(景品表示法に基づく表記) 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

ブログ月次報告

【月刊ムサレタイ12月号】好奇心こそ人生の原動力

eyecatch-2312

11月はサイトのリニューアルに取り組んでいたおかげで、1本も記事を投稿できなかった。

丸1ヶ月かけていろんな不具合と格闘したけど、ようやくサイトとして形にはなったと思うから、ぼちぼち記事の執筆を再開する。

今回の月次報告ではこの1ヶ月でムサレタイがどう変わったか、そして俺が何をしていたかについて報告していく。

前回の月次報告は以下。

eyecatch-2310
【月刊ムサレタイ10月号】書きたい記事より読まれる記事

続きを見る

チアキ
チアキです。X(Twitter)TikTokもやっています!【お問い合わせ】【プロフィール】

11月のアクセス/PV/記事数

2311-pv

PV/月投稿数/月累計記事数
23年11月8,134094
23年10月14,281394
23年9月22,752191
23年8月20,835290
23年7月19,419488
23年6月18,853384
23年5月22,600381
23年4月21,370378
23年3月23,907475
23年2月19,314271
23年1月18,765369
22年12月13,254466

11月のPVは激減して1万PVを下回る始末。

後述するけど、理由がわからないものから俺の人為的なミスなど、いろんな要因が重なった結果、11月のアクセス数はボロボロになってしまった。

リニューアル中もブログは常に公開済

リニューアル中はブログを閉鎖してたの?って思われるかもしれないけど、情けないことに1秒も閉鎖することなく公開し続けていた。にも関わらずこの結果だから笑えない。

具体的には、サーバー内でまったく同じデザインのデモサイトを作成し、そのデモサイトでリニューアル作業を施した後、オリジナルのサイトとデモサイトを入れ替えた。

つまり外から見れば今まで通りムサレタイは普通に運営されていて、その水面下で俺は作業を続けていたんだ。

アクセスが激減した理由

graph-down

じゃあこの1ヶ月でムサレタイに何があったんだって話だけど、実は10月からアクセスは減り続けていた。

その原因として考えられるものが以下。

  • Googleのコアアップデート
  • 動画ページがindexされなくなった
  • 【致命的】記事の半数がno indexになってた

Googleのコアアップデート

google-smartphone

多くのブロガーを毎回泣かせているGoogle検索のアルゴリズムアップデート。それが10月に行われたらしく、ムサレタイの記事も微妙に検索順位を下げた。

ただ、コアアップデートに関する影響は微々たるものであり、正直大したダメージを食らっていない。原因は別にある。

記事内の動画がindexされなくなった

これは俺がムサレタイの大幅アップデートに踏み切った最大の理由。

ある日突然Googleから「動画がビューポートの外側にあります」という警告がきた。

serchconsole-alert

そのたった数日後、YouTube動画を埋め込んでいた記事がインデックスされなくなり、アクセスがほぼなくなってしまったんだ。例えば以下の記事。

headphone-woman-eyecatch
【サウナで聴くべき音楽】耳からととのう究極のチルアウト【サ道】

続きを見る

調べて見るとどうやらGoogle様から見た時、記事に埋め込んだ動画がページからはみ出しているらしく、ちゃんと見やすいようページ内に収めろよってことらしい。

そこで1週間以上ネットで対処法を調べて、いくつも実践したけど、結局解決できなかった。

【致命的】記事の半数がno indexになってた

これは完全に俺のミスなんだけど、デモサイトを作成した際に、作業中は検索結果に表示されないようnoindexの設定をしていて、オリジナルサイトへ移行した後もその設定を元に戻していなかった。

wordpress-appear

結果、94記事のうち半数が検索にひっかからない状態になってしまい、検索からのアクセスがどん底に落ちた。

デモサイトから移行したのが11月20日頃で、noindexを直したのが11月末。この記事の執筆時点ではまだ全然検索順位が戻っていない。

とはいえ、これはいずれ元に戻るだろうからそこまで悲観しなくていいはず。

ワードプレステーマを乗り換えた

wordpress

何度もリニューアルと書いてきたけど、具体的にはWordPressテーマを移行した。

以前の月次報告でも書いた通り、WordPressテーマの移行はずっと考えていて、今回のアクセス減がサイト改善のいい機会ってことで移行に踏み切った

選んだテーマはAFFINGER6EX

AFFINGER6EX1

AFFINGERを選んだ理由は超単純。

トーマスガジェマガという俺がブログをやるきっかけとなった人が使っているテーマだったから。

ブログ続けて2年経つけど、今でも俺はその人を参考にしていて、少しでも近づくためにいっそ同じテーマを使ってみたいと考えた。

AFFINGER6EXは高い

money-disappear

だったら最初からAFFINGER使っとけよって感じがするけど、ムサレタイ開設当初の俺には、高額な初期投資をする勇気がなかった。

ただ、今考えてもそれは当たり前だ。だって続くかわからないブログにいきなり4万円も突っ込める人ってそんなに多くない。

ブログを知らない人のために一応補足すると、WordPressテーマの中でもAFFINGER6EXはかなり高額な部類。

とはいえ今回安くないお金を突っ込んでしまった以上、その効果が実感できるまで俺はブログをやめるわけにはいかなくなった。

前のテーマはTHETHOR

thethor

ムサレタイで今まで使っていたのはTHETHORというテーマ。

SEOに強く、多機能ですぐれたテーマだと思う。実際、ムサレタイの記事は狙ったキーワードで何度も検索結果の上位をとっていた。

THETHORはアップデート頻度が低い

angry-man-pc

THETHOR自体はすばらしいテーマだと思うんだけど、いかんせんアップデートがまったく施されない。

最新のアップデートが2023年4月。これはいいんだけど、その前が2021年。これはつまり今年4月にアップデートするまで2年も放置されていたってこと。やる気あんのかってレベル。

おかげで未だに、ブログに埋め込むSNSアイコンにTikTokが対応してないし、Xも旧ツイッターアイコン(小鳥)になっている。

SNSをはじめ、ネットの世界は移り変わりが激しいからアップデートが遅いのは致命傷になるんじゃないかっていうのがTHETHORから乗り換えを決意した最も大きな理由。

THETHORの機能が物足りなくなった

thethor

多機能で知られるTHETHORだけど、2年もブログをやっていると、サイトのいじりたい部分が細かくなってきて、テーマ標準の機能だけでは不十分になってきた。

例えば、他の記事のリンクをカード形式で貼った時に

thethor-sitecard2

このままだと広告と間違われてクリックしてもらえない可能性があるから、下のところに「続きを読む」というボタンを入れたかったんだけど、THETHORにその機能はない。

CSSというコードを追記すればできなくもないけど、コードの追記はサイトの表示速度悪化に直結するからできればやりたくなかった。

細かいけど、こういった不満がいくつも目につくようになってしまったんだ。

テーマ移行で変わったこと

musaretai-new

以前のムサレタイを知っている人からすると、そんなに変わってなくねって思うかもだけど、それは俺が以前の外観をできる限り踏襲したせい。

以前の外観は俺の完成形

musaretai-old

せっかくリニューアルしたのにって感じだけど、そもそも以前のデザインは俺が2年かけて洗練してきたデザインだから、あれでほとんど完成しているんだ。

だから大きい部分は変える必要がない。見た目で変わったのは本当に細かい部分だけ。

主な変更点

まずサイトのイメージカラーであるカーキ色を少し明るくして、立体感を出すためにグラデーションを加えた。

musaretai-new-color

これはサイトを訪れた時により明るい印象を持ってもらうため。さらにメニューのボタン部分が立体的になっていればクリック率が上がるのではないかと考えた。

さらにヘッダーメニュー下に写真付きのボタンを設置。

musaretai-new-button

カテゴリーページへのリンクになっているんだけど、写真付きボタンにすることで文字のみのボタンよりは読者の興味を引けるハズ。

あと、細かいけどおすすめ記事スライドショーの下に「続きを読む」ボタンが追加された。

eyecatch-60minutes-3set

2024/1/27

【時短術】サウナ60分コースで3セットこなす方法【節約】

銭湯ならまだしもサウナ施設の入浴料は最近高すぎ。 サウナ入るだけで3,000円はいくらなんでも財布がもたない。 そこで今回は通常コースより安い60分コースでサウナ3セットをこなすために、俺が実践している時短サウナ入浴術を解説する。 短時間でお得にととのいたい人は参考にしてほしい。 60分だと通常2セットが限界 60分の入浴プランは、サウナ施設によって「ショートコース」とか「サウナ1時間」とか名称が違う。 60分という短時間勝負に挑んだ経験のある人ならわかると思うけど、着替えやドライヤーなどの支度を含めると ...

続きを読む

2024/1/22

【GB350にデイトナのUSB電源を取り付ける方法】モバイルバッテリーは使うな

ツーリング中のナビは完全にグーグルマップに依存しているから、長期ツーリングではスマホの充電が死活問題。 今までは上着のポケットに忍ばせたモバイルバッテリーから、充電ケーブルを伸ばしていたんだけど、モバイルバッテリーをいちいち携帯するのがめんどくさい。 そこで今回はツーリング時の充電事情を改善すべく、俺の愛車GB350にUSB電源を取り付けたから、その方法を解説する。 USB電源取付に用意する物 GB350へのUSB電源取付に今回用意した物が以下。 ビニールテープ・ドライバー・六角レンチは百均でOK。 デイ ...

続きを読む

eyecatch-seatbag

2024/1/14

【タンデム可】GB350のリアキャリアにシートバックを装着する方法

バイク用のシートバックは、名前の通り後部シートに装着するのが基本。そうなると必然的にタンデム(2人乗り)はできなくなる。 考え抜いた結果、リアキャリアにシートバックを装着することで、タンデムと荷物の積載を両方実現したからその方法を解説していく。 GB350でタンデムツーリングを考えている人は参考にしてほしい。 GB350の乗り出し価格をまとめた記事は以下。 リアキャリアへのシートバック装着に必要な物 今回、GB350のリアキャリアへシートバックを装着のに用意した物が以下。 リアキャリアは出費を抑えるために ...

続きを読む

eyecatch-GB350-price

2024/1/8

【GB350新車乗り出し価格】中型バイクの値引きは激ムズ【バイク所有】

東京に住み始めてから、バイクはたまにレンタルで乗る程度だったんだけど、立ちゴケのリスクと時間的制約を理由に、所有する方向へ切り替えた。 選んだのはホンダのGB350。 購入に踏み切ってから1ヶ月、とうとう納車に至ったから、改めて今回の新車バイク購入にかかった費用を振り返ってみる。 GB350の新車購入を考えている人は参考にしてほしい。 GB350の乗り出し価格は638,780円 車両価格 561,000円 法定費用 17,730円 諸費用 33,530円 オプション代 26,520円 総額 638,780 ...

続きを読む

eyecatch-invite-sauna-tokyo

2023/12/23

東京へ遊びに来た友達と一緒に行きたいサウナ【サウナ王国】

東京に住んでいると地元の友達が遊びに来たり、地方で働く友達の東京出張があったりと、誰かに東京を案内する機会が何気に多い。 中でも俺のことをサウナ好きだと知っている友人は、「お前のイチ推しサウナに連れてけ。」とハードル高めな要求をしてくるんだけど、こういう時に備えて俺にはいつも用意しているサウナがある。 そこで今回は、東京へ遊びに来た友達と一緒に行くべきおすすめサウナを、俺の独断と偏見で解説する。 遠くからはるばる東京へ来る友達に、なるべく良いサウナでおもてなししたい人は参考にしてほしい。 東京はサウナが多 ...

続きを読む

スライドショーはパッと見た時に広告と思われてスルーされる可能性があるから、このボタンはけっこう重要。

細かくあげれば他にも変わったところは無数にあるんだけど、キリがないし専門的な内容が含まれるから、これ以上は省略する。以前から読んでくれていた人は、ブログを見ながら気づいてくれたら嬉しい。

AFFINGER6EXはできることが多すぎ

AFFINGER6

機能性を求めてTHETHORからAFFINGER6EXに乗り換えたわけだけど、その期待通りAFFINGERではできないことがないってぐらい機能が充実するようになった。

むしろ機能が多すぎて、今の俺ではまだ全然使いこなせていないのが正直なところ。

とはいえ、そのあたりの細かい機能はブログを運営していく中で、徐々に実装していく予定。

安いWordPressテーマではないけど、これから本気でブログを始めたいと思っている人はとりあえずAFFINGER6EXにしとけば間違いはないから、ぜひ導入を考えてほしい。

【GB350】新車でバイクを買った

GB350-1

前回の月次報告でバイクを買いたいって言ったんだけど、あれからすぐ購入に向けて動き出し、3週間ほどで納車までこぎつけた。我ながら素晴らしい行動力。

買ったのはホンダのGB350という排気量350ccのネイキッドバイクで、2021年に発売された比較的新しい車種。

no image
kitchen-heiter

続きを見る

シンプルかつクラシックな見た目

GB350-2

GB350の魅力は何といっても、これこそザ・バイクって感じのシンプルかつ古めかしい外観。

仮面ライダーみたいなフルカウル車もかっこいいけど、俺は丸いヘッドライドむき出しで走る昔ながらのネイキッドバイクが好み。

正直ほぼ見た目で選んだけど、車と違ってバイクなんて所詮は趣味の乗り物だから、見た目さえ良ければそれでいい。要は自分が満足できるかどうかが大事。

GB350は251cc〜クラスで今最も売れてるバイク

GB350-3

バイクの人気車種といえば、ホンダのレブル250が有名。

二輪免許取得前、バイクにまったく詳しくなかった俺でもレブルの名前だけは知っていたぐらいだから、その人気はすさまじい。

そんなレブル一強のバイク業界だけど、251cc〜クラスではGB350が新車販売台数では1位。

俺が購入したホンダのディーラーでも、営業マンが「ウチではレブルより今はGBの方が売れている。」って言っていた。それぐらいGB350は今勢いがあるらしい。

人と同じバイクはむしろメリット

それだけGBが人気ってことは、ツーリング先で自分と同じバイクに遭遇する確率が高いってことになる。

バイクに限らず服やアクセサリーなど、他人と被るのを異常に嫌がる人がたまにいるけど、俺はむしろメリットだと思っている。

確かに個性が表現できないって側面はあるかもしれないけど、他人が選んでいるってことはその車種に対する信頼度の証明になる。Googleマップで評価の高い飲食店はだいたい美味しいのと同じ。

人気車種は情報が多い

pc-woman-smile

なによりGB350はとにかくたくさんの人が乗っているから、何か知りたいことがあればGoogleやYouTubeで検索をかけると、いくらでも情報がタダで手に入る。

おかげでGB350のカスタムは、ネットの情報をもとに自分の手である程度できてしまう。

わざわざディーラーへバイクを持ち込んで高額な工賃を支払う必要もないから、めちゃくちゃお得。しかも安い社外パーツが腐るほど販売されている。

これがほとんど乗っている人のいないマイナーな旧車だと、ほぼ情報がないから自分でカスタムしようにもかなり骨が折れるし、パーツ自体の数が少ないから値段が高くなりやすい、

今の中古バイクは新車より高い

信じられないかもしれないけど、今のバイク市場では中古価格が新車価格を上回るっていうとんでもない事態になっている。

車だと断然中古派の俺は、バイクも本当は中古で安く買いたかったんだけど、昨今の異常な中古バイクの値上がりによって、今回新車で買わざるを得なかった。

今中型バイクの購入を考えている人も、今は中古でなく新車で買うのがおすすめ。大型バイクだったら中古でいいと思う。

東京のバイク所有は維持費がヤバい

Tokyo-marunouchi

わかっていたことだけど、東京のバイク所有は思った以上に維持費がかかる。今回実際にバイクを購入して現実を突きつけられた。

1番大きいのは駐輪場代。俺の住んでいる台東区ではバイクの月極駐輪場代が屋根無しでも月7,000円以上。屋根付きだと8,000円を超える。

年間だと約10万円。ヤバすぎ。

23区内の移動は電車とバスがやっぱり最強

改めて考えると23区内において、電車と地下鉄で行けない場所はないし、ちょっと駅から離れた場所でもバスが走っている。

しかも最近は乗り捨て可能なレンタサイクルや電動キックボードのポートが、都内のいたる所で整備されているから、公共交通機関すら必要ない。

そんな中、自ら都内の渋滞に巻き込まれながらバイクで移動するなんて無駄の極みだし、出先で駐輪場代を払うのもバカバカしすぎる。

趣味にお金を使えるのは幸せ

money-woman

それでも俺はバイクを買ってよかったと思っている。

なぜなら今この時が1番バイクを乗り回せる時だから。

年をとればロングツーリングが身体的にキツくなるだろうし、結婚すれば金銭的に無理ができなくなる。

好きなバイクに乗っていろんなところに行く体力がある今、自分のバイクで走れるのは幸せ。

金はあくまで人生の満足度を上げる手段であって、金自体が人生の目的ではないってことを、今回のバイク購入で実感できた。

好奇心こそ人生の原動力

GB350-4

11月はまったく更新できなかったし、アクセスも激減したけど、ずっと後回しにしていたWordPressテーマの変更ができた。

正直このテーマ変更が吉と出るか凶と出るかは、まったくわからない。

4万円の出費は痛かったけど、やらなかったら恐らく永遠にモヤモヤしていたと思うから、無事テーマ移行が完了した今すごく達成感が得られている。

それにAFFINGER6EXはずっと気になっていたテーマだから、ついに自分のブログへ実装できて嬉しくもあり、今後どのようにブログが変わっていくか楽しみでもある。

興味を持ったことに突き進む

俺の行動原理は超単純で、何かをやるか決める時、全てはおもしろそうか、そうじゃないかで決める。

だから興味の持てないことはやらない。どうせやっても長続きしないから。

オレはもっとストレートにいくよ・・・!

akagi-comics

これは俺の好きな麻雀漫画「アカギ」の主人公が、イカサマをする敵に向かって放ったセリフ。

新しいことに挑戦する時、失敗したらどうしようとか、それで何が得られるんだろうとか、余計なことを考えてしまってなかなか行動に移せない人が多い。俺もそう。

でも何だかんだ、何も得られない経験ってないし、失敗しても死にさえしなければ大抵のものは取り戻せるから、難しく考えなくていいんだと思う。自分が興味のあることなら、とりあえずやってみればいい。

優柔不断な俺にはストレートでシンプルな生き方が合っている。今後もストレートに人生を楽しんでいきたい。

おすすめ記事

eyecatch-60minutes-3set

【時短術】サウナ60分コースで3セットこなす方法【節約】

銭湯ならまだしもサウナ施設の入浴料は最近高すぎ。 サウナ入るだけで3,000円はいくらなんでも財布がもたない。 そこで今回は通常コースより安い60分コースでサウナ3セットをこなすために、俺が実践している時短サウナ入浴術を解説する。 短時間でお得にととのいたい人は参考にしてほしい。 60分だと通常2セットが限界 60分の入浴プランは、サウナ施設によって「ショートコース」とか「サウナ1時間」とか名称が違う。 60分という短時間勝負に挑んだ経験のある人ならわかると思うけど、着替えやドライヤーなどの支度を含めると ...

続きを読む

eyecatch-invite-sauna-tokyo

東京へ遊びに来た友達と一緒に行きたいサウナ【サウナ王国】

東京に住んでいると地元の友達が遊びに来たり、地方で働く友達の東京出張があったりと、誰かに東京を案内する機会が何気に多い。 中でも俺のことをサウナ好きだと知っている友人は、「お前のイチ推しサウナに連れてけ。」とハードル高めな要求をしてくるんだけど、こういう時に備えて俺にはいつも用意しているサウナがある。 そこで今回は、東京へ遊びに来た友達と一緒に行くべきおすすめサウナを、俺の独断と偏見で解説する。 遠くからはるばる東京へ来る友達に、なるべく良いサウナでおもてなししたい人は参考にしてほしい。 東京はサウナが多 ...

続きを読む

eyecatch-yarigatake-belongings2

【2泊3日テント泊】槍ヶ岳・大キレット縦走登山に持って行った物【装備】

8月のお盆休み真っ只中に大キレット経由で槍ヶ岳に登ってきた。 2泊3日にも及ぶ大掛かりな山行だったから、装備の選択にはそれなりに苦労したんだけど、ただ記憶にとどめておくのももったいないということで、記事として形に残しておきたい。 今後同じルートで登山する人の参考になればうれしい。 槍ヶ岳・大キレットのコースと行程 まずは今回の登山で実際に俺が辿ったコースを解説する。 上高地発着の周回ルート【総距離42.6km】 自然をありがたがる人達の観光地として有名な、長野県松本市の上高地を起点として反時計回りに槍ヶ岳 ...

続きを読む

eyecatch-rakuten-mobile2

【楽天モバイルを海外で使ってみた感想】遅いけど普通に使える【海外ローミング】

楽天モバイルを使い始めて早3年が経過した。 今年になって海外旅行に行く機会が急に増えたんだけど、俺の通信手段は日本でも海外でも楽天モバイルのみ。 そこで今回は俺が実際に韓国・タイ・フィリピンで楽天モバイルを使ってみた感想について解説する。 【結論】海外でも普通に使える 最初に書いてしまうけど、これが結論。 そりゃ楽天公式が使えるって言ってるんだから当然って話なんだけど、実際に使ってみて感じる問題点なんかもあったから、この記事ではその辺を詳しくまとめる 今の主流は海外ローミング まず海外旅行にこれから行こう ...

続きを読む

eyecatch-hotwatrer

湯シャンのやり方と初期のベタつきを乗り越える方法【最初が肝心】

29歳の夏から湯シャンを開始して1年がたった。 今や完全にお湯だけで頭を洗う湯シャニスト完成体と化した俺だけど、ここまで来るのにそれなりの苦労と挫折を経験してきている。 そこで今回は俺が実践している湯シャンのやり方と継続のコツを解説する。 湯シャンを始めたいと思っている人はぜひ参考にしてほしい。 湯シャンを1年間続けて感じたメリットとデメリットは以下の記事でまとめている。 湯シャンに必要なアイテム まずは湯シャンを始めるにあたって俺が用意した物を解説する。それが以下。 この2つだけ。 湯シャンでせっかくシ ...

続きを読む

eyecatch-water-showerのコピー

20代男性が湯シャンを1年間続けた結果【メリットとデメリット】

ちょうど去年の夏から完全に湯シャンへ移行し丸1年が経過した。当時の年齢が29歳だったからおそらくタイトルに嘘偽りはない。 今回は去年から現在にかけて、お湯だけで頭を洗ってきた俺が、この1年の結果を振り返り湯シャンのメリットとデメリットについて解説しようと思う。 湯シャンに挑戦しようと考えている人や湯シャン自体に興味がある人は参考にしてほしい。 湯シャンを1年間続けて感じたメリットは5つ 俺が湯シャンを継続して感じたメリットは以下の通り。 それぞれ解説していく。 夏でも髪がベタつかなくなった これはここ最近 ...

続きを読む

eyecatch-carnaitionsauna

【カーネーションサウナの感想】価値観が崩壊するサウナ【タイ・バンコク】

先日始めてバンコク旅行に行ってきて、時間が余ったから現地のサウナに入ってみたんだけど、そこには日本では見られない面白い光景が広がっていたから感想をまとめたい。 バンコクに旅行する予定がある人やタイに住んでいる人はぜひ参考にしていほしい。 南国はサウナが少ない サウナがよっぽど好きでもなければ、わざわざ海外旅行で現地のサウナに入ろうとする人はいないと思う。 とはいえ俺みたいに1人で海外に行って時間を持て余すサウナ好きだっていてもいい。 そんなサウナジャンキーにとって海外のサウナ事情はけっこう深刻。フィンラン ...

続きを読む

eyecatch-bomata

【BOMATA 温度計レビュー】地味に役立つテントサウナのお供【川の水風呂】

水風呂の温度はサウナの良さを判断する上で重要な指標。 信じられないほど冷たい水風呂に入って、その水温を確かめるために温度計を覗き込んだ経験は誰しもあると思うんだけど、当然ながら川や湖に水温計は設置されていない。 ということで、今回は俺がテントサウナで川の水温を測るのに使っているBOMATAの温度計をレビューする。 テントサウナでは川の水温が気になる サウナ施設にある水風呂ならいざ知らず、自然が形成する川や湖の水温は季節や天候によって大きく変化する。夏は20度を超えるのに、冬は5度を下回ったりもする。 特に ...

続きを読む

-ブログ月次報告