(景品表示法に基づく表記) 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

ライフスタイル ライフハック

【2022年】生活をととのえる買ってよかったもの11選

2022年12月31日

2022年ももう終わり。今年のことはさっさと忘れて来年を迎えようと思っていたら、2022年の総まとめ記事を作成していないことに気づいた。

今年買ってよかったものは今年の内にまとめておかないと、来年はさらにイイものが見つかっているかもしれない。

ということで、2022年に買ってよかったものを大きい物から小さい物まで厳選して解説する。

今年は引っ越しもあったから豊作だ。

チアキ
チアキです。X(Twitter)TikTokもやっています!【お問い合わせ】【プロフィール】

AQUA ドラム式洗濯乾燥機

aqw-d12m

時短家電の代名詞。

膨大な数のインフルエンサーが腐るほどおすすめしているドラム式洗濯機なんだけど、ついに俺も東京への引っ越しを機に購入した。

AQUAのドラム式洗濯機は安い

数あるドラム式洗濯機の中から、俺がAQUAを選んだ理由は値段。これに尽きる。

俺が購入したのは「AQW-D12M」っていう、1人暮らし用賃貸でも設置できるコンパクトな機種で、同じサイズのパナソニックやシャープなどの機種より5万円以上安かった。

ドラム式洗濯機を導入する上で最も躊躇する要因は値段だと思うんだけど、俺が見る限り新品ならAQUAが一番安いから、まずはAQUAの機種から検討するのがおすすめ。

ちなみにAQW-D12Mは今欠品になってて買えないっぽい。

洗濯物を干す時間が消えた

laundry

これもいろんな人が言っていることではあるんだけど、ドラム式洗濯機は洗濯〜すすぎ〜脱水〜乾燥をすべてノンストップで勝手にやってくれるから、いちいちベランダに出て洗濯物をハンガーにかけて干す必要がない。

汚れた服も洗濯機の中に入れてスイッチを押せば数時間後には、また着れる状態になっている。

今までの俺は洗濯物を溜めがちだったから、服が乾かなくて今着る服がないって状態が頻繁にあったんだけど、ドラム式のおかげでそんな無駄な悩みから解放された。

寝る前に洗濯機を回しておいて、起きたらフカフカの洗濯物が出てくる感動はドラム式を導入した者にしかわからない。

いまだにハンガーにかけて洗濯物を干している人は、絶対にドラム式洗濯機を導入すべき。俺はもう縦型洗濯機には絶対戻れない。

AQUAのドラム式洗濯機は設置業者泣かせ

delivery-man

設置してもらう日に業者の人から聞いた話で、AQUAのドラム式洗濯機は側面に持ち手がなく、重量も他のメーカーよりかなり重いから、設置業者はその日担当する洗濯機にAQUAの機種が入っていると泣きたくなるらしい。

俺の時も、屈強なお兄さんが2人がかりでヒイヒイ言いながら設置してくれた。マジで頭が上がらない。俺なら序盤で腕が折れてた。

引っ越しを自力でやろうと思っている人は、相当な覚悟が必要。

安さのシワ寄せを業者に持ってくるAQUAのやり方は狡猾。

【無料長期保証】AQUA AQW-DX12N(W) ドラム式洗濯乾燥機 まっ直ぐドラム 12kg/6kg ホワイト AQWDX12N(W)

バスタブクレンジング

bathtub-cleansing

擦らずに洗える浴室用洗剤。

俺は毎日湯船に浸かっているんだけど、バスタブクレンジングを使うことで、浴槽を一切こすることなく洗えている。

使い方は、浴槽にまんべんなく吹きかけて1分放置したらシャワーで流すだけ。

屈んで擦る手間もないし、そのためのスポンジを買うお金も節約できるから、時短と節約の両面でおすすめ。

Arromic 節水シャワーヘッド

new-shower-head2

シャワーの水量を最大70%節水できるシャワーヘッド。

節水効果によって削減できる水道代を考えれば、導入コストの数千円なんて1年で元が取れるお買い得品。

シャワーの肌触りがよくなる

さらに節水シャワーヘッドは水道代を節約できる一方で、シャワーの肌触りがよくなるというメリットももたらしてくれる。

シャワーの穴1つ1つが小さいから、キメ細かで優しい肌触りになるって仕組み。比較してみると、下が普通のシャワーヘッドで

shower-head-normal

次に節水シャワーヘッド。

new-shower-head

見比べると一目瞭然。穴の数と大きさが明らかに違うのがわかると思う。

さらに水圧が強くなる分、洗浄力も向上するらしい。

水シャワーにうってつけ

shower-woman

俺はサウナに行かない日は代わりに、家で熱い湯船に浸かった後、水風呂代わりに水シャワーで温冷交代浴をしている。

湯船で火照った体をキンキンの水シャワーで冷やすと、サウナ以上にととのってしまうことさえあるんだけど、夏場は水道水がぬるすぎて、この黄金ルーティンは破綻していた。

ところが節水シャワーヘッドを導入したところ、水圧が強くなったおかげで同じ夏の水道水でも、体感温度がガラッと変わりしっかり冷やせるようになった。

お家でととのう派の人にも節水シャワーヘッドはぜひ検討してもらいたい。

ニベアUVディーププロテクト&ケア

nivea-uv

田中みな実さんがCMに出ている日焼け止め。田中みな実さん自身も普段から使っているとYouTubeで言っていた。

実際、安い日焼け止めの中では、使いやすさがダントツ。とにかく伸びがいいから、少量でも肌の広い範囲に塗ることができる。匂いも日焼け止めっぽくない匂いで気に入っている。

1日中登山しても日焼けなし

俺は安いのをいいことに、登山の時はディーププロテクトを、顔がビチャビチャになるほど惜しみなく塗りたくっている。

結果、10時間登山しても日焼けしなかったから、この日焼け止めのUVカット効果は俺のお墨付き。

ウォータープルーフだから、今の時期スノボする時なんかでも使える。

Vaseline ボディクリーム

vaseline2

サウナの後や、自宅のお風呂上がりに体を保湿するために、Vaselineのボディクリームを使っている。

ボディクリームだとニベアの青缶やジョンソンエンドジョンソンが有名だけど、俺はそれらもすべて使った結果、Vaselineのボディクリームが最も伸びがよく使いやすいという結論に至った。

ボディクリームはその名の通り、首から下すべてに塗布する必要があるから、伸びが命。伸びが悪いとボディクリームの使う量が増えるだけでなく、塗布するのに時間がかかりすぎる。体の上でクリームこねるのに1分も使ってられるかよ。

Vaselineのボディローションは400mlが600円で買えるからコスパ抜群。ただ、容器がでかくて持ち運びには不向きだから、サウナに持っていく場合は別の容器に詰め替えるのがおすすめ。サウナに持っていくおすすめの持ち物は以下の記事で解説している。

eyecatch-belongings
【男性・メンズ向け】サウナへ行く時におすすめの持ち物【ミニマリスト】

続きを見る

無印良品ホホバオイル

jojoba-oil-mujirushi

ホホバオイルはいろんなメーカーのがあるんだけど、安さと大手ブランドの安心感から無印のホホバオイルを使ってる。

最初は風呂上がりにヘアオイルとして使っていたんだけど、美容系YouTuberが顔にオイルを塗ると毛穴が小さくなると言っていたから、最近は顔にも塗布している。今のところ変化は感じない。

昔は俺も髪のケアなんて女の子がするもんだろって思ってたんだけど、実際ホホバオイルを使い始めてからパーマの持ちがよくなったり、髪が抜けにくくなったりとイイことが続いている。

あと、日々湯シャンに励んでいる俺は、どうしても髪が乾燥しがちだから、ホホバオイルでのヘアケアは必須。

ヘアケアに無関心なメンズも将来のハゲに備えて、ホホバオイルから始めてみることをすすめる。メンズスキンケアについては以下の記事で解説している。

eyecatch-skincare-men
【肌乾燥対策】メンズがサウナ後にやるべきスキンケア【無印良品】

続きを見る

ヴィヒタ

vihita1

自宅でサウナ気分を味わうために乾燥ヴィヒタを導入した。

使う前に水に浸けておくって手間は発生するけど、家のお風呂で白樺の香りがするのは雰囲気が出て気持ちいい。

サウナ好きな人へプレゼントするのにもおすすめ。

お家ヴィヒタの詳しい感想は以下の記事でまとめている。

eyecatch-vihita
【白樺の香り】家のお風呂にヴィヒタを吊るしてみた感想【入浴グッズ】

続きを見る

LOOF 完全防水iPhoneケース

iphone-case-waterproof

西日本原付サウナ旅でお世話になったiPhoneの防水ケース。

バイクのスマホホルダーに取り付けられて、非接触充電も可能な完全防水ケースを探していたら、偶然見つかった。

1日中バイクで走りながら雨ざらしにされても全く水没しなかったから、本当に助かった。

レビューによると夏場はスマホが熱くなって操作不能になるとか書いてあったけど、俺の場合は6月に使っていてまったく問題なかった。

Uberの配達員などをしている人におすすめしたい。

Anker Soundcore2

Soundcore2

当ブログでは何度も登場しているモバイルスピーカー。

24時間連続再生できるバッテリーと水没にも耐える防水性能で、家でも外でも大活躍してくれている。

値段もモバイルスピーカーとしては安価で、5,000円を切るから、最悪壊れてもいいぐらい気持ちで雑に扱えるのが嬉しい。

音質には関して俺はあまりこだわりがないからわからないけど、スマホより良いのは確か。

自宅のお風呂やプライベートサウナで音楽が聞きたい人はぜひ導入を検討してみてほしい。サウナで聞いてほしい音楽は以下の記事でまとめている。

headphone-woman-eyecatch
【サウナで聴くべき音楽】耳からととのう究極のチルアウト【サ道】

続きを見る

M1MacBookAir

m1macbookair

言わずと知れたAppleが誇るモバイルノートPC「MacBookAir」。M1MacBookAirはApple独自開発のM1チップが搭載された機種。CPUの性能が従来と比べて爆上がりしているらしい。素人の俺にはそこまでわからない。

思うに、結局iPhoneユーザーであれば、MacBookが一番便利。

iCloudを使ったiPhoneとのメモ帳や写真の同期、Airdropでの高速データ転送など、MacBookとiPhoneの親和性が素晴らしすぎる。

m1macbookair2

俺はブログ執筆やTikTokの動画編集をするために、写真や動画をiPhoneとMacbookで何度も行き来させるから、この親和性が欠かせない。ちなみにM1MacbookAirは動画編集を余裕でこなせるスペックになっている。

もちろん、Windowsとの互換性やアプリの少なさ、Office系アプリの使い勝手などデメリットもたくさんあるが、仕事で使うわけではないからそこまで問題ない。

一番低いスペックなら13万円で買えてコスパもいいから、これからブログや動画編集を始めたいと思っている人にはM1MacbookAirがおすすめ。スタバでドヤれるよ。

六人の嘘つきな大学生/浅倉 秋成

university student-6man

就活で知り合った6人の大学生が最終選考で「6人の中から1人の合格者を決める」というテーマのグループディスカッションをすることになり、騙したり騙されたりしながら話が進んでいくミステリー小説。

普段小説はあまり読まないんだけど、本屋でふと目に止まり、あらすじを読んだ直後に購入した。大当たりだった。

伏線回収が気持ちよすぎ

物語序盤から伏線が散りばめられていて、終盤に一気に回収していくんだけど、終盤の展開の早さがとにかく爽快。これも伏線なのかよって何度も驚かれた。

俺が就活経験者っていうのもあって共感する部分も多く、一気読みしてしまった。Netflixでドラマや映画ばっか観てないで、たまには小説を読むのもいい気分転換になる。

特に就活経験者はぜひ読んでみてほしい。

2023年もいろいろ試す

mountain-view

振り返ってみると高いものから安いものまでたくさん買ったんだなって印象。

全国の百貨店が虫の息になっているように、最近はウィンドウショッピングなんてしないから、一か八かネットで買って最悪返品するっていうギャンブルちっくな買い物が世間の主流になっている。

ネットショッピングというギャンブルの勝率を上げる唯一の方法は「レビューを見る」なんだけど、最近は業者がレビューを偽装するためにサクラを雇う事例もあって、なかなか信用できない。

そこで俺みたいに本音でレビューする人の存在は貴重な存在になる。

今後も自分の役割を理解し、良いものはいい、悪いものは悪いと本音で発信していくので、2023年もムサレタイをよろしくお願いします。

おすすめ記事

eyecatch-travel-abroad-easily

【社会人が気軽に海外旅行に行くコツ】行けない理由はすべて言い訳【往復3万円】

1人海外旅行に初めて挑戦してから、去年は約半年で4回海外に行ったんだけど、海外旅行って実は気軽に行けるんだと気付いた。 それまでの俺は「忙しい社会人に海外旅行は無理」みたいなイメージを勝手に持っていたから、この気付きはかなり大きかった。 そこで今回は俺の実体験から、社会人が気軽に海外旅行に行くコツを、忙しい社会人に向けて解説していきたい。 社会人でも海外旅行に行ってみたいと思っている人は参考にしてほしい。 社会人は海外旅行ができないというイメージ この記事を読んでいる多くの社会人が、海外旅行なんて金のある ...

続きを読む

eyecatch-body-hot-water

全身お湯だけで洗うようになって感じたメリットとデメリット【洗顔と洗体】

湯シャンについてはいろんな所で語られまくっているけど、顔含め全身をお湯だけで洗うことに関してはなぜか情報が少ない。 そこで今回は全身をお湯だけで3ヶ月間洗い続けた俺が、それによって感じたメリットとデメリットを解説する。 顔と体の「お湯だけ洗い」に興味がある人はぜひ参考にしてほしい。 湯シャンの効果が絶大だった そもそも俺が全身のお湯洗いに目覚めたきっかけは、まごうことなく湯シャンにある。 過去の記事でも解説している通り、俺はもう1年半以上湯シャンを続けているベテラン湯シャニストで、その効果を文字通り肌で実 ...

続きを読む

eyecatch-bed-expansion

【シングルベッドをダブルに拡張する方法】フレーム交換の必要なし【DIY】

たまに行く旅行先でホテルの広いベッドに寝ると、翌朝の目覚めが明らかに違うと感じる。 これまで何度もホテル泊を重ねたあげく、30歳にしてやっと睡眠の質はベッドの大きさに直結すると気付くことができた。 そこで今回、自宅のシングルベッドを自作でダブルベッドに拡張したから、その方法を解説する。 広いベッドが欲しいと思っている人は参考にしてほしい。 今のベッド環境 今の俺は東京上野で1K5.5畳という激狭物件に暮らしている。 住めば都とはよく言ったもので、2年も住んでいるともはやこの狭さが心地良いとすら感じる。 と ...

続きを読む

eyecatch-60minutes-3set

【時短術】サウナ60分コースで3セットこなす方法【節約】

銭湯ならまだしもサウナ施設の入浴料は最近高すぎ。 サウナ入るだけで3,000円はいくらなんでも財布がもたない。 そこで今回は通常コースより安い60分コースでサウナ3セットをこなすために、俺が実践している時短サウナ入浴術を解説する。 短時間でお得にととのいたい人は参考にしてほしい。 60分だと通常2セットが限界 60分の入浴プランは、サウナ施設によって「ショートコース」とか「サウナ1時間」とか名称が違う。 60分という短時間勝負に挑んだ経験のある人ならわかると思うけど、着替えやドライヤーなどの支度を含めると ...

続きを読む

eyecatch-invite-sauna-tokyo

東京へ遊びに来た友達と一緒に行きたいサウナ【サウナ王国】

東京に住んでいると地元の友達が遊びに来たり、地方で働く友達の東京出張があったりと、誰かに東京を案内する機会が何気に多い。 中でも俺のことをサウナ好きだと知っている友人は、「お前のイチ推しサウナに連れてけ。」とハードル高めな要求をしてくるんだけど、こういう時に備えて俺にはいつも用意しているサウナがある。 そこで今回は、東京へ遊びに来た友達と一緒に行くべきおすすめサウナを、俺の独断と偏見で解説する。 遠くからはるばる東京へ来る友達に、なるべく良いサウナでおもてなししたい人は参考にしてほしい。 東京はサウナが多 ...

続きを読む

eyecatch-yarigatake-belongings2

【2泊3日テント泊】槍ヶ岳・大キレット縦走登山に持って行った物【装備】

8月のお盆休み真っ只中に大キレット経由で槍ヶ岳に登ってきた。 2泊3日にも及ぶ大掛かりな山行だったから、装備の選択にはそれなりに苦労したんだけど、ただ記憶にとどめておくのももったいないということで、記事として形に残しておきたい。 今後同じルートで登山する人の参考になればうれしい。 槍ヶ岳・大キレットのコースと行程 まずは今回の登山で実際に俺が辿ったコースを解説する。 上高地発着の周回ルート【総距離42.6km】 自然をありがたがる人達の観光地として有名な、長野県松本市の上高地を起点として反時計回りに槍ヶ岳 ...

続きを読む

eyecatch-rakuten-mobile2

【楽天モバイルを海外で使ってみた感想】遅いけど普通に使える【海外ローミング】

楽天モバイルを使い始めて早3年が経過した。 今年になって海外旅行に行く機会が急に増えたんだけど、俺の通信手段は日本でも海外でも楽天モバイルのみ。 そこで今回は俺が実際に韓国・タイ・フィリピンで楽天モバイルを使ってみた感想について解説する。 【結論】海外でも普通に使える 最初に書いてしまうけど、これが結論。 そりゃ楽天公式が使えるって言ってるんだから当然って話なんだけど、実際に使ってみて感じる問題点なんかもあったから、この記事ではその辺を詳しくまとめる 今の主流は海外ローミング まず海外旅行にこれから行こう ...

続きを読む

eyecatch-hotwatrer

湯シャンのやり方と初期のベタつきを乗り越える方法【最初が肝心】

29歳の夏から湯シャンを開始して1年がたった。 今や完全にお湯だけで頭を洗う湯シャニスト完成体と化した俺だけど、ここまで来るのにそれなりの苦労と挫折を経験してきている。 そこで今回は俺が実践している湯シャンのやり方と継続のコツを解説する。 湯シャンを始めたいと思っている人はぜひ参考にしてほしい。 湯シャンを1年間続けて感じたメリットとデメリットは以下の記事でまとめている。 湯シャンに必要なアイテム まずは湯シャンを始めるにあたって俺が用意した物を解説する。それが以下。 この2つだけ。 湯シャンでせっかくシ ...

続きを読む

-ライフスタイル, ライフハック