はモビバ社が製造販売している「バックパックサウナ」という商品。

名前の通り登山にも持っていけそうなサイズ感。自作テントサウナもこれぐらいコンパクトに持ち運べたらいいんだけど、現実は甘くない。

車の荷室がパンパンになる

carrier-car

まずテントとストーブがまったく別の商品だから、まとめて1つのバックに収納とか絶対無理。だからそれぞれ手に持って運ばないといけないんだけど、それでは両手が塞がる。

車へ積み込むにしても小さい軽自動車なんかだと、トランクがテントとストーブだけでいっぱいになってしまうぐらいに、とにかく荷物の体積が大きい。

しかもテントサウナはテントとストーブだけあればいいってわけでもない。他にもバケツや椅子など周辺グッズを積載するスペースが車内に必要になるんだ。

自宅にも保管場所が必要

その上、ずっと車に積んでおくわけにもいかない。そうなると、今度は自宅で保管する場所を確保しないといけない。

これでは、とにかくテントサウナに生活を侵食されてしまう。このあたりのデメリットや対応策は以下の記事で詳しくまとめているから、よかったら参考にしてほしい。

eyecatch-important-point2
【テントサウナ購入前に知っておきたい注意点】ご利用は計画的に

続きを見る

テントサウナに必要な周辺グッズは以下の記事で解説している。

設営に時間がかかる

clock-woos

設営の効率まで考えて設計された既製品と違い、自作したテントサウナはサウナができあがるまでにかなり時間がかかる。

既製品は設営が超簡単

振り返ってみると、モビバのテントサウナは設営までの手順が本当に楽だった。

普通のキャンプ用テントを組み立てるのと同じぐらい簡単に組み立てられるから感動した覚えがある。

一方で自作の場合、特にストーブは自分で付け加えたアイテムを取り付けたり、サウナストーンを積み上げたりと本当に手間がかかる。

自作の設営時間は既製品の4倍

4-finger-man

俺の場合、上で貼ってある写真を見てもらってもわかるようにサウナストーンを入れているカゴやストーブを囲む金属のメッシュシート等、毎回組み立てるのに骨が折れる。

サウナの温度にこだわり過ぎた結果なのはわかってる笑

このストーブを組み立てるだけで20分ぐらいかかるんだ。既製品だと、ストーブ本体を置いて煙突を組み立てるだけだから、5分ぐらいで完成した記憶がある。

テントサウナの設営・撤去を効率的にするグッズは、下記の記事で紹介しているのでよかったら参考にしてほしい。

安全性が低い

safety-signboard

テントサウナはテント内で火を扱うという点において、キャンプ上級者向けのアウトドア。

当然、安全には細心の注意を払わないといけないんだけど、自作は安全面にも不安が残る。

繰り返しになるけど、サウナに使うことを想定されていないから、テントへの引火やストーブの転倒といった火災、さらには一酸化炭素中毒など危険が満載。

安全第一の使用が求められる

自作する以上、安全に配慮した設計をするのはもちろんだけど、素人のDIYでは小さなリスクまで排除するのは限界がある。

自作テントサウナを使用する時は、周囲に気を配り、できるだけ事故の起こらないように使用してほしい。

サウナで本当の意味で昇天してしまっては元も子もない。

軽い気持ちで自作するのはマジでおすすめしない

tentsauna-diy2

俺の場合、自分でサウナを作り上げる達成感を楽しめたり、ブログのネタにできたからまだ良かったけど、多くの人は後悔すると思う。

もし「安くテントサウナできるなら。」という安易な気持ちで挑戦しようとしているなら、俺のように失敗して、十中八九後悔するだろうからマジでおすすめしない。

金による解決も時には重要

bill-money

もしこの記事を最後まで読んでもらって、ここに書いてあるデメリットが少しでもキツイと感じるなら、大人しくモビバやモルジュのテントサウナを購入してもらった方がいいと断言できる。

コスパもいいけど、品質があってこそのコスパ。品質も安全性も機能性も金で買えてしまう。

やはり専門の企業様が考えた商品はよくできていると言わざるをえない。

そりゃ、素人がちょっと考えてDIYできるようなシロモノだったら商品化する意味がない。

やってみないと分からないこともある

tentsauna-diy3

ただし、あくまでやるかやらないかは自分次第。もし自作に挑戦される気概のある方は、最後まで諦めず頑張ってほしい。

自作テントサウナに挑む仲間として陰ながら応援している。テントサウナに関するノウハウや経験談はすべて記事にして解説しているから、役立ててくれたらうれしい。

それでは快適なサウナライフを!



テントサウナをしている様子は、TikTokで配信しています。

 

@chiaki.musaretai

おすすめ記事

eyecatch-60minutes-3set

【時短術】サウナ60分コースで3セットこなす方法【節約】

銭湯ならまだしもサウナ施設の入浴料は最近高すぎ。 サウナ入るだけで3,000円はいくらなんでも財布がもたない。 そこで今回は通常コースより安い60分コースでサウナ3セットをこなすために、俺が実践している時短サウナ入浴術を解説する。 短時間でお得にととのいたい人は参考にしてほしい。 60分だと通常2セットが限界 60分の入浴プランは、サウナ施設によって「ショートコース」とか「サウナ1時間」とか名称が違う。 60分という短時間勝負に挑んだ経験のある人ならわかると思うけど、着替えやドライヤーなどの支度を含めると ...

続きを読む

eyecatch-invite-sauna-tokyo

東京へ遊びに来た友達と一緒に行きたいサウナ【サウナ王国】

東京に住んでいると地元の友達が遊びに来たり、地方で働く友達の東京出張があったりと、誰かに東京を案内する機会が何気に多い。 中でも俺のことをサウナ好きだと知っている友人は、「お前のイチ推しサウナに連れてけ。」とハードル高めな要求をしてくるんだけど、こういう時に備えて俺にはいつも用意しているサウナがある。 そこで今回は、東京へ遊びに来た友達と一緒に行くべきおすすめサウナを、俺の独断と偏見で解説する。 遠くからはるばる東京へ来る友達に、なるべく良いサウナでおもてなししたい人は参考にしてほしい。 東京はサウナが多 ...

続きを読む

eyecatch-yarigatake-belongings2

【2泊3日テント泊】槍ヶ岳・大キレット縦走登山に持って行った物【装備】

8月のお盆休み真っ只中に大キレット経由で槍ヶ岳に登ってきた。 2泊3日にも及ぶ大掛かりな山行だったから、装備の選択にはそれなりに苦労したんだけど、ただ記憶にとどめておくのももったいないということで、記事として形に残しておきたい。 今後同じルートで登山する人の参考になればうれしい。 槍ヶ岳・大キレットのコースと行程 まずは今回の登山で実際に俺が辿ったコースを解説する。 上高地発着の周回ルート【総距離42.6km】 自然をありがたがる人達の観光地として有名な、長野県松本市の上高地を起点として反時計回りに槍ヶ岳 ...

続きを読む

eyecatch-rakuten-mobile2

【楽天モバイルを海外で使ってみた感想】遅いけど普通に使える【海外ローミング】

楽天モバイルを使い始めて早3年が経過した。 今年になって海外旅行に行く機会が急に増えたんだけど、俺の通信手段は日本でも海外でも楽天モバイルのみ。 そこで今回は俺が実際に韓国・タイ・フィリピンで楽天モバイルを使ってみた感想について解説する。 【結論】海外でも普通に使える 最初に書いてしまうけど、これが結論。 そりゃ楽天公式が使えるって言ってるんだから当然って話なんだけど、実際に使ってみて感じる問題点なんかもあったから、この記事ではその辺を詳しくまとめる 今の主流は海外ローミング まず海外旅行にこれから行こう ...

続きを読む

eyecatch-hotwatrer

湯シャンのやり方と初期のベタつきを乗り越える方法【最初が肝心】

29歳の夏から湯シャンを開始して1年がたった。 今や完全にお湯だけで頭を洗う湯シャニスト完成体と化した俺だけど、ここまで来るのにそれなりの苦労と挫折を経験してきている。 そこで今回は俺が実践している湯シャンのやり方と継続のコツを解説する。 湯シャンを始めたいと思っている人はぜひ参考にしてほしい。 湯シャンを1年間続けて感じたメリットとデメリットは以下の記事でまとめている。 湯シャンに必要なアイテム まずは湯シャンを始めるにあたって俺が用意した物を解説する。それが以下。 この2つだけ。 湯シャンでせっかくシ ...

続きを読む

eyecatch-water-showerのコピー

20代男性が湯シャンを1年間続けた結果【メリットとデメリット】

ちょうど去年の夏から完全に湯シャンへ移行し丸1年が経過した。当時の年齢が29歳だったからおそらくタイトルに嘘偽りはない。 今回は去年から現在にかけて、お湯だけで頭を洗ってきた俺が、この1年の結果を振り返り湯シャンのメリットとデメリットについて解説しようと思う。 湯シャンに挑戦しようと考えている人や湯シャン自体に興味がある人は参考にしてほしい。 湯シャンを1年間続けて感じたメリットは5つ 俺が湯シャンを継続して感じたメリットは以下の通り。 それぞれ解説していく。 夏でも髪がベタつかなくなった これはここ最近 ...

続きを読む

eyecatch-carnaitionsauna

【カーネーションサウナの感想】価値観が崩壊するサウナ【タイ・バンコク】

先日始めてバンコク旅行に行ってきて、時間が余ったから現地のサウナに入ってみたんだけど、そこには日本では見られない面白い光景が広がっていたから感想をまとめたい。 バンコクに旅行する予定がある人やタイに住んでいる人はぜひ参考にしていほしい。 南国はサウナが少ない サウナがよっぽど好きでもなければ、わざわざ海外旅行で現地のサウナに入ろうとする人はいないと思う。 とはいえ俺みたいに1人で海外に行って時間を持て余すサウナ好きだっていてもいい。 そんなサウナジャンキーにとって海外のサウナ事情はけっこう深刻。フィンラン ...

続きを読む

eyecatch-bomata

【BOMATA 温度計レビュー】地味に役立つテントサウナのお供【川の水風呂】

水風呂の温度はサウナの良さを判断する上で重要な指標。 信じられないほど冷たい水風呂に入って、その水温を確かめるために温度計を覗き込んだ経験は誰しもあると思うんだけど、当然ながら川や湖に水温計は設置されていない。 ということで、今回は俺がテントサウナで川の水温を測るのに使っているBOMATAの温度計をレビューする。 テントサウナでは川の水温が気になる サウナ施設にある水風呂ならいざ知らず、自然が形成する川や湖の水温は季節や天候によって大きく変化する。夏は20度を超えるのに、冬は5度を下回ったりもする。 特に ...

続きを読む

-テントサウナ, テントサウナDIY, テントサウナのコツ